KADOKAWA Technology Review
×
DNAだけで顔がわかる? 驚きの論文に科学者から疑問の声
Proceedings of the National Academy of Sciences, MIT Technology Review
生命の再定義 Insider Online限定
Does Your Genome Predict Your Face? Not Quite Yet

DNAだけで顔がわかる? 驚きの論文に科学者から疑問の声

合成生物学者であり実業家でもあるJ・クレイグ・ベンターが新たに発表した論文によれば、ゲノム情報からあなたの顔を推測することができるという。しかし科学者からは辛辣な批判の声が上がっている。 by Antonio Regalado2017.09.13

カリフォルニア州のゲノム研究会社ヒューマン・ロンジェビティ(Human Longevity)が9月4日、ヒトゲノムを解読することで、そのゲノムの持ち主がどのような顔をしているかを予測し、個人を特定することができるという大胆な主張の論文を発表した。

DNAから人間の顔を写真のように復元できるという主張は、大きな影響をもたらす可能性がある。警察は血痕(に含まれるDNA)を使って容疑者をリストの中から選び出せるようになるだろうし、真の意味でプライバシーを維持したまま研究用にゲノムを収集することは不可能になってしまうだろう。

しかし、この主張に対してソーシャルメディア上で寄せられた科学者からの辛辣な反応は、ヒューマン・ロンジェビティの創業者である有名なゲノミクス専門家、J・クレイグ・ベンターが期待していたものではなかっただろう。

論文を査読した2名の専門家、そして1名の元従業員によれば、ベンターは実際には十分な集団の中からゲノムを使って個人を選び出すことはできておらず、そのため、ベンターの論文は掲載誌を探すのに苦労したという。

「クレイグ・ベンターはゲノムから顔を予測できていません」と、系統研究のWebサイトである「マイヘリテイジ・ドットコム(MyHeritage.com)」のヤニフ・エーリッヒ最高科学責任者(CSO)は単刀直入にツイートしている。エーリッヒCSOは主張に際し、ベンター自身も自分のゲノムで顔予測を行っているが、その結果は元生物学者で起業家である彼自身よりも俳優のブラッドリー・クーバーのように見えると投稿している。

ベンターのチームは、ゲノムデータを使用して顔の形状、目や髪の色、そして声の印象までも予測し、ゲノムの持ち主が誰であるかを再特定するのに十分な精度を持ったレベルのイメージをつくりだせるという。

しかし懐疑論者は、ヒューマン・ロンジェビティは実際にはその人物の人種と性別のデータ(もっと単純なDNAテストで判別でき、新しいアイデアでもない)を使用し、同社が主張しているような特定の個人ではなく、平均的な顔を表現した画像を作成しているにすぎないと指摘する。

ヒューマン・ロンジェビティは今回の手法を使って、20名の顔写真の中から70%の確率で正しい人物を選ぶことができたと報告している。しかし、対象とは異なる性別や人種の人々を排除した後では、その正確性は大幅に下がっている。20名の欧州人男性の中から特定の欧州人男性を選ぶケースでの正解率はたったの11%だった。

「この顔予測は、人種の平均的な顔を予測しているだけなのです。おそらくあなたも必ずこう言うでしょう、『わあ、まるで自分の顔みたいだ!』」と、ヒューマン・ロンジェビティで働いていた遺伝学の専門家ジェイソン・パイパーは言う。パイパーはこの論文の著者として名を連ねているが、現在はアップルで働いており、論文の結論は不当なものだとしてツイッター上で批判を展開している。

一か八か

顔予測についての研究は、100万人のヒトゲノ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る