KADOKAWA Technology Review
×
【8/15締切】来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付中!
The U.S. No Longer Has One of the Top Three Fastest Supercomputers

中国に完敗した米国が挑む、スパコン戦争の行方

発表されたスーパーコンピューター・ランキングの1位、2位は中国だった。米国はインテルやIBMに2億5800万ドルの資金を投じて、2021年の逆転を目指す。 by Jamie Condliffe2017.06.27

スーパー・コンピューターの世界をアメリカが支配しようとして失敗し続けている中、米国エネルギー省は国力の再活性化を模索している。

スーパー・コンピューターの処理性能を順位づける「TOP500」が新しいランキングを6月に発表した。世界最速のスーパーコンピューターは昨年に引き続き、中国・無錫市にある国立スーパーコンピューター・センターの「神威・太湖之光(しんい・たいこのひかり:Sunway TaihuLight)」だった。神威・太湖之光(以下、太湖之光)は1秒間に9京3000兆回の計算ができ、2位の中国の「天河二号(Tianhe-2)」のおよそ3倍の速さだ。第3位は、最近エヌビディアのGPUを採用して性能を一気に引き上げた、スイス国立スーパーコンピューター・センターのピーツ・ダイント(Piz Daint)だ。

米国にとっては悲しいことに、アップグレードされたピーツ・ダイントはオークリッジ国立研究所にある米国エネルギー省のスーパーコンピューター「タイタン(Titan)」を第4位に引きずり落とした。1秒間に1京7000兆回の計算ができるタイタンは、太湖之光より5倍遅いことになる。ただ、1つ言い訳すると、米国は上位10位のうち5つのコンピューターを保有している。スーパーコンピューター上位500台のうちの169台は米国製だ。一方、中国製は「たったの」160台にすぎない。

しかし何はともあれ、このニュースはスーパーコンピューターの王者としての米国の失墜を強調している。米国製スーパーコンピューターが上位3位に入らなかったのは1996年以来初めてだ。米国が重要なスーパーコンピューティングの資源を持ち合わせているにもかかわらず、中国の研究者が楽しんでいる計算速度には及ばず、大きな課題に取り組むことさえできないことを示している。

2017年「ブレークスルー・テクノロジー10」の1つである実用的な量子コンピューティングの到来によって、スーパーコンピューターの必要性がなくなるだろうと言いたくもなるわけだ。しかし、量子コンピューターが大規模な計算を実行できるようになるには、さらに数年かかるだろう。また量子コンピューターが実用化されても、驚くほどの速さで特定の問題が解決できることは約束されてはいるものの、あらゆる問題を、通常のコンピューターよりも高い信頼性で速く解決できるかどうかはまだ明確ではない。

つまり、創薬、材料科学、気候モデルなど、現在、膨大なコンピューターの計算成果に依存している多くの研究分野が、今なお高速なスーパーコンピューターを必要とすることを意味している。

かつて世界最速だったタイタンを保有する米国エネルギー省は、このことを痛いほどわかっている。だからこそ、コンピューティング・プロジェクトに2億5800万ドルという衝撃的な規模の資金投入を表明したのだ。AMD、IBM、インテル、エヌビディア、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、クレイに分配されるこの資金は、タイタンよりも50倍速いコンピューターの開発を進めるためのものだ。

米国政府は2021年までに、新しいスーパーコンピューターが1秒間に100京回の計算処理能力を得られるようになると見込んでいる。1000兆の1000倍であり、太湖之光の10倍の性能だ。しかし中国は、スーパーコンピューターへの猛烈な投資のおかげで、2020年までに同じ性能を達成する可能性があるとまで主張している。米国にとってスピードこそが非常に重要なのだ。

人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
タグ
クレジット Image courtesy of Oak Ridge National Laboratory
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. A million-word novel got censored before it was even shared. Now Chinese users want answers. 「この原稿は違法です」中国のワープロソフト、未公開小説をロック
  2. Call for entries for Innovators Under 35 Japan 2022 IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
  3. Homophobic misinformation is making it harder to contain the spread of monkeypox 「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
  4. OpenAI is ready to sell DALL-E to its first million customers オープンAI、文章から画像を描く「DALL-E2」を100万人に提供
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る