KADOKAWA Technology Review
×
動画はもう証拠にならない——気鋭のAI研究者が語る報道の未来
Justin Saglio
AI Could Set Us Back 100 Years When It Comes to How We Consume News

動画はもう証拠にならない——気鋭のAI研究者が語る報道の未来

人工知能(AI)技術は人々に、様々な扉を開く可能性を与えてくれる。しかし同時に、これまでずっと開かれていた扉のいくつかを、AIが閉じてしまうかもしれない。 by Jackie Snow2017.11.10

人工知能(AI)は素晴らしい未来を約束してくれるが、こと報道に関しては、時代を1世紀くらい逆戻しするかもしれない。

11月7日にマサチューセッツ州ケンブリッジにあるMIT(マサチューセッツ工科大学)で開催されたEmTechで、グーグル・ブレインの研究者でMITテクノロジーレビューの「35歳未満のイノベーター35人」の一人でもあるイアン・グッドフェロー博士は、かつては人々を騙せる偽画像を作り出そうとすると、たいへんな労力が必要だったと指摘した。 しかし、グッドフェロー博士が開発した深層学習システムの1つ、「競争式生成ネットワーク(GANs)」のようなAI技術を使えば、もっと本物っぽく見える偽画像を作り出せる。その結果、より大勢の人を、ずっと簡単にだませるようになる。

ニュースについて、私たちはもっと疑い深くなる必要がある、とグッドフェロー博士は言う。オンラインで見るマルチメディアのほとんどが、信じられなくなるかもしれない。

「歴史的に、実際に何かが起こった証拠を動画として残せるのは、ほんのまぐれのようなものです」。グッドフェロー博士はEmTechでの講演を終えた後のインタビューで語った。

グッドフェロー博士は、GANsを使うことで将来、研究者やロシアのスパイが、どんなことでもしゃべる政治家たちの動画を制作できるようになる可能性を認める。しかし同時に、AIを使わなくても、誰もがPhotoshopで画像を加工していることも指摘する。

「すでに可能となっている物事が、よりスピードアップしています」とグッドフェロー博士は語った。

AI がもたらす変化については、はっきりしない部分がたくさんある。少なくとも報道に関しては、歴史的に、意見を伝えるための映像や写真がなくてもやっていける社会があったとグッドフェロー博士は言う。私たちはそうした社会に再び慣れる必要があるのかもしれない。

「もしそうであれば、私たちの世代ではずっと開かれていた扉のいくつかを、AIが閉じようとしているのです」。

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  3. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  4. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  5. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  3. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  4. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
  5. Astronauts on the ISS are hunting for the source of another mystery air leak ISSで再び原因不明の空気漏れ、乗組員が発生場所を調査中
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る