KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

ブロックチェーン 2019年5月の記事

  1. Ethereum’s foundation is pumping $30 million into “transformative” upgrades
    イーサリアム財団、大規模アップグレードに3000万ドル投資
    イーサリアム財団は、「イーサリアム 2.0」をはじめとする主要なイーサリアム関連プロジェクトに合計3000万ドルを拠出する。だが、財団が巨大な力を持つことは、非中央集権化のイーサリアムの理想との矛盾もある。 by Mike Orcutt2019.5.31
  2. 通貨の暴落が止まらず、経済危機に陥っているアルゼンチンで、暗号通貨を普及させようとする企業の動きが活発になっている。米ドルでの「タンス預金」の代わりに「ステーブルコイン(安定通貨)」を売り込み、ペソ暴落の影響を避けられるという。 by Kristin Majcher2019.5.30
  3. ブロックチェーン・テクノロジーは「誰が」「どう」使うべきか?
    ブロックチェーンは夢のようなテクノロジーとしてここ数年、もてはやされてきた。その本来の価値はどこにあるのだろうか。 by Yasuhiro Hatabe2019.5.29
  4. 暗号通貨に春の兆し?ブロックチェーン・ウィークで感じた変化
    ニューヨークで開催された全米最大の暗号通貨の年次イベントは、前回に比べると参加者が半減し、溢れるような活気は失われていた。だが「暗号通貨の冬」を乗り越えた業界には、春の兆しが訪れているようだ。 by Mike Orcutt2019.5.29
  5. フェイスブックの暗号通貨「グローバルコイン」は2020年発行か
    フェイスブックが秘密裏に取り組んでいるデジタル通貨の立ち上げが、いよいよ大詰めに入りつつあるようだ。「グローバルコイン(GlobalCoin)」という内部名称が明らかになったほか、イングランド銀行総裁や米財務省と会談したり、数十社におよぶ金融会社やインターネットショッピング業者に参加を呼び掛けたりしているという。 by Mike Orcutt2019.5.27
  6. China’s ubiquitous digital payments processor loves the blockchain
    中国巨大フィンテック企業がブロックチェーンに注力する理由
    中国政府は暗号通貨については否定的な立場をとっているが、ブロックチェーン技術を基盤とするアプリの開発については好意的だ。アリババ傘下のフィンテック企業であるアント・フィナンシャルは、国内産業の振興を支援するため、ブロックチェーンベースのアプリをいくつも開発している。 by Mike Orcutt2019.5.7
  7. Millions of people might soon be using cryptocurrency without knowing it
    ネット弁護士サービス、暗号通貨で「支払い」も自動化
    暗号通貨をメインストリームの消費者向けアプリケーションで使った事例はいまだ登場していない。オンライン法律サービスの会社であるロケット・ロイヤーが5月中に提供開始するサービスは、実際にブロックチェーンを支払いに使う初の実用例となるかもしれない。 by Michael Reilly2019.5.7
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る