1. 持続可能エネルギー
    強烈な「EVシフト」で中国は自動車産業を制するのか?
    内燃機関エンジンの設計・製造では外国を模倣しても追いつけなかった中国は、電気自動車の開発に焦点を絞り、急激な電化政策を打った。日欧米が独占してきた世界の自動車産業の流れを変えるのか。 Jordyn Dahl2年前
  2. コネクティビティ
    電気自動車(EV)の充電時にケーブルを接続する必要がないワイヤレス給電システムが注目されている。世界中の大手自動車メーカーとの提携を進めるワイトリシティは、駐車中のクルマに充電するだけでなく、走行中のクルマに充電したり、都市の移動型電力バンクとして電気自動車を活用したりすることを目指している。 Elizabeth Woyke3年前
  3. 持続可能エネルギー
    多くの企業がリチウムイオン電池のエネルギー密度を高める研究に取り組む中、米国のあるスタートアップ企業が性能を2桁向上させる電池材料の開発に成功した。BMWと提携して自動車への採用を目指すほか、来年にも同社の電池材料を搭載した家電製品が発売される見込みだ。 James Temple3年前
  4. 持続可能エネルギー
    イーロン・マスクが昨年の夏に発表した電気セミトラックを本格展開する計画について、専門家たちは経済的に実現し得ないと口々に批判した。しかし、多数のトラックが隊列を組む「プラトゥーン走行」なら実現の可能性があるとする研究結果が報告された。 James Temple4年前
  5. 持続可能エネルギー
    イーロン・マスク率いるテスラは、初の大衆車であるモデル3の出荷によって創業当初に打ち出した計画の最終ステップに到達した。だが、電気自動車が自動車市場の主役になるまでには、まだまだ多くのことを変えなければならない。 James Temple4年前
  6. 持続可能エネルギー
    英国、ガソリン車も販売禁止へ 世界は電気へ動くのか
    欧州ではディーゼル車の規制が進んでいるが、イギリスは2040年にディーゼル車だけでなくガソリン車の販売も禁止する。自動車産業は電気自動車へスムーズに移行できるのだろうか。 Jamie Condliffe4年前
  7. 持続可能エネルギー
    ボルボ、2019年から全車種を電動化 テスラはどうなる?
    ボルボが2019年から全車種に電気モーターを搭載し、2025年までに100万台の電動化自動車を販売すると発表。電気自動車専業メーカーのテスラはどう動くか。 Jamie Condliffe4年前
  8. ビジネス・インパクト
    400万円のテスラが出荷間近も、8月の生産台数はたった100台
    テスラ初となる低価格な「モデル3」の生産が始まる。だが、生産設備が追いつくのか、それとも計画倒れなのか、マスクCEOの真価が問われる。 Jamie Condliffe4年前
  9. 持続可能エネルギー
    巨額赤字のテスラが中国に工場を建設する理由
    テスラが中国に電気自動車の工場を計画中だ。3億3027万ドルもの赤字(2017年1〜3月期)を計上するテスラがいま中国に工場を建設するのはなぜか。 Jamie Condliffe4年前
  10. ビジネス・インパクト
    脱モノマネで真価が問われる、中国電気自動車メーカーの実力
    中国の比亜迪(BYD)の電気自動車は、ライバル製品の「模倣」で開発コストを下げ、中国政府の補助金政策の後押しを受けて中国市場で高いシェアを獲得した。しかし、政府の補助金が削減されとともに売上は低迷。打開策となるのが、クリーン・エネルギーを使った公共交通の世界展開だ。 Laurie Burkitt4年前
  11. ビジネス・インパクト
    ガソリンスタンドも駐車場も不要になる自動運転革命の衝撃的未来
    自動運転は事故やドライバーだけでなく、駐車場や公共交通機関まで消してしまうかもしれない。電気自動車でガソリンスタンドがなくなるだけでなく、都市の景観まで変えてしまう可能性がある。 Jamie Condliffe4年前
  12. 持続可能エネルギー
    米国の電気自動車業界に低迷の危機
    ガソリン車との主役交代が2020年代に起きるとも予測された電気自動車は、米国の各州、連邦政府の優遇措置の縮小・廃止で低迷しかねない。ヨーロッパで進む電気自動車への移行に、アメリカの自動車メーカーはついていけるだろうか。 Jamie Condliffe4年前
  13. コネクティビティ
    スマートフォンの逆襲
    2017年注目のガジェット
    2017年注目のスマホやVRゴーグル、スマートウォッチを6つ紹介。 Elizabeth Woyke4年前
  14. ビジネス・インパクト
    テスラモーターズは2018年に年間50万台も自動車を製造できない
    誰も信じなかったテスラモーターズの成功によって、上海からデトロイトまで、世界中の自動車メーカーが電気自動車を製造するようになった。だからといって、テスラが大衆車を大量生産して規模を拡大する計画がうまくいくとは限らない。 Doron Levin5年前