KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
クアルコム、省電力稼働の画期的画像センサーを開発中
Qualcomm Wants Your Smartphone to Have Energy-Efficient Eyes

クアルコム、省電力稼働の画期的画像センサーを開発中

クアルコムは、省電力稼働の画期的画像センサーを開発中だ。省電力で動作する画像センサーは、コンピューター・ビジョンに基づいており、ユーザーの顔を識別して携帯電話のロックを解除できる。 by Stacey Higginbotham2017.03.31

携帯機器向け半導体部品メーカーのクアルコムは、携帯機器でユーザーをもっときめ細かく把握できるようにしたい。

クアルコムは、レンズや画像センサー、コンピューター・ビジョン・アルゴリズムが動作する低電力プロセッサーを製造するためのテクノロジーを開発中だ。クアルコムが「グランス(Glance)」と呼ぶ部品は、カメラより安く、はるかに少ない消費電力で動作する。しかもグランスは、人間を検出し、特定の行動を取っているかどうかを判断できる(飛び跳ねているか、センサーに近づいているか、遠ざかっているかなど)。さらに、手や腕の特定のジェスチャーも判別できる。

どのコンピューティング機器メーカーも、自動運転や自動出庫用に、何らかの形でコンピューター・ビジョン機能を製品に追加しようとしている。クアルコムの場合、グランスは製品化前の段階だが、開発によって、低電力コンピューティングの専門知識を活用し、急成長中の携帯機器分野の市場に参入する機会が得ようとしている。携帯機器メーカーやセンサーメーカーは、スマホから家電製品まで、製品に新機能を追加できるグランスの機能について、すでに評価し始めている。

クアルコムのジェフ・ヘンケルズ・ディレクター(製品管理・事業開発担当)は、グランスによって、スマホ上で新しいセキュリティ機能が実現するという。ヘンケルズ・ディレクターは、あるメーカーは虹彩スキャンでユーザーを特定して携帯電話のロックを解除することに興味があるという。 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント