KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
グーグル、年内に「量子超越性」量子チップを実験へ
Google’s New Chip Is a Stepping Stone to Quantum Computing Supremacy

グーグル、年内に「量子超越性」量子チップを実験へ

グーグルで量子コンピューターの研究を率いるジョン・マルティニスは、年内に「量子超越性」を満たす量子チップを実現し、スーパー・コンピューターと対決させるつもりだ。すでに30~50キュービットの量子チップの設計も始めているという。 by Tom Simonite2017.04.25

グーグルで量子コンピューターの研究を率いるジョン・マルティニスは、あと数カ月でコンピューティング史に残る業績を達成する決意でいる。

マルティニスは、驚異的性能を実現するコンピューター・チップをグーグルで開発している。チップは「重ね合わせ状態」という量子力学の奇妙な現象を使ってデータを操作する。マルティニスは、年内には、自身のチームが「量子超越性」(従来型コンピューターを使うよりも、明らかに量子コンピューターでなければ処理できないほどの計算量を量子コンピューティングで処理できるようになること)を満たす装置を開発できる、という。もし実現すれば、そのチップは特定の計算を従来のどんなコンピューターも及ばない速度で実行できることになる。「量子超越性」の実現は、グーグルのチップと世界最高速級のスーパー・コンピューターで、ある種のドラッグレース(直線コースで速度を競う自動車レース)をして証明することになる。

「私たちは実験の準備が整っていると思います。すぐにもできることです」

マルティニスの自信の根拠は、グーグルの約25人からなる研究グループが、新型量子チップを開発し、真剣勝負に参加する装置に必要な主要設計要素について、実際に検証中の段階にあるからだ。

量子チップは、データの数値ビットをキュービットとして表現する。直感的にはわかりにくい量子力学の物理法則を使うことで、従来型コンピューターでは処理に時間がかかる種類の計算時間を大幅に短縮できる装置のことだ。ただし研究者は現在まで、量子コンピューティングを少ないキュービット数でしか実現していない。グーグルは9キュービットを直列でつないだチップの成果を発表ずみだ。しかし、マルティニスは、量子超越性の実現には、 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント