KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Facebook’s Sci-Fi Plan for Typing with Your Mind and Hearing with Your Skin

フェイスブック、思考読み取り装置と皮膚ディスプレイを開発中

フェイスブックの極秘研究チーム「ビルディング8」は、斬新なコミュニケーション・テクノロジーを開発中だ。思考の読み取りや皮膚へのメッセージ送信は便利だが、広告の最適化、表示に使える側面もある。 by Rachel Metz2017.04.21

フェイスブックは1年前、未来的なガジェットの開発に専念する技術開発の特別チーム「ビルディング8」を立ち上げた。フェイスブックは秘密プロジェクトによって、自社の目標である「世界をつなぐこと」に向けて前進できるだろうという。

4月19日、フェイスブックの開発者向け年次カンファレンス「F8」で、同社は進行中の6つのプロジェクトのうち、かなりSF的な印象のある、ふたつを明らかにした。

フェイスブックは、ユーザーがただ考えるだけでテキスト・メッセージを送信できる、新種の非侵襲性(体に傷をつけずに導入できる)脳・機械インターフェイス(たとえば、帽子やヘッドバンドのような形状)を開発したいという。もうひとつのプロジェクトでは、皮膚で言葉を「聞ける」ようにするウェアラブル機器(もしかすると、アームバンドのようなもの)の開発を目指している。

「ビルディング8」のリーダーを務めるレギーナ・ドゥーガンによれば、ふたつのプロジェクトはどちらも着手から6カ月経過しており、さらに継続する価値があるかどうか、フェイスブックは2年以内に判断するという。ドゥーガンは、ビルディング8の責任者着任前、グーグルで同様の開発グループ(ATAP:先端テクノロジー製品グループ)の責任者を務め、それ以前は米国防総省の米国国防先端研究計画局(DARPA)の局長だった。

思考を文章に変えるプロジェクトを率いるのは、ジョンズホプキンス大学マーク・シェビレ前非常勤教授(神経科学)だ。

シェビレは今後2年間で、脳から話し言葉の信号を抽出することで、ユーザーが1分間に100語の速度で、無言で考えを文章に変換できる、非侵襲性のシステムを作るのが目標だ、という。

「実際に声を出す前に、信号を取得できるようにしたいのです。そうすればもう、大きな声で話す必要はなくなります」

フェイスブックはこのプロジェクトについて、ジョンズホプキンス大学、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学サンフランシスコ校と共同研究中だという。シェビレによれば、プロジェクトでは、大脳皮質から発せられる神経信号を検出するために、光(LEDやレーザーなど)を使う方法を主に探すという。

光で脳の活動を検出する方 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント