1. ロボットは人間の命令に従って動く機械にすぎない。だが、戦地で行動を共にする軍事ロボットと兵士との間には、ただの道具とそれを使う人間という関係を超えた絆が生まれるという。もしロボットが感情を持つようになったら、人間とロボットの関係はどのように変わるのだろうか。Louisa Hall6年前

  2. 脳コンピューター・インターフェイスの実用化には何が必要か
    脳コンピューター・インターフェイス研究の先駆者は、実用化には程遠いと語った。装置の小型化、ニューラルコードの解明がまだまだ必要だという。 Emily Mullin7年前

  3. AIは人間の能力を拡張するもの——CSAILのダニエル・ラス所長
    人工知能に仕事が奪われることを恐れてばかりいると、人工知能との協調に秘められた大きなチャンスを見逃すことになるかもしれない。 Will Knight7年前

  4. リンクトイン創業者が語った、シリコンバレーをよりよくする方法
    リンクトインの共同創業者でベンチャー投資家のリード・ホフマンはシリコンバレーの悪い文化を変えようとしている。テック業界や投資業界における嫌がらせや差別の問題、技術の進歩によって職を奪われた人たちに対し何をするべきか? について語った。 Elizabeth Woyke7年前

  5. 地球工学のパイオニアがトランプ大統領のツイートを心配する理由
    太陽地球工学の専門家であるハーバード大学のキース教授は、トランプ大統領のツイートを心配している。太陽放射管理テクノロジーが排出ガス削減反対派に政治利用されることを懸念しているのだ。 Mike Orcutt7年前

  6. 動画はもう証拠にならない——気鋭のAI研究者が語る報道の未来
    人工知能(AI)技術は人々に、様々な扉を開く可能性を与えてくれる。しかし同時に、これまでずっと開かれていた扉のいくつかを、AIが閉じてしまうかもしれない。 Jackie Snow7年前

  7. ブラックボックスなAIに潜む「偏見」を暴く最新研究が発表
    意思決定の場面に人工知能(AI)システムが使われることが多くなるにつれて、ブラックボックスの中で一体どのようなアルゴリズムが動作しているのかを知ることが、ますます重要になっている。しかし、処理が複雑すぎたり、アルゴリズムが公開されていなかったりして、動作を調べるのが困難である場合がほとんどだ。 Jackie Snow7年前

  8. データから物語を紡ぐAIがいま求められる理由
    データを読み取るのは人間の仕事だと思われている。だが、ナラティブ・サイエンスのクリス・ハモンド博士は、機械が人間にわかりやすく伝えるべきだと主張する。 Erin Winick7年前

  9. インドの花形産業であるIT業界で、大量解雇の嵐が吹き荒れている。自動化や人工知能(AI)が人間の雇用を奪うのではないかという懸念はどの国にもあるが、コンピュータが取って代わりやすい定型作業で成長してきたインド特有の事情が問題を深刻にしている。 Samanth Subramanian7年前

  10. スタークラフトのAI対決、プロゲーマーが圧勝
    韓国で開催された対戦型コンピューターゲーム「スタークラフト」の人工知能(AI)競技会で、プロゲーマーがAIシステムに圧勝した。しかし、現時点のAIにはゲームに関する訓練用データが少ないという制約があり、今後も人間が優位を保てるかどうかはわからない。 Minhyung Lee7年前

  11. AIファースト企業への転換には何が必要か?
    誰もがAIファーストな企業になりたいと考えている。だが、新しいツールとブランド戦略だけでは不十分だ。 Will Knight7年前

  12. 拡張現実(AR)デバイスを大々的に売り出そうとする企業が相次いでいるが、なかなか市場が立ち上がらないのが現状だ。そこで、実際に職場でARヘッドセットを数日間かぶって日常業務をして、どこに問題があるのか確かめてみた。 Rachel Metz7年前

  13. 中国は官民挙げてAIの開発、実用化に取り組み、世界のリーダーになろうとしている。AIによる雇用の削減などといったマイナス面に眼を向ける欧米諸国は、AIによる新しい経済や富の創造に注目すべきだ。 Will Knight7年前

  14. 殺人ロボよりも現実的なAIの脅威
    企業でのAIの展開を支援するコグニション・エックス(CognitionX)の共同設立者タバサ・ゴールドスタウは、人間が持つ無意識の先入観がAIに与える影響について危惧している。 MIT Technology Review Editors7年前

