KADOKAWA Technology Review
×
安全な自動運転に必要なのは
視力より聴力?
Espen Friberg
知性を宿す機械 無料会員限定
A Sense of Hearing Could Make Cars Safer and More Reliable

安全な自動運転に必要なのは
視力より聴力?

スタートアップ企業・オトセンスがサイレンやエンジントラブルを音で検知するソフトウェアを開発している。 by Tom Simonite2017.05.02

ほとんどの自動車オーナーなら、エンジンから耳慣れないカチカチ音やこすれる異音が聞こえてきたら、修理代がいくらかかるか不安になったことがあるだろう。

スタートアップ企業のオトセンス(OtoSense) は、大手自動車メーカーと協業して、自動車が周囲の音を検出することで、修理代が高額にならないよう、自己診断するソフトウェアを開発中だ。さらに、オトセンスのテクノロジーは、人の運転でも自動運転でも、たとえば緊急車両のサイレンや路面状況を音で検知することで、車両の安全を保てるだろう。

オトセンスが開発した機械学習ソフトは、エンジンやブレーキの微妙な変化など、特定の異音を検出できるように訓練できる。フランスの自動車メーカーPSAグループ(シトロエンやプジョー等のブランドの所有企業)は、自社のさまざまな車種が発する数千種類の音で訓練した自社向けソフトウェアで、オトセンスのテクノロジーを検証中だ。

「オーディオハウンド(AudioHound)」プロジェクトで、オトセンスが開発したのはタブレット・アプリの試作版で、PSAの研究開発部門で働くギョーム・カトゥソーによれば、実用化されれば自動車整備士はもちろん、自動車のオーナーも音を録音して自動診断できるようになる、という。

検証結果によれば、オトセンスのソフトウェアは、エンジンやカーエアコン、車輪等の部品から出る、本来は出ないはずの異音の正体を診断できることがわかった。現時点で、診断の精度は95%だ。PSAは …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る