KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2020年9月の記事

  1. Synthetic biologists have created a slow-growing version of the coronavirus to give as a vaccine
    かつて人類が天然痘とポリオに打ち勝ったのは、生きたウイルスを用いたワクチンのおかげだった。合成生物学者は、毒性を弱めた新型コロナウイルスを使った生ワクチンを開発し、COVID-19に打ち勝とうとしている。 by Antonio Regalado2020.9.25
  2. 新型コロナで多大な犠牲を払ったブラジルは世界の指標となるか?
    ブラジルの都市マナウスでは、5月に新型コロナウイルスによる医療崩壊が起こり、多くの人々が死亡する最悪の感染状況に陥った。しかし、それ以降、新規感染件数と死者数は急速に低下しており、その理由は集団免疫の獲得によるものかもしれない。 by Antonio Regalado2020.9.24
  3. 英アストラゼネカ、新型コロナワクチン治験を中断 深刻な副反応
    英アストラゼネカは、世界的に実施していた新型コロナウイルス感染症ワクチンの治験で、被験者が深刻な副反応を示したため治験を中断した。 by Charlotte Jee2020.9.11
  4. 誰が、遺伝子編集ベビーの誕生を認められるべきなのか?
    CRISPRで遺伝子を編集されたベビーが2018年に中国で誕生した件を受けて、全米アカデミーズと英国王立協会の科学者たちは、どのような場合にCRISPRを実際の治療に適用すべきかという指針を示す200ページ超の報告書を発表した。 by Antonio Regalado2020.9.9
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る