KADOKAWA Technology Review
×
地上30階で働く未来の仕事
女性技術者が語った
「誇り」と「やりがい」
Photos provided by Meredith Halfpenny
ビジネス・インパクト Insider Online限定
Job of the future: Wind farmer

地上30階で働く未来の仕事
女性技術者が語った
「誇り」と「やりがい」

風力エネルギー産業の成長は著しく、風力タービンの設置・メンテナンス業は米国で急成長している仕事の1つだ。その現場は、いわゆる荒くれ男たちの過酷な現場と思われがちだが、約400基の建設に携わった女性技術者は再生可能エネルギーに携わるやりがいがあるという。 by Erin Winick2018.01.30

30階以上の高さで働く人のほとんどは、超高層ビル内の安全な場所で仕事をする。一方、メレディス・ハーフペニーは仕事中に、風力タービン上で髪がそよ風になびくのを感じる。

ハーフペニー自身の推定によると、これまでに建設に携わった風力タービンは約400基。1200回以上にわたって、巨大なタワーを昇り降りしてきた。ハーフペニーが就いているのは、間違いなく未来の仕事だ。ハーフペニーのスキルは勤務地であるカナダのオンタリオ州だけでなく、国境南部に隣接する米国でも大きな需要がある。2017年、米国労働統計局は、米国で2番目に急成長している職業の代表として風力タービン技術者を挙げた。2026年には風力タービン技術者の数は2倍以上に増加するという(最も急成長すると予測された職業は太陽光パネル敷設者)。

「人々はいくらかの不安を抱いていると思います。風力発電が新しい技術であり、人々は変化を受け入れにくいからです。この第一世代の時代が終わり、私たちがこの新しい技術とともに前進すれば、より多くの人に受け入れられる分野になるでしょう」。MITテクノロジーレビューのイ …

こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35 」の日本版が候補者を募集している。特定の分野や業界だけでなく、世界全体の重要な課題を解決するイノベーターを発信していく。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 2021
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4/Summer 202110 Breakthrough Technologies

新型コロナウイルス・ワクチンの開発で脚光を浴びた「メッセンジャーRNA」技術から、人間並みの文章を自在に生成できる人工知能(AI)技術「GPT-3」、電気自動車(EV)普及の鍵を握る「次世代バッテリー」まで。MITテクノロジーレビューが選んだ「世界を変える10大テクノロジー」。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る