KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!
eムック Vol.61「検証『生成AI革命』」特集号
TR
eMook Vol.61 has just arrived

eムック Vol.61「検証『生成AI革命』」特集号

MITテクノロジーレビュー[日本版]はeムック Vol.61 / 2024.05をリリースした。今月の特集は「検証「生成AI革命」 破壊と創造は進んだか」。 by MIT Technology Review Japan2024.05.29

2022年末に登場した「チャットGPT(ChatGPT)」のブームは、世界に大きな衝撃をもたらした。大手テック企業は生成AI技術を組み込んだ製品を矢継ぎ早に市場投入。ホワイトカラーの生産性向上やクリエイティブ産業での活用が叫ばれ、停滞していたAIの社会実装は一気に進みつつあるように見える。一方で、訓練データをめぐる倫理的な問題やデマ・フェイクの問題、新たなセキュリティ・リスクなど、解決すべき重要な課題も山積している。生成AI革命の現在を多角的に捉え、その光と影、未来への展望を検証する。

MITテクノロジーレビュー[日本版]eムック Vol.61 / 2024.05

特集:検証「生成AI革命」 破壊と創造は進んだか

  • 生成AI革命で残された6つの重要課題
  • 「Sora」登場で激震、生成AIが変える映像制作の未来
  • 誰もがオープンと言い出したAI業界、オープンソースの定義を巡り攻防
  • 生成AIアシスタントはプログラマーの仕事をこう変えた
  • コンピューター科学者はLLMをなぜ「科学」するのか

U35 イノベーターの軌跡#13

  • 伊藤昌平(フルデプス)
    社会課題に挑む水中ドローン開発者は「深海」を夢見る探求者

News & Trends

  • 知られざる半導体材料の巨人「味の素」その牙城を狙う米スタートアップの勝算
  • ブタの腎臓を人間に移植、1カ所の遺伝子改変で拒絶反応を抑制
  • 「おいしさ」をリバース・エンジニアリング、AI考案の植物性チーズ
  • 低コストで即効性あり、飛行機のルート見直しが温暖化対策になる理由
  • 羊水からオルガノイド作製に成功、胎児発達の謎解明へ

eムックは、MITテクノロジーレビューのWebサイトに掲載したオリジナル記事をテーマ別に再構成し、PDFファイルとして提供する有料会員限定のサービスです。バックナンバーおよびダウンロードはこちら

人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
  2. This classic game is taking on climate change 人気ボードゲーム「カタン」 新版で考えるエネルギー問題
MITテクノロジーレビュー編集部 [MIT Technology Review Japan]日本版 編集部
MITテクノロジーレビュー(日本版)編集部
日本発「世界を変える」U35イノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。2024年も候補者の募集を開始しました。 世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を随時発信中。

特集ページへ
人気の記事ランキング
  1. Promotion MITTR Emerging Technology Nite #29 ブームから1年、次のトレンドを占う「生成AI革命3」のご案内
  2. This classic game is taking on climate change 人気ボードゲーム「カタン」 新版で考えるエネルギー問題
MITTRが選んだ 世界を変える10大技術 2024年版

「ブレークスルー・テクノロジー10」は、人工知能、生物工学、気候変動、コンピューティングなどの分野における重要な技術的進歩を評価するMITテクノロジーレビューの年次企画だ。2024年に注目すべき10のテクノロジーを紹介しよう。

特集ページへ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る