KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるのか?
Sizing Up Trump’s Cyberwar Strategy

トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるのか?

トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるだろうか? 死者や事故につながる攻撃に耐えてきたとはいえ、相次ぐ情報漏えいは、米国のサイバー戦争遂行能力に何が欠けているのかを浮き彫りにしている。 by Mike Orcutt2017.03.27

ドナルド・トランプが大統領になって2カ月。ハッカーが米国の脆弱さを何度も暴露しているサイバー空間で、トランプ政権が掲げる「アメリカ・ファースト」が何を意味するのかはまだわからない。

先々週、トム・ボサート大統領補佐官(対テロ・国土安全保障担当)が就任後初めて広範なコメントを発表し、トランプ政権待望のサイバー・セキュリティに関する大統領令が「今後数週間または数カ月以内」に発せられると示した。また、連邦政府のネットワークをついに保護対象とし、ボットネットの削減に重点的に取り組むと述べた。

だが文書に何が書かれていても、アメリカのサイバー・セキュリティ問題を解決することにはならない。問題解決に必要なのは、議会と国民、そして何より米国のサイバー空間の大部分を占める民間企業との協力だ。

惨憺たる状況だ。オバマ政権時代のジェームズ・クラッパー前国家情報長官は、国家が直面する世界的な脅威の中でも、サイバー攻撃は最大であり、従来のテロリズムを凌駕していると評価した。米国は現代のサイバー戦争に適応できていない。先週ワシントンD.C.で開かれたFTサイバー・セキュリティ・サミットで、米国国家情報局(NSA)のリチャード・レジェット副長官は、米国は自国を守ることだけでなく、攻撃された場合の対応でも苦戦している、と述べた。

レジェット副長官によれば、問題解決には「国民が強く望む必要がある」が「米国民は今のところ、強い望みを示していない」という。

原因はおそらく、米国民が問題を正しく見ていないせいだ。2012年、レオン・パネッタ国防長官(当時)は、米国がネットワーク・セキュリティを改善しなければ「サイバー空間での真珠湾攻撃」が起こり「物理 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント