KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】ひと月あたり1000円。
お得に購読できるキャンペーン実施中!
発明家
JON HAN
35歳未満のイノベーター35人 2017発明家
AIから太陽光発電、心臓弁まで、テクノロジーをより実用的で欠かせないなものにするためのブレークスルーを創り出す。

Ian Goodfellow イアン・グッドフェロー (31)

所属: グーグル・ブレイン

ラベル付けした訓練用データを使わずにニューラルネットワークの学習を改善する方法を考案した。

数年前、モントリオールのパブでの白熱した議論の後、イアン・グッドフェロー博士はAI(人工知能)における最も興味をそそるアイデアのひとつを思いついた。ゲーム理論を応用することにより、世界がどのように機能しているのかを、AI自身に効率よく教え込める機械学習システムの方法を考案したのだ。この方法を使えば、人間が苦労してラベル付けした訓練用データを用意しなくても、コンピューターをより賢くできる可能性がある。

グッドフェロー博士は、人間の指示なしでニューラル・ネットワークを学習させる方法について研究していた。通常、ネットワークが効率よく学習するためにはラベル付けした訓練用データが必要だ。ラベルの無いデータを使って学習することもできるが、あまりうまくいかないことが多い。グーグル・ブレイン(Google Brain)の研究者であるグッドフェロー博士は、2つのニューラル・ネットワークが協力して動作したらどうだろうと考えた。1つめのネットワークがデータセットについて学習して訓練用データを作成し、もう1つのネットワークに本物か偽物かを判別させる。そうすれば、1つめのネットワークがパラメータを微調整して改善できるかもしれない。

パブから戻った後、グッドフェロー博士は、「競争式生成ネットワーク(GAN:generative adversarial network)」と名付けた最初のプログラムコードを作成した。ニューラルネットワーク同士を競わせるGANのアプローチは、ラベル付けしていないデータによる学習を大幅に改善した。GANはすでに、見事な芸当を見せてくれている。 例えば、収集した写真の特性を習得することにより、ピクセル化された画像の解像度を向上させられる。ほかにも、本物そっくりな模造写真を作ったり、画像に特定の芸術スタイルを適用したりできる。グッドフェロー博士は「GANはAIに、一種の想像力を与えていると考えられます」と語る。

(ウィル・ナイト)

人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
人気の記事ランキング
  1. Going bald? Lab-grown hair cells could be on the way 幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
  2. The worst technology of 2021 MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
  3. These are the most detailed photos yet of the far side of the moon 中国、過去最高解像度の「月の裏側」写真を公開
  4. The metaverse has a groping problem already メタのバーチャル空間でさっそく痴漢行為が発生、安全策は?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る