  15. 人工知能の規制こそが未来への脅威だ
    人工知能(AI)大国である米国でさえ、AIに対する規制を強化すべきだとの声が上がっている。テクノロジー政策に詳しいジョージ・メイソン大学のアンドリア・オーサリバンは、イノベーションを阻害しない新しいスマート政策が必要だと主張する。 Andrea O’Sullivan7年前

  16. AIやロボットが「仕事を奪う」のは小都市から、MITメディアラボ
    人工知能(AI)やロボットによる自動化の影響は大都市のほうが受けにくいことが、MITメディアラボの最新の研究で明らかになった。一方、ルーティン・ワークが多い小都市では、今後、雇用が減少していくだろうと予測している。 Elizabeth Woyke7年前

  17. 人工知能から差別や偏見を排除できるのか?
    米国では被告人を仮釈放すべきかどうか、裁判官に助言するソフトウェアが使われている。ローンの審査や人材採用に人工知能を活用する企業もある。こうした人生を左右する決定に使われるコンピューターから、差別や偏見を排除できるのだろうか? ハーバード大学のコンピュータ科学者であるシンシア・ドゥーワーク教授は、人工知能が公平に判断していることを確認する方法を開発している。 MIT Technology Review Editors7年前

  18. 現在のAIは確かに大きな成果を挙げているが、人間の知能とはまだ大きな隔たりがある。AIの限界を突破するために、脳内のニューロンや神経線維で起こっていることをマッピングする1億ドルの巨大プロジェクトが米国で進行している。 M. Mitchell Waldrop7年前

  19. MITテクノロジーレビューが注目するDNA分析の最先端企業5選
    一般消費者向け、医療向け遺伝子事業の最先端企業を、MITテクノロジーレビューが選出したスマート・カンパニー50から抜粋して紹介しよう。 Emily Mullin7年前

  20. ブロックチェーンが引き起こす、送電網の抜本的変革
    再利用可能エネルギーで発電した電力の管理・追跡にブロックチェーンを利用しようとする動きがある。現在の証書ベースの取り引きに比べて誤りやコストを低減できるだけでなく、電力の売買の仕組み自体を抜本的に変革できるかもしれない。 Mike Orcutt7年前

  21. 人工知能(AI)やロボット工学の目覚ましい進歩が、私たちの未来の生活を大きく変えると言われており、仕事を失ったり、ロボットに殺されたりするのではないかと心配している人たちもいる。しかし、起こり得ないことを恐れる必要はない。MITコンピューター科学・AI研究所のロドニー・ブルックス前所長が、人々が間違った考えを持つようになった7つの理由について説明する。 Rodney Brooks7年前

  22. ミシガン大学のチームはユエ・シャオ博士らのチームは、幹細胞にはヒト胚に似た構造体に自然に変化する能力があることが発見した。だが研究者たちは、倫理的論争や政治的論争により研究が妨害されるのを恐れて、慎重な姿勢を崩そうとしない。 Antonio Regalado7年前

  23. 世界最大級のゲノム解析企業である北京ゲノミクス研究所(BGI)の元CEOが、大量の身体データを分析して、人工知能(AI)による個別健康管理を提供するスタートアップ企業を設立した。患者たちのオンラインフォーラムを運営する企業に出資したり、イスラエルの医療IT企業を買収したりして準備を進めている。 David Ewing Duncan7年前

  24. 3年で150億ドル投資、アリババCTOが語る桁違いの研究開発の狙い
    アリババは、新しく立ち上げたIoT、フィンテック、量子コンピューティング、AIなどの新興技術を研究する組織を立ち上げ、150億ドル以上を投資すると発表した。責任者に任命されたジェフ・チャンCTOが、DAMOのビジョンを語った。 Yiting Sun7年前

  25. 1400度の液体金属を運ぶポンプ、再生可能エネの課題解決へ前進
    最高1400度でも稼動可能なポンプにより、蓄熱に液体金属が利用できる可能性が広がった。再生可能エネルギーによる安定的な電力供給ができる日も近いかもしれない。 James Temple7年前

  26. グーグルが発表した新製品は、ユビキタス・コンピューティングが現実味を帯びてきたことを感じさせるものだ。だが、必ずしもいい面だけでなく、恐ろしさを覚える面もある。 Rachel Metz7年前

