KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
2017年版ブレークスルー・テクノロジー10:実用的な量子コンピューティング
10 Breakthrough Technologies 2017: Practical Quantum Computing

実用的な量子コンピューティング

グーグルやインテルなどの研究グループの成果が、これまでにない力を秘めたコンピューターの開発に王手をかけている。 実現時期: 4~5年後 by Russ Juskalian2017.02.23

オランダの研究機関キューテック(QuTech)には、量子コンピューティング分野で世界をリードしている研究所がある。外見は冷暖房システムのテスト施設にそっくりで、デルフト工科大学にある応用科学棟の閑静な一角にひっそりと立っており、人影はない。内部に鳴り響く共振波の音はまるで電気仕掛けのキリギリスを詰めこんだようだ。内部は断熱加工されたチューブの束やワイヤー、制御装置だらけ。制御装置は青い巨大なシリンダーに取り付けられており、シリンダーは3、4本の脚で支えられている。

青いシリンダー内は、加圧された冷凍庫のような状態だ。ナノワイヤーや半導体、超伝導体が絶対零度すれすれまで冷却されており、通常とは異なる量子力学的現象が起きている。物理学の限界点といえる温度で固体の物質が変化した「準粒子」の特有な振る舞いは、量子コンピューターの重要な構成要素としての素質を秘めている。キューテックが実現に向けてまい進している量子コンピューターは、数年のうちに暗号化や物質科学、医薬品研究、人工知能分野を一新させる可能性を秘めている。

量子コンピューティングはブレークスルー・テクノロジーの候補に毎年選ばれてきたが、毎年「まだ実現はしない」との結論を下してきた。確かに何年間も、キュービットや量子コンピューターについては論文の発表と、実現可能性を探るための、ちまちました実験がされるばかりだった(カナダのD-Waveは一時、特殊なテクノロジー「量子焼きなまし法」による機械を「量子コンピューター」として販売していた。懐疑論者によれば、量子焼きなまし法を計算に活用できる場合はごく限られており、古典的なコンピューターと速度面での優位性はない)。しかし今年は、理論上の設計をもとに多くの装置が実際に開発されている。さらに以前と違うのは、企業からの資金提供が増えていることだ。グーグルやIBM、インテル、マイクロソフトなどの企業が、研究だけではなく、量子コンピューター開発に必要なマイクロエレクト …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント