KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
This Robot Knows When It’s Confused and Asks for Help

わからないとき「わかりません」といえるロボットが開発中

ロボットと人間のコミュニケーションで、誤解は避けられない。ブラウン大学で開発中のロボットは、人間の指示が理解できないとき「わからない」ことを認識し、聞き直すことを学んでいる。 by Signe Brewster2017.04.28

ロボットは通常、混乱状態に陥らないが、混乱した状況を作り上げることで、人間の作業をもっと手伝えるようになるかもしれない。

人間とロボットによる共同作業の効率を高めて、自然にする方法を探る研究の一環として、ブラウン大学の研究チームが開発中のロボットは、自分が混乱していると認識でき、必要な場合は人間に助けを求めてくる。

人間とロボットの日常的なやりとりは混乱しやすく、ブラウン大の研究は重要だ。ロボットとの関係をできるだけ自然にすることは、わからないことに対処する方法の発見につながる。ロボットは人間の指示を、どれくらい確実に対応できるかを判断する。ロボットが何を指示されたのかわからない場合、助けを求める。

ブラウン大学の研究チームの以前の研究では、ロボットは発話の内容や手振りによる合図を認識して、何を指示されているのか推測できた。

研究チームによると、手振りを認識するやり方は声による指示を受けただけの時よりも効果的だとわかっている。それでも今回の研究では、スパナを手渡すよう命令を受けたとき、ふたつのスパナが隣り合っていたら、ロボットは状況の判断しやすさを判定し、片方のスパナを指差して「これですか?」と追加情報を求めてくる。

このプロジェクトを主導したブラウン大学のステファニー・テレクス助教授によると、この研究はふたりの人間が会話するやり方を真似る最新の段階だという。

「双方向での共同作業があるから、人間は会話をしながら計画を立て、効率を高められるのです」とテレクス助教授はいう。

さらにテレクス助教授によると、人間対ロボットのやりとりでは誤解を解くことが特に重要かもしれないという。「ロボットの行動がある程度制限されているのは、人間と同じように見てないからだと気がついたのです。人間と同じように音も聞けないし、理解だって人間には及びません。しかし、ロボットは人間の指示を理解する上で数多くの間違いをするのに、人間のようなフィードバック処理を利用して物事を改善しようとする機会を逃していたことにも気がつきました」

研究チームの実験では、ボランティアにロボットを紹介し、スパナを拾い上げるなど簡単な動作を指示するよう依頼した。このとき、参加者はロボットにどんな指示を出せばいいのか詳しい説明を受けなかった。

参加者に指示の出し方を詳しく説明しなかったことで、実験はうまく進んだ。たいていの場合、参加者はロボットの処理能力を実際よりも高く推測し、人間の目線をロボットが追っているとか、高度な言語能力を持ち合わせていると考えていた。

ハーベイマッド大学(カリフォルニア州クレアモント)で人間とロボットのやりとりを研究するジム・ボーコー助教授によると、大抵の場合、誤解は苛立ちを招くという。

ボーコー助教授は「今回の実験で明らかになったように、ロボットに助けを求めさせることは、人間とロボットが仕事するとき、短期的な効率を高めるのに重要なだけでなく、ロボットシステムに信頼や透明性を作り上げるため、長期的にもメリットがあります。たとえば、ロボットが人間に助けを求めることで、ロボットの意図が伝わるし、処理能力の限界もはっきりします」という。

人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
タグ
クレジット Image courtesy of Brown University
シグニー ブリュースター [Signe Brewster]米国版
シグニー・ブリュースターは科学とテクノロジーのライター。特に注目しているのは、たとえば実質現実やドローン、3Dプリントなど、芽生えたばかりのテクノロジーが今後どうなるか、です。記事は、TechCrunch、Wired、Fortuneでも執筆しています。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  2. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  3. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
  4. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る