KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

宇宙 2020年3月の記事

  1. A Russian satellite is probably stalking a US spy satellite in orbit
    ロシアの人工衛星が米国のスパイ衛星に接近、ストーキングか?
    人工衛星の軌道上で1月、ロシアの衛星が、米国のスパイ衛星に接近し、ぴったりと後をついてくるという出来事があった。ロシアは、米国のスパイ衛星に関する情報を収集するために、自国の衛星にこのような操作をしているものと見られ、こうした出来事が今後、繰り返し発生することは、ほぼ確実だ。 by Neel V. Patel2020.3.5
  2. 「ムーンラッシュ」に乗り遅れるな!注目の月ミッション17
    宇宙開発と月探査は現在でも大きな名誉と栄光をもたらす事業であると考える人もいるかもしれない。しかし、今、起こりつつある「ムーンラッシュ」に参加している国や企業の多くは、月に埋蔵されている貴重な資源に、誰よりも先にたどり着くことを目的としている。 by Neel V. Patel2020.3.3
  3. 人工衛星メガコンステレーションは宇宙開発をどう変えるのか?
    人類初の人工衛星である「スプートニク」の軌道投入から63年たった現在、従来の人工衛星は、数百以上もの衛星から成るネットワークである「メガコンステレーション」に取って代わられようとしている。今後人類は月や火星など、どこへ行くにも人工衛星コンステレーションを携えるようになるだろう。 by Ramin Skibba2020.3.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る