KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
ビットコインだけじゃない、
ブロックチェーンが実現する
医療ネットワーク大革命
Simon Landrein
コネクティビティ 無料会員限定
Who Will Build the Health-Care Blockchain?

ビットコインだけじゃない、
ブロックチェーンが実現する
医療ネットワーク大革命

ビットコインなどの仮想通貨の基盤となっているブロックチェーン技術は、保健医療業界にとっても非常に有効であることは間違いない。しかし、実現に向けては、採掘者の動機づけをはじめ、セキュリティやプライバシーなど解決すべき問題が多い。 by Mike Orcutt2017.09.21

ボストン市では26の異なる医療記録システムが使われており、それぞれが独自言語でデータを表現し、共有している。重要な情報はしばしば複数の施設に散らばっており、時折、最も必要とされているときにアクセスできなかったりする。このような状況は米国では日常的に起こっており、金銭的な損失だけでなく、時には人命が犠牲になることさえある。

こうした問題はブロックチェーンが解決するのに向いている、と話すのは、ボストンのベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのジョン・ハラムカCIO(最高情報責任者)だ。

医師が患者を診察したり、新しい処方を書いたりした時、患者がブロックチェーン(ビットコインの基盤となる分散型デジタル台帳)に、参照や「ポインター(参照先を示す値)」を加えることに同意したとしよう。このブロックチェーンは、ビットコインにおける決済情報の代わりに、重要な医療情報を、実質的に改ざんのない暗号化されたデータベースに記録する。データベースはコンピューターのネットワークによって整合性を維持されており、ソフトウェアを使って誰でもアクセスできる(「Why Bitcoin Could Be Much More Than a Currency」を参照)。医師がブロックチェーン上に記録するすべてのポインターは、医師が使っているシステムに依らずに患者の記録の一部として追加されるので、たとえば介護士であっても互換性の問題を気にせずに使えるようになる、とハラムカCIOは話す。

世界中の科学技術者や保健医療専門家は、ブロックチェーン技術を用いることで、医療記録を安全な方法で共有して、重要なデータをハッカーから保護し、患者が自身の情報をコントロールしやすくなると見ている。しかし、業界全体で医療記録 …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
購読キャンペーン実施中
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.7世界を変える10大技術 2022年版

パンデミック収束の切り札として期待される「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)飲み薬」、アルファ碁の開発企業が作った「タンパク質構造予測AI」、究極のエネルギー技術として期待が高まる「実用的な核融合炉」など、2022年に最も注目すべきテクノロジー・トレンドを一挙解説。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る