KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Intel Bets It Can Turn Everyday Silicon into Quantum Computing’s Wonder Material

インテル、シリコン製量子コンピューターの開発で前進

インテルは、従来のコンピューターの処理能力を遙かに上回る量子コンピューターを、従来の技術の延長線上に実現しようとしている。 by Tom Simonite2016.12.22

問題の解決策が、初めからわかりきっている場合がある。半導体メーカーのインテルは、量子コンピューター(量子力学の特徴を利用して計り知れない処理能力を発揮するはずの機械)の開発競争における自社の方針を確信している。

インテルのライバルであるIBMやマイクロソフト、グーグルは、現在のコンピューターとは異なる、量子コンピューター専用の部品を開発してデータを大量に処理しようとしている。しかしインテルは、現在のコンピューターの基礎材料であるシリコン・トランジスターを応用して量子コンピューターを開発しようとしているのだ。

インテルは、オレゴン州ポートランドに量子ハードウェアエンジニアチームを構え、昨年設立された5000万ドルの助成金により、デルフト工科大学(オランダ)のキューテック量子研究所(QuTech quantum research institute)と共同研究している。インテルの研究グループは12月上旬、半導体工場で使われる標準的シリコンウェハー上に量子コンピューターに欠かせない超高純度シリコンを重ねる技術を開発したと発表した。

量子コンピューターにどんな基本的構成部品が必要なのかはもうわかっている。量子コンピューターにシリコンを使う戦略により、インテルは量子ビット(量子コンピューターの計算機能の最小単位)を研究する業界や学術グループで頭ひとつ飛び出した存在だ。他社は超電導回路製の量子ビットを複数組み合わせた試作チップでコードを動作(「グーグル、2017年中に 量子コンピューターを発表?」参照) …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント