KADOKAWA Technology Review
×
Waymo Has Invited the Public to Hop into Its Self-Driving Cars

ウェイモ、フェニックス周辺で自動運転車の無料試乗サービス

フェニックス周辺に住んでいれば、普通の人が日常生活と自律自動車を融合させるのかを明らかにする実験で、グーグルの無料のオンデマンド型試乗サービスに申し込める。 by Michael Reilly2017.04.27

アメリカで自動運転車に乗る初めての一般人になりたければ、今すぐ荷物をまとめてフェニックスに引っ越そう。

ウェイモ(Waymo、グーグルの自動運転車事業から独立した企業)は25日の発表で、アリゾナ州フェニックス周辺に暮らす数百世帯に対して、自動運転車に試乗できる無料のオンデマンド型サービスを提供する計画を明らかにした。

ウェイモのジョン・クラフチク最高経営責任者(CEO)はミディアムに投稿した記事で「この事業の目標は、参加者に1、2回限りの乗車サービスを提供することではなく、弊社の車に乗り、サンフランシスコの約2倍の大きさの都市を毎日いつでも移動できるような機会を提供することです」と述べた。

フェニックス周辺に暮らす人々がどれだけ試乗体験を利用するかが重要だ、と考えているクラフチクCEOの説明からわかるのは、ウェイモが利用者数を詳細に見積もり、サービスの成功に自信を持っていることだ。ウェイモの事業は、昨年ピッツバーグで自動運転タクシー車両による配車サービスを開始したウーバーと似ている。

ウーバーによるピッツバーグの試験走行では、同社の自律運転テクノロジーが完全に満足のいく品質からは程遠いことがわかっている(「What to Know Before You Get In a Self-driving Car」参照)。さらに試験走行の以降、配車サービス大手のウーバーが提供する自律自動車事業は、ウェイモのライダーテクノロジーを盗用したとの批判を受けるなど、厳しい状況に陥っている

一方ウェイモは、自律運転車として使うクライスラーの「ミニバンパシフィカ・ハイブリッド」とレクサスのSUV「RX450h」で、試乗者を通勤やサッカーの練習、ちょっとした用事のために人を運ぶ準備が整っていると考えているようだ。ウェイモは、それぞれの試乗車両に必ずテスト・ドライバーが同乗すると明らかにしているが、クラフチクCEOはこの試験の目的について、ウェイモの車両がどう使われるのか(どこに行くのか、乗車中に車両をどう操作するかなど)の理解を深めることだという。

ウェイモが車両の利用状況を把握しようとしていることは、自律自動車で実際に利益を上げる方法に関心が高まっている(それこそが、そもそもグーグルの事業が会社化することになった本来の理由だ)ほど、自律運転テクノロジーが十分に発達している証拠かもしれない。同様に、ますます成長を続ける競合企業からの大きな圧力もあって、ウェイモは開発を続けている。

やる気の有無に関わらず、この試乗サービスからは、一般人が機会を与えられた場合、自律型移動手段をどう利用するのかのデータが得られる。自律自動車の実験に何年も費やしてきたウェイモの経験が何かを意味するとすれば、予期せぬ結果が数多く生じることは間違いない。

(関連記事:The Verge, Waymo blog, “試験中の自動運転タクシーはしばらく試験中のままな理由,” “315kmごとに重大事故を起こし得る自動運転の「成熟度」”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Image courtesy of Waymo
マイケル レイリー [Michael Reilly]米国版 ニュース・解説担当級上級編集者
マイケル・レイリーはニュースと解説担当の上級編集者です。ニュースに何かがあれば、おそらくそのニュースについて何か言いたいことがあります。また、MIT Technology Review(米国版)のメイン・ニュースレターであるザ・ダウンロードを作りました(ぜひ購読してください)。 MIT Technology Reviewに参加する以前は、ニューサイエンティスト誌のボストン支局長でした。科学やテクノロジーのあらゆる話題について書いてきましたので、得意分野を聞かれると困ります(元地質学者なので、火山の話は大好きです)。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る