KADOKAWA Technology Review
×
食糧問題解決へ向け、AIで農業を変革——グーグル「X」統括者語る
Jeremy Portje
知性を宿す機械 無料会員限定
Exclusive: Alphabet X is exploring new ways to use AI in food production

食糧問題解決へ向け、AIで農業を変革——グーグル「X」統括者語る

アルファベット(グーグル)傘下の秘密研究所「X」を統括するアストロ・テラーが「EmTechデジタル」に登壇し、既存の農業に革命を起こすために、機械学習と他のテクノロジーを組み合わせる方法を考えていると話した。 by Martin Giles2018.03.30

アルファベット(グーグル)傘下のXは秘密主義の研究所だ。世界の最大級の問題に対し、革新的で壮大な解決策を見つけるという任務を託されている。Xは現在、人工知能(AI)によって食糧生産を劇的に向上させる方法を探究している。Xを統括するアストロ・テラーが、3月27日にサンフランシスコで開催されたMITテクノロジーレビュー主催の年次カンファレンス「EmTechデジタル」に登壇し、その計画を明らかにした。

テラーは、Xのチームはまだ特定のアプローチに的を絞ったわけではないとして、具体的な例を示すことは避けた。しかし、機械学習を、ドローンやロボット工学のような分野の進歩とどのように組み合わせたら農業技術を進歩させられるかを探っているとほのめかした。

Xにとって注目に値するプロジェクトは、3つの基準を満たしていなければならない。まず、何百万人あるいは何十億人もの人々に影響している問題を解決する可能性を秘めていること。そして、大胆でSFのように聞こえるテクノロジーを含んでいること。最後に、5年から10年以内に達成できる見込みが、かすかにで …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月120本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る