KADOKAWA Technology Review
×
「シリコンバレーの外」こそ、AI活用を——ファストAI共同創業者
Jeremy Portje
The startup diversifying the AI workforce beyond just “techies”

「シリコンバレーの外」こそ、AI活用を——ファストAI共同創業者

ファストAI(Fast.ai)の共同創業者レイチェル・トーマスは、AIの世界により多くの視点をもたらす必要性を訴えている。 by Jackie Snow2018.03.28

レイチェル・トーマスは、誰もが人工知能(AI)人材として加わることを求めて、実際に実現しようとしている。

3月27日にサンフランシスコで開催されたMITテクノロジーレビューの年次カンファレンス「EmTechデジタル」で、ファストAI(Fast.ai)のレイチェル・トーマス共同創業者は、AIは考えられているほど近付きがたいものではないと主張した。ファストAIは、深層学習に関する無料講座を提供している企業だ。

ステージに上がったトーマスは、博士号や大規模なデータ・セット、高価なコンピューティング能力へのアクセスといった、AIの世界で働くために必要とされる要件はステレオタイプであるとの見方を示した。こうした要件に反する事例の1つとして紹介したのが、トーマスの生徒の一人が作成したニューラル・ネットワークだ。このニューラル・ネットワークは、30個のデータポイントさえあれば十分な訓練ができるという。トーマスはまた、1時間あたりのわずか45セントで利用できるクラウドベースの画像処理装置(GPU)の有用性についても言及した。

「人工知能(AI)を使うことへの障壁は、みなさんが思っているよりも低いかもしれません」とトーマスは呼びかける。

シリコンバレーの範囲外の問題に取り組むAIを作成するには、多様な観点が不可欠だ。 トーマスは、ヤギの乳房の健康状態をよりよくモニターするアルゴリズムを開発するためにファストAIの講座に申し込んだ、ある農業従事者の実例を詳しく話した。

「他の誰も知らない問題について知っているのは、あなたなのです」。

トーマスは、AIの世界がより多くの多様性を持つことは、現在、AI産業を悩ませているバイアスや公平性の問題についても役立つと考えている。 チームの多様化が進めば、 黒人を「ゴリラ」 に分類するグーグルの写真アプリや、 プロパブリカによって発見された保釈決定で使われているアルゴリズムに含まれる暗黙の人種差別などの問題を防げると考えている。

「AIの領域は少し近づきにくいものだと思われていますが、みなさん全員がAIの世界に参加してくれることを本当に必要としているのです」。

人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Russia’s battle to convince people to join its war is being waged on Telegram ロシア内戦の舞台は「テレグラム」、親プーチン派と反戦派が激突
  5. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
jackie.snow [Jackie Snow]米国版
現在編集中です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
  3. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  4. Russia’s battle to convince people to join its war is being waged on Telegram ロシア内戦の舞台は「テレグラム」、親プーチン派と反戦派が激突
  5. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る