  27. カリフォルニア州で過去最悪の山火事、気候変動も影響か
    米カリフォルニア州で発生した大規模な山火事は甚大な被害をもたらした。原因はまだ特定されていないが、長引く干ばつと記録的な猛暑の影響を指摘する声がある。 James Temple7年前

  28. グーグルへ転じた
    スタンフォード研究者が語る
    次世代AIに必要なこと
    スタンフォード大学の人工知能研究所(SAIL)所長からグーグルに転じたフェイ・フェイ・リーは、次世代のAIは「人間中心」を目指すべきだという。それには文脈の理解に立ち返る必要があると指摘する。 Will Knight7年前

  29. 数々の電池関係のスタートアップ企業を創業したMITのチェン教授が、化石燃料に対抗する競争力を持つフロー電池で再び起業した。多くの失敗を教訓として、チェン教授は他の電池関連スタートアップ企業も巻き込んだ戦略を立てている。 James Temple7年前

  30. 米国で過熱する
    ドローン操縦士の育成
    ところで仕事はあるの?
    米国で、ドローン操縦士の養成課程を提供するコミュニティ・カレッジが増えている。米連邦航空局がドローンを商業的に操縦するには「遠隔操縦士」の資格を取得しなければならないとしたのを受けてのことだが、課程を修了したからと言って関連する仕事に就けるかどうかは不透明だ。 Elizabeth Woyke7年前

  31. グーグルが指摘する、イーロン・マスクが語らないAIの本当の脅威
    グーグルのAI主任は、偏見が含まれるデータによる機械学習によってAIが偏ることを心配してる。具体的で技術的な根拠もなしに「AIの脅威」を喧伝するよりも、はるかに大きな問題だという。 Will Knight7年前

  32. 他のドライバーとの駆け引き、突発的な出来事への対処——。完全な自律運転の実現には、これまでとは違ったAIのアプローチが必要になる。深層学習をさらに進め、自動車が自ら常識を学んでいくシステムの研究が進んでいる。 Will Knight7年前

  33. スラックCEOインタビュー
    AIの導入で働き方を
    もう一度変える
    メールや電話が飛び交っていた職場にチャットという新しいコミュニケーション手段を浸透させたスラック(Slack)。コミュニケーションの活性化や生産性の向上といった効果をもたらす一方で、大量の情報がリアルタイムにやり取りされることで、集中力の低下や目的の情報が探せないといった課題も指摘されている。スラックのスチュワート・バターフィールドCEOに、今後解決しようとしている課題について聞いた。 Elizabeth Woyke7年前

  34. 「IoTチップ1兆個供給」
    ARMの研究者に聞く、
    孫正義構想の課題
    ARMを買収し、「1兆個のIoT機器にチップを供給する」とぶち上げたソフトバンクの孫正義CEO。そのビジョンを実現するために解決すべき課題とは何か。ARM研究所の幹部に話を聞いた。 Jamie Condliffe7年前

  35. カメラが捉えた画像情報を電気的なパルスに変換して、脳の視覚野の表面に埋め込んだ電極に送れば、目の見えない人でも光のパターンを知覚できるはずだ。こうした仮説に基づいた脳インプラント手術の臨床試験を、米食品医薬品局が条件付きで認可した。 Emily Mullin7年前

  36. 指紋か顔か?
    新型アイフォーンで始まる
    生体認証のメガトレンド
    iPhone Xで採用された3D顔認証は、スマホに搭載される認証技術を一気に置き換える可能性がある。 Rachel Metz7年前

  37. 人工知能(AI)の分野では、いかに優秀な人材を世界中から集めるかが勝負となっている。移民規制を進める米国を尻目に、カナダが新たなメッカとなりつつある。 Will Knight7年前

  38. ビットコインだけじゃない、
    ブロックチェーンが実現する
    医療ネットワーク大革命
    ビットコインなどの仮想通貨の基盤となっているブロックチェーン技術は、保健医療業界にとっても非常に有効であることは間違いない。しかし、実現に向けては、採掘者の動機づけをはじめ、セキュリティやプライバシーなど解決すべき問題が多い。 Mike Orcutt7年前

