ロボット工学

Drone Security Guard Scolds Intruders from the Sky 非武装の警備ドローンは
警備員の職を奪えるか?

侵入者への警告灯の発光とスポットライトの照射により、警備コストを減らす非武装の無人航空機がある。 by Tom Simonite2016.09.21

ドローンは大きなブーンという音と共にゆっくりと向きを変え、赤と青の光を点灯させて、スポットライトの付いた目でまさに私を捉え、ドローンの2台ある拡声器から、流暢な自動音声で「セキュリティ通知です。この区域は立ち入り禁止です」と警告された。

スタートアップ企業の アプトノミーは、 侵入者に警告を与えることで、人間の警備員よりも安価に、カメラやアラームよりも効果的に工場や倉庫などの施設への立ち入りを防せると考えている。

サンフランシスコ湾の旧海軍基地トレジャーアイランドにあるアプトノミーの実験エリアで、ドローンによる警備のデモンストレーションがあった。ミハイル・ピボトラク共同創業者は、同社のドローンは来年にも警備任務に就けるよう準備中だという。すでにある建設会社と共同で試験飛行中であり、関心を示す石油精製所もあるという。

ドローンは1メートル強の大きさで、 航空写真撮影用の8枚のプロペラの付いた機体に、専用の電子機器とセンサーを追加して製造された。制御システムのほか、 アプトノミーは侵入者対策に、青と赤のライト、白色光のスポットライト、2台の拡声器も装備させた。ドローンは昼夜兼用カメラでビデオ映像を撮影でき、遠くにても人物を容易に捉えられる赤外 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。