KADOKAWA Technology Review
×
【今週水曜26日開催】1800人が参加した「生成AI」第3弾。イベント申込受付中!

人間とテクノロジー 2019年8月の記事

  1. Longer, healthier lives will spark a new generational conflict
    健康長寿社会がもたらす新しい世代間対立の可能性
    将来、医学の進歩により、より健康的な高齢者が現役を退く時期がますます延びたらどうなるのだろうか。ロンドン大学の哲学者レベッカ・ローチ博士は、80代が政治、文化、そして経済を牛耳るようになった社会では、各世代の役割に対する現代の考え方はあまり意味をなさなくなると考えている。 by Rebecca Roache2019.8.29
  2. オバマ政権の医療保険制度改革を主導した医師で医療倫理学者のエゼキエル・エマニュエルが5年前に発表したエッセイは、大きな反響を呼んだ。75歳以上の延命処置は拒否すると語るエマニュエル医師は、「高齢の米国人がよぼよぼの状態で長く生き過ぎている」と主張する。62歳になった現在、発言の真意を聞いた。 by Stephen S. Hall2019.8.26
  3. アプリを使って交際相手や結婚相手を見つけることはいまや極めて一般的になった。米国のあるスタートアップ企業は、人工知能(AI)を活用した出会い系アプリを提供することで、25億ドル産業に新風を巻き起こそうとしている。 by Tanya Basu2019.8.21
  4. あなたを襲う「ストーカーウェア」の知られざる脅威
    交際相手などのスマートフォンにひそかにインストールされ、相手の位置情報やメッセージを監視する「ストーカーウェア」が広まっている。被害者や識者は、虐待的な関係を生み出す温床となるアプリに対する審査の強化を訴えている。 by Charlotte Jee2019.8.16
  5. 心理学者は長い間、人間以外の身体も含む異なる身体に対する「所有」感の錯覚を研究してきた。VR(実質現実)技術を使って、身体所有感の限界を調べた最新の実験では、人間は場合によっては、人間型の身体よりも、人間型以外の身体に対して所有感の錯覚を起こしやすいことが分かった。 by Emerging Technology from the arXiv2019.8.8
  6. Facebook is funding brain experiments to create a device that reads your mind
    「脳タイピング」実現へ前進、フェイスブックがUCSFに資金提供
    フェイスブックが2年前に発表した脳インターフェイス開発に関する研究の一部が明らかになった。カリフォルニア大学サンフランシスコ 校(UCSF)の研究チームの「話し言葉の解読装置」の開発に資金提供しているという。 by Antonio Regalado2019.8.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る