  39. 太陽光から「太陽熱」発電へシフトするトランプ政権の深謀
    米国エネルギー省は集光型太陽熱発電の技術を推進するために6200万ドルの投資をすると発表した。しかし、再生可能テクノロジーの推進者たちは手放しで喜ぶわけにはいかない。トランプ大統領は、太陽光発電への支援を減らして、同技術の進歩を減速させようと企んでいるかもしれないからだ。とは言え、集光型太陽熱発電には太陽光発電の課題を解決できる長所がある。 James Temple7年前

  40. 中国では新しいテクノロジーがものすごいスピードで日常生活に溶け込んでいく。アイフライテックが開発した音声による自然言語処理もその1つだ。音声入力アプリのユーザー数は5億人を超え、自動車や医療などの分野でも使われ始めている。 Yiting Sun7年前

  41. 機械学習によるアートや音楽の制作を研究するグーグルのオープンソース研究プロジェクト「マジェンタ」のリーダーに、プロジェクトの現状を聞いた。まだ準備段階だが、コンピューターに冗談を言わせる研究も始めているという。 Rachel Metz7年前

  42. アイフォーン誕生から10年
    ワンモアシングでも
    発表されなかったこと
    おなじみの「One more thing」のフレーズとともに発表された新型アイフォーン「アイフォーンX(iPhone X)」には、顔認識やワイヤレス充電など、これまでのアップル製品にはないテクノロジーが搭載されている。だが、10年を迎えたアイフォーンの発表としては物足りない。 Rachel Metz7年前

  43. トレイシー・チョウ(プロジェクト・インクルード)
    データを通じてテック業界に欠けていた「多様性」の視点を吹き込んだプログラマー。 MIT Technology Review Editors7年前

  44. オルガ・ロッサコフスキー(プリンストン大学)
    クラウドソーシングを利用して、コンピューター・ビジョンを進化させた。 MIT Technology Review Editors7年前

  45. フィリッパ・ジル(マサチューセッツ大学アーマスト校)
    インターネット検閲を判定する手法を編み出し、イエメンで実証した研究者。 MIT Technology Review Editors7年前

  46. ガン・ワン (アリババ)
    消費者向けAIの製品化で最前線に立つ研究者。 MIT Technology Review Editors7年前

  47. ビル・リウ(ロイヤル)
    フレキシブルなオールインワンのコンピューティング・デバイスで人々に新しい体験を与える。 MIT Technology Review Editors7年前

  48. ラーダ・ボヤ(マンチェスター大学グラフェン研究所)
    世界で最も狭い通路は水やガスのろ過を一新するかもしれない。 MIT Technology Review Editors7年前

  49. アブディガニ・ディリエ(イノベート・ベンチャーズ、IBMアフリカ研究所)
    ソマリアでスタートアップ企業を支援し養成する初の団体を創立した、IBMのコンピューター科学者。 MIT Technology Review Editors7年前

  50. タリス・ゴメス(シヌー)
    美容版ウーバーでネイリストは弁護士並みの収入が得られる。 MIT Technology Review Editors7年前

  51. シャオ・ジアンシャオ(オートX)
    オートXのシャオCEOの自律自動車は、夜間や悪天候でも自律走行できる。 MIT Technology Review Editors7年前

  52. インフラ点検をドローンに置き換え、機械学習で異常箇所を発見
    深層学習を使ってドローンやロボットが自律的にパイプ・ライン、送電線などを点検する企業がある。石油精製所の点検作業を人力から機械化することで、100万ドルの費用が浮くという。 Will Knight7年前

  53. IBMとMITが連携し、「MIT-IBM ワトソンAI研究所」を設立する。かつて人工知能(AI)研究の先端を走っていたMIT、ワトソンの失速が伝えられるIBMの双方にとって大きな意義のあるプロジェクトで目指すものとは? Elizabeth Woyke7年前

  54. キャサリン・テイラー(ケスワークス)
    3倍の効率を持つ灌漑用ポンプは、インドの何百万人もの農民の生活を変えるかもしれない。 MIT Technology Review Editors7年前

  55. アンカ・ドラガン(カリフォルニア大学バークレー校)
    人間の行動をロボットに理解させ、共同作業を促進する。 MIT Technology Review Editors7年前

  56. キャシー・ゴン(ワファ・ゲーム)
    恐れを知らない中国の若手テクノロジー系起業家の中で急速に頭角を現したゴンの次のターゲットは中東だ。 MIT Technology Review Editors7年前

  57. イアン・グッドフェロー(グーグル・ブレイン)
    ラベル付けした訓練用データを使わずにニューラルネットワークの学習を改善する方法を考案した。 MIT Technology Review Editors7年前

