KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
2017年版
ブレークスルー・テクノロジー10
モノのボットネット
10 Breakthrough Technologies 2017: Botnets of Things

モノのボットネット

家庭用ガジェットにネット接続機能が追加されて便利になるほど、ボットネットの攻撃性がさらに高まる副作用がある。 実現時期: 実現済み by Bruce Schneier2017.02.23

ボットネットは少なくとも10年間から存在している。2000年には、ハッカーはインターネット経由でコンピューターに侵入し、中央からシステム全体を一括管理していた。しかもハッカーは、ボットネットによる集合的コンピューティング能力を活用し、膨大なアクセス量を送信しWebサイトを停止させる分「散型サービス不能(DDoS)攻撃」を編み出した。

しかし現在、「IoT」であふれかえる安価なWebカメラやデジタル映像レコーダー等のガジェットのせいで問題は悪化している。低価格なIoT機器は一般的にセキュリティが低いか、セキュリティが全く考慮されておらず、ハッカーは大した手間をかけることなく機器を乗っ取れるのだ。そのため、同時に複数のサイトを停止させてしまう巨大ボットネットの構築は、かつてないほど簡単になった。

2016年10月、10万台のウイルス感染ガジェットによるボットネットがインターネットのインフラ事業者を部分的にインターネットから締め出した。特にインターネットの基幹部分を担うダインを停止させた結果、さまざまな影響が発生し、最終的にはツイッターとネットフリックス、MIT Technology Review米国版等の多くの著名Webサイトが一時的にインターネットから消えてしまった。さらに攻撃が続くことは確実だ。ダインを攻撃したボットネットは一般入手可能なマルウェア「ミライ(mirai)」で、ボットネット構成コンピューターの操作の大半が自動化されている。

最善の防護策は …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント