KADOKAWA Technology Review
×
By 2040, More Than Half of All New Cars Could Be Electric

ガソリン車は電気自動車にいつ置き換わるのか

電気自動車へ移行する動きが加速している。鍵を握るバッテリーの価格は、2029年までに今より70%下がると予測されている。 by Jamie Condliffe2017.07.11

テスラは知っている。ボルボ(Volvo)も知っている。なんなら、自動車産業従事者のほとんどが知っている。現時点で電気自動車への移行はもう不可避だ。しかし、電気自動車はどれだけの早さで、現在のガソリン車に取って代わるのだろうか?

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス(Bloomberg New Energy Finance)の新しい分析はまさにその早さを定量化しようとしている。この分析は、将来電気自動車を購入して維持するのにかかる経費の変動予測が目的であり、自動車メーカーによる電気自動車の開発と販売を支援し、電気自動車の普及を推進する政府の取り組みも考慮している。

分析から得られた予測では、2040年までに販売される新車の54%は電気自動車になるという。この割合は、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが1年半ほど前に予測した35%から上がっている。予測が正しいなら、将来販売されるすべての新車の主な燃料は電気になるということを意味する。

とはいえ、道のりはまだ明らかに遠い。その理由の一つは、電気自動車の市場が、2016年時点で自動車全体の売上高の1%と非常に小さいからだ。しかし、トレンドは急激に上向きを指している。世界における電気自動車の販売台数は、2017年の第一四半期には19万1700台を記録した。これは前年同期比で40%の増加だ。

新しい予測が楽観的である主な理由は、バッテリーの価格にある。リチウムイオン電池のキロワット時あたりの価格は、2010年から2015年の間に65%下落した(図参照)。また、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスは、これから2029年にかけてバッテリーの価格はさらに70%落ちると予測している。この価格の下落によって、電気自動車の購入や維持がより安価になるという。

確かに、多くの人が内燃機関を捨ててモーターへの乗り換えるには、コストメリットが重要だ。しかし、政府も充電インフラを増設したり大気を汚染するディーゼル車を禁止したりすることで、電気自動車の普及を促進する役割を果たすことができる。こういった後押しがなければ、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスの予測は楽観的過ぎるといわざるを得ないだろう。

(関連記事:Electric Vehicle Outlook 2017, “ガソリン車と電気自動車の主役交代は2020年代後半,” “ The 2020s Could Be the Decade When Electric Cars Take Over,” “米政府、電気自動車普及に約4万kmの新設高速に充電拠点の整備計画”)

人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  4. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  5. So you got the vaccine. Can you still infect people? Pfizer is trying to find out. ワクチンを打っても マスクを外せない理由
タグ
クレジット Mark Turnauckas | Flickr
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole 周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
  2. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
  3. Covid-19 immunity likely lasts for years 新型コロナ、免疫は長期間持続か=米新研究
  4. Error-riddled datasets are warping our sense of how good AI really is AIモデル評価用データセットに多数の誤り、実は優秀ではなかった?
  5. So you got the vaccine. Can you still infect people? Pfizer is trying to find out. ワクチンを打っても マスクを外せない理由
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る