KADOKAWA Technology Review
×
年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
Facebook Releases Code to Let Computers See More Like Us

フェイスブックの偉業
画像認識アルゴリズムに革命

画像内の物体を個別に認識するフェイスブックのテクノロジーにより、Photoshopのような画像編集ソフトや、ポケモンGOのような仮想現実アプリが大きく進化する可能性がある。 by Will Knight2016.08.26

視覚的に世界を認識するには、たとえばネコを見て認識するだけでは不十分だ。どこまでがネコで、どこからが背景かを認識する必要がある。

フェイスブックが開発し、25日に他の研究者にも公開されたコンピューター・ビジョン・アルゴリズムによって、コンピューターは視覚的に世界を認識できるようになった。フェイスブックのアルゴリズムは、画像に何があるかだけでなく、特定の物体に対応する形状も認識できる。簡単なトリックで実現しているように思えるが、正確に認識するようにコンピューターをプログラムするのはとても困難で、従来のビジョン・システムの性能を上回るテクノロジーだ。

現時点では、フェイスブックのアルゴリズムは、単なる研究ツールだ。しかし、将来的には、多くの重要なアプリケーションを生み出すかもしれない。

  • Photoshopのような画像処理プログラムが自動的に背景を変えたり、写真内の人物だけを明るくしたりする
  • 目の不自由なユーザーに、コンピューターの画面の内容を音声で説明する
  • ポケモンGoのような拡張現実ゲームをさらにリアルにするため、ピカチューがよじ登れる物体を認識する
Different objects are highlighted in images fed through Facebook’s algorithm.
フェイスブックのアルゴリズムによって、画像内の異なる物体が色分けされている

コンピューター・ビジョンの分野が最近飛躍的に進歩しているといっても、主に進歩しているのはある画像に何が写っているか、場面全体はどうなっているか、の認識だった。しかし、研究者はより詳細な画像認識に目を向け始めており、機械を、全体的にさらに知的にしようとしている。(「The Next Big Test for AI: Making Sense of the World」)。

研究に関わったフェイスブックのラリー・ジトニック研究部長は、「コンピューターにとって最も難しいことのひとつは、現実(実際にそこにあるもの)を理解することです。画像内の物体を個別に認識することは、場面推論にとって欠かせない要素技術なのです」

ジトニック研究部長によると、アルゴリズムは最終的に、フェイスブックに掲載される画像内の製品を自動的に区別するシステムの開発に使われたり、さらにリアルな拡張現実アプリを構築したりするために使われる、という。

「もしユーザーが子犬を仮想的に部屋に置きたいと思ったら(ポケモンGOのように単に部屋の画像に重ね合わせるのではなく)、ユーザーは子犬をソファーの上に、しかもソファーの特定の場所に置きたいと実際には思いますよね」

多くのサンプルで画像を分類するようにニューラルネットワークを訓練する大規模なシミュレーションにより、この数年間でコンピューター・ビジョンは大きく進展した。このような「深層学習」システムは一般的に、色や模様など、さまざまな特徴を認識するが、物体の輪郭は必ずしも理解できない。

フェイスブックのアルゴリズムは、この種の「画像分割」を実現するために、3つのニューラルネットワークを組み合わせた。はじめに2つのネットワークで個々のピクセルがある物体の一部なのか他の物体の一部なのかを見極める。最後にもうひとつのネットワークで、特定の物体が何であるのかを見極める。

コンピューター・ビジョンを専門にするUCLAのステファノ・ソアト教授は、研究は「非常に意義深く」また画像分割は難易度が高く、実現できていなかったため、今後たくさんのアプリケーションができるだろうという。

「どの2歳児でも、画像内の物体を指さしたり、輪郭をトレースしたりできます。しかし、だからといって簡単にできることではないのです。何百万年にわたる進化と、脳の半分の機能を動員してなし得る技なのです」

人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
ウィル ナイト [Will Knight]米国版 AI担当上級編集者
MITテクノロジーレビューのAI担当上級編集者です。知性を宿す機械やロボット、自動化について扱うことが多いですが、コンピューティングのほぼすべての側面に関心があります。南ロンドン育ちで、当時最強のシンクレアZX Spectrumで初めてのプログラムコード(無限ループにハマった)を書きました。MITテクノロジーレビュー以前は、ニューサイエンティスト誌のオンライン版編集者でした。もし質問などがあれば、メールを送ってください。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made 史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
  2. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  3. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  4. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る