KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
ファッション業界に衝撃、
アマゾンがAIデザイナーを
開発中
知性を宿す機械 無料会員限定
Amazon Has Developed an AI Fashion Designer

ファッション業界に衝撃、
アマゾンがAIデザイナーを
開発中

アマゾンがファッション分野に力を入れている。最新のトレンドを取り入れたレコメンデーションに加え、トレンドから新たな商品をデザインするAIも開発中だ。 by Will Knight2017.08.28

アマゾンは最先端のファッションを提供するにはまだまだ力不足だ。だが、スタイリストやデザイナーを常に垢抜けた人工知能(AI)アルゴリズムに置き換えることができれば、最先端のファッションをリードする存在になるかもしれない。

電子商取引界の巨人であるアマゾンの研究者は現在、最新のファッション・トレンドを見つけ出して反応し、そしておそらくそれを形にすることさえできる機械学習システムの開発に取り組んでいる。これによってアマゾンは、たとえばソーシャルメディアの投稿で話題になった商品をベースにしたレコメンデーションなど、トレンドを反映した仕組みを小売に導入できるかもしれない。また、ファッション・ビジネスを拡張したり、ファッション分野で優位に立つ戦略を立案したりする際にも役立つはずだ。

「アマゾンは世界のファッション・トレンドに興味を示しています」と話すのは、コーネル大学のカビータ・バラ教授だ。バラ教授は、先週アマゾンが開催した機械学習とファッションに関するワークショップに参加した。「アマゾンの取り組みによって、ファッション産業が変貌することになるかもしれません」。

先進的な小売業者の多くは、最新のファッション・トレンドに素早く対応するために、インスタグラムやピンタレストなどのソーシャル・ネットワークを活用している。また、パーソナル・スタイリング・サービスを展開するスティッチ・フィックス(Stitch Fix)のようなスタートアップ企業は、ユーザーの好みやソーシャル・メディアでの情報を参考にして、ユーザーに合った商品コーディネートを提案している。

一方でアマゾンは、自社のアパレル事業を強化する動きを見せている。独自のファッション・ブランドを立ち上げ、商品写真を高品質にするために投資し、届いた服を購入する前に試着できるプライム・ワードローブ(Prime Wardrobe)といったサービスを始めた。アレクサ(Alexa)を搭載したエコー・ルック(Echo Look)のアプリは …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る