  58. ジーン・ベルディチェフスキー(シラ・ナノテクノロジーズ)
    より優れたリチウムイオン電池を作るための新材料を探求している。 MIT Technology Review Editors7年前

  59. ヴィクター・アダルシュタインソン(ブロード研究所)
    がんの診断や治療の向上に取り組んでいる。 MIT Technology Review Editors7年前

  60. Angela Schoellig(University of Toronto)
    シェリグのアルゴリズムが自律自動車や自律飛行機の移動の安全性を高める一助になる。 MIT Technology Review Editors7年前

  61. レイチェル・ハウルウィッツ(カリブー・バイオサイエンシズ)
    有望な遺伝子編集法であるクリスパー(CRISPR)の商業化を推進。 MIT Technology Review Editors7年前

  62. アドリエンヌ・フェルト(グーグル・クロム)
    より安全なインターネットを実現するための活動を率いる。 MIT Technology Review Editors7年前

  63. ジョシュア・ブラウダー(ドゥノットペイ)
    法律違反の罰金の回避にチャットボットを使用。 MIT Technology Review Editors7年前

  64. もはや「現金はいらない」とまで言われる、急激なキャッシュレス化が進む中国。中国のスマホ決済で4割のシェアを占めるウィーチャット(WeChat)はグローバル市場を攻略しようとしているが、いまのところ大きな成功は得られていない。 Emily Parker7年前

  65. 米国では人口の5分の1近くの人がアマゾン・アレクサのような家庭用AI(人工知能)アシスタントを使っている。口頭での様々な指示や命令に応えるのような家庭用AIアシスタントは今後、一層普及が進むだろうが、家庭に入り込んだAIアシスタントが、子どもたちの成長にどんな影響を与えるのかはあまりわかっていない。 Rachel Metz7年前

  66. 音声AI搭載のデバイスが米国では大人気だ。市場を開拓したアマゾンのアレクサ(Alexa)は、人と機械が対話する不可欠な手段となるかもしれない。 George Anders7年前

  67. 先進国ではドローンを使った宅配サービスの実験が始まっているが、インフラがまだ整っていないアフリカ・ルワンダではすでにドローンが救急医療に欠かせない血液輸送の役割を担っている。ルワンダ政府とジップラインが始めた最新の取り組みと課題を現地で聞いた。Jonathan W. Rosen7年前

  68. ジェナ・ウィーンズ (ミシガン大学)
    機械学習によるアプローチで、致死性感染症のリスクを防ぐ。 MIT Technology Review Editors7年前

  69. ヴォロジーミル・ムニ(ディープマインド)
    AIがビデオゲームでも人間を超える可能性を導く研究者。 MIT Technology Review Editors7年前

  70. マイケル・サライバ(スイス連邦工科大学)
    前途有望なペロブスカイト型の太陽電池の実用化に貢献する研究者。 MIT Technology Review Editors7年前

  71. ファビアン・メンゲス(IBMチューリッヒ研究所)
    マイクプロセッサー内部などナノスケールの部品の温度を測定する方法を発明した。 MIT Technology Review Editors7年前

  72. エヤド・ジャネ(フィールド・レディ)
    戦争地域で、人命を救助するため、現地調達できる材料で作れるツールを考える。 MIT Technology Review Editors7年前

  73. ネハ・ナルケーデ(コンフルーエント)
    ビジネスの世界に溢れかえるデータを集計し、意味を見い出すのを支援する。 MIT Technology Review Editors7年前

  74. ジェシカ・ブリルハート(インデペンデント・フィルムメ―カー)
    VRによって新たな映像を作り出す映像制作のパイオニア。 MIT Technology Review Editors7年前

  75. オースティン・ラッセル(ルミナー)
    スタンフォード大学を中退し、自動運転車の基幹部品ライダーの開発・製造企業を設立。 MIT Technology Review Editors7年前

  76. ハンギング・ウー(アリババ・クラウド)
    低コストでDDoS攻撃に対抗できる新しい対策方法を開発した。 MIT Technology Review Editors7年前

  77. フランチスカ・ローズナー(ワシントン大学)
    拡張現実がハッカーに乗っ取られる脅威に備える研究者。 MIT Technology Review Editors7年前

