KADOKAWA Technology Review
×
Volvo Is Killing Off Internal Combustion. Kind of.

ボルボ、2019年から全車種を電動化 テスラはどうなる?

ボルボが2019年から全車種に電気モーターを搭載し、2025年までに100万台の電動化自動車を販売すると発表。電気自動車専業メーカーのテスラはどう動くか。 by Jamie Condliffe2017.07.10

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズ(Volvo Cars)は、2019年から自社の販売するすべての自動車に電気モーターを搭載すると発表した。

ガソリンのみで走る車両の販売からの脱却にこれほど大きく、また広く取り組むのは、大手自動車メーカーの中でボルボが初めてだ。「ボルボでは、2025年までに合計100万台の電動化自動車を販売する予定です」と、ボルボのホーカン・サムエルソンCEO(最高経営責任者)はフィナンシャル・タイムズ紙の記事(ペイウォール記事)で述べている。「これが私たちのやり方です」。

電動化の方針は、ボルボが2010年から中国の自動車メーカー、吉利汽車(ジーリー)の傘下になっていることが後押している。中国は現在、世界最大の電気自動車市場となっており、国内での競争も激しい。吉利汽車ではすでにエムグランド(Emgrand)などの電気自動車を作っており、同社のいくつかのテクノロジーがボルボの自動車に搭載されることが、少し前から予想されていた。

それでも、ボルボによる新たな公約は、自動車の完全な電化革命を意味するわけではない。ボルボは2021年までに新型の完全な電気自動車(電力のみを動力源とする)を発売する予定ではいるが、実際に販売する自動車の大半はハイブリッド車になりそうだ。その多くは、いわゆる「マイルド・ハイブリッド」で、エンジン・スターターとオルタネーター(一般的に用いられている12ボルトの車内電気系統を動かすためのもの)を、より強力な電気モーターと48ボルトの発電機に置き換えるというものだ。これにより、アイドリング時、ブレーキ時、惰力走行時にメイン・エンジンを止めながらも、必要な時には素早く再起動もできる。しかし、マイルド・ハイブリッド車はガソリンを燃焼させることなしに推進力は得られない。

そうは言っても、ボルボの動きは、自動車産業全体がますます内燃機関エンジンからの脱却に目を向け、なるべく早く実現したいと考えていることを示す兆候の1つだといえる。電気自動車が近未来のテクノロジーとして期待され続けて数十年が経つが、電気自動車への転換を目指す業界全体の取り組みはいっそう明確になってきている

このニュースは、テスラ(完全な電気自動車の大規模製造に取り組んでいる)に対していくつかの懸念を呼び起こすかもしれない。テスラは7月第1週に、初となる低価格帯自動車「モデル3(Model 3)」を、7月7日にも工場から出荷する予定だと発表した。だが同社は、2017年の第2四半期にバッテリーの供給数(おそらく、電気自動車産業の目下のアキレス腱となっている)が需要を満たせなかったために、予定よりも少ない台数しか自動車を販売できないことを認めている。

テスラが一般市場向け車両の製造規模を拡大するには、バッテリーに関する頭痛の種を、すぐに解消する必要があるだろう。一方で、ボルボのような企業は、電化された未来へのスムーズな移行に向け、準備を整えつつあるるように見える。

(関連記事:Financial Times, “400万円のテスラが出荷間近も、8月の生産台数はたった100台”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Image courtesy of Volvo
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る