KADOKAWA Technology Review
×
狙われる産業プラント、
業務用スマホアプリに「穴」
Eni | Flickr
コネクティビティ Insider Online限定
Hackers Could Blow Up Factories Using Smartphone Apps

狙われる産業プラント、
業務用スマホアプリに「穴」

大規模な製造工場や製油所などの産業プラントの現場でも、いまやモバイルアプリの利用が進んでいる。だが、産業制御システムにセキュリティ・ホールがあれば、機械だけでなくプラント全体がダメージを受ける可能性がある。 by Martin Giles2018.02.08

多くの企業で、作業員たちはモバイルアプリ経由で、機械や、ときには産業プロセス全体を監視し管理している。こういったアプリは作業効率の向上に役立つが、一方でサイバー攻撃のターゲットを作り出してしまう。最悪の場合、ハッカーはアプリの欠陥を悪用して機械を破壊できる。それどころか、工場全体を破壊することすら可能かもしれない。

IOアクティブ(IOActive)のアレキサンダー・ボルシェフと、エンベディ(Embedi)のイヴァン・ユシュケヴィッチの2人のセキュリティ研究者は、2017年、シーメンス(Siemens)やシュナイダー・エレクトリック(Schneider Electric)といった企業の34個のアプリを検査した。アプリはグーグル・プレイ・ストアから無作為に選ばれたもので、2人はこれらのアプリから合計で147個のセキュリティ・ホールを発見している。ボルシェフはどの企業のアプリが最も多くの欠陥を持っていたのかについては明言を避け、特定のアプリの欠陥を明らかにすることもしなかった。しかし、まったく欠陥のなかったアプリは34個のうち2個だけだったという。

2 …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る