  78. スーチ・サリア(ジョンズ・ホプキンズ大学)
    敗血症になる危険性を、既存の医療データに基づいて正確に予測するアルゴリズムを作成した。 MIT Technology Review Editors7年前

  79. アマンダ・ランドルス(デューク大学)
    人体を流れる血液をシミュレーションして、がん細胞の転移を予測する。 MIT Technology Review Editors7年前

  80. グレゴリー・ウェイン(ディープマインド)
    さらに洗練された機械を創造するための、脳についての知識の利用。 MIT Technology Review Editors7年前

  81. スヴェンヤ・ヒンダラー(フラウンホーファー研究所)
    生物分解性で再手術の必要性を無くす心臓弁のデザイン。 MIT Technology Review Editors7年前

  82. グレッグ・ブロークマン(オープンAI)
    AIに羞恥心を与えようと考えている研究者。 MIT Technology Review Editors7年前

  83. 気候を人工的に変えることで温暖化へ対応する地球工学の手法「成層圏注入」の初の屋外実験が始まる。リスクを指摘する声もある中で、なぜいま屋外実験が必要なのか。研究を主導するハーバード大学のデビッド・キース教授に意義を聞いた。 James Temple7年前

  84. 「人間はアルゴリズムを信頼しすぎ」グーグルの研究者らが警鐘
    人工知能がさまざまな判断に関与するになり、アルゴリズムが持つ「偏見」の問題が無視できなくなっている。にも関わらず、企業も政府もいまだ問題の解決に関心を持っていない。 Will Knight7年前

  85. 会話が続くチャットボット、
    秘密は第2言語の習得にあり
    すぐに会話が成立しなくなってしまうチャットボットをもっと賢くする方法が編み出された。事前に第2言語を学ばせることで効率よくチャットボットを訓練できるという。 Will Knight7年前

  86. 深層学習によって、コンピューターに人間の感情や皮肉を理解させる研究が進んでいる。将来、人間とロボットが共同で作業するには、ロボットが人間の感情を読み取ることが重要だ。 Will Knight7年前

  87. 電池切れでも墜落しない
    NASA開発の新技術で
    宅配ドローンは離陸するか
    宅配ドローンが実用化できない大きな理由の1つが安全性だ。電池切れやシステムトラブル時にもドローンが緊急着陸できる新しい技術がNASAの研究者によって開発されている。 Simon Parkin7年前

  88. ARがついにブレイク?99ドルのホロレンズ風スマホゴーグル
    99ドルで購入できるスマホ装着型の拡張現実(AR)ヘッドセットが登場する。ホロレンズのように現実にバーチャルの物体を重ねることもできる。ARヘッドセットとして初のヒット商品となるのだろうか。 Rachel Metz7年前

  89. ロボットスタートアップのフェッチ・ロボティクスでは、約50人のスタッフと125体以上のロボットが働いている。ワイズCEOは、人間とロボット、どちらに対しても雇用の機会を増やしていくつもりだ。 Tom Simonite7年前

  90. 米国の裁判所や金融機関では多くの場面で、被告人や顧客に対する意志決定に自動化システムを使っている。機械を使えば、人間の持つ偏見をなくして公平な判断を下すことが可能になるのだろうか。 Matthias Spielkamp7年前

  91. 未来のデスクトップがやってくる!
    拡張現実スタートアップ企業「メタ」が描く未来のワークスペースには、空中に貼り付ける付箋や、たくさんのジェスチャーが登場する。MITテクノロジーレビューの編集者が実際に体験してきた。 Rachel Metz7年前

  92. 「ムーアの法則」終了で
    コンピューター業界は
    AI需要にどう対応するか
    先端的な機械学習の分野では膨大なコンピューター・リソースが必要だ。「ムーアの法則」が終わった現在、コンピューターチップにも変革が求められる。 Tom Simonite7年前

  93. オープンソースでカワイイ♥音声アシスタントが登場
    アマゾン・エコーのようなホームアシスタントが米国で人気だ。あるスタートアップ企業が手掛ける「かわいい」音声アシスタントの狙いは、デバイスへの組み込みにある。 Rachel Metz7年前

  94. アルファ碁は
    プロゲーマーも倒せるか?
    アルファ碁のようなAIプログラムでも、世界的な人気ゲーム「スタークラフト」でプロゲーマーに勝つことは難しいかもしれない。 Yoochul Kim and Elizabeth Woyke7年前