KADOKAWA Technology Review
×
中国に登場した近未来の無人コンビニ
Thoka Maer
ビジネス・インパクト Insider Online限定
In China, a Store of the Future—No Checkout, No Staff

中国に登場した近未来の無人コンビニ

米国ではアマゾンが大手スーパーを傘下に収める中、中国ではレジもなければ店員もいない24時間営業の移動型店舗がオープンした。進化した無人販売は仕事を奪うのか、それとも買い物難民を救うのか。 by Yiting Sun2017.06.19

先週のある日の午後8時、軽食をとれる場所もない暗闇に包まれた合肥学院大学のキャンパスで、コンピューター科学を専攻する学生ウェイ・リーは未来の小売業の姿を垣間見た。

キャンパスの大広場に停まっていたのは、バスのような形をした1台の車両だった。外観はガラス張りになっていて、中に赤い箱が詰め込まれた棚があるのが見える。

入口に立ったリーは、アイフォーンを使ってQRコードを読み取った。するとガラスの扉が開き、レジもなければ店員もいないその店へと足を踏み入れた。

そこでは、穏やかな表情をたたえたホログラムの人物の顔がリーを出迎えた。音声はなく、顔を動かすだけの挨拶だ。リーはまず、店の品揃えに驚いた。果物やポテトチップ、コーヒー、雑誌、スニーカーまでが販売されている。購入の手軽さも気に入った。銀行カードと紐付けされたスマートフォン用アプリを使い、それぞれの商品のパッケージに付けられたバーコードを読み取るだけでいい。出口に近づくと扉が自動的に開き、リーは店を後にした。

この店は、ストックホルムに本社を置き、クラウドファンディングで資金を集めたスタートアップ企業、ウィリーズ(Wheelys)が立ち上げたモビー・ストア(Moby Store)だ。もともとは、自転車付き移動式カフェの製造を主な事業としてきたウィリーズだが、現在、テクノロジーを活用した24時間店舗の試験営業を実施している。

モビー・ストアが試験営業している場所は、上海から約450キロメートル西に位置する合肥学院大学の構内だ。ウィリーズは同大学の教授らと共同で、モビー・ストアのコアテクノロジーに関する研究に取り組んでいる。

リーはその研究には関わっていないが、友人とキャンパスを歩いている時に車両を見かけ、試しに使ってみることにした。「授業が終わった直後は人の往来がかなり激しいですから」と、複数の利用者が同時に買い物をする際の処理や、万引きを防ぐ仕組みについて興味を持ったようだ。

ウーバーやエア …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る