KADOKAWA Technology Review
×
マガジン刊行記念「Vol.1 AI Issue」を新規購読でプレゼント。
さらに割引も。
英アストラゼネカ、新型コロナワクチン治験を中断 深刻な副反応
Associated Press
AstraZeneca has paused its vaccine trial after a participant fell ill

英アストラゼネカ、新型コロナワクチン治験を中断 深刻な副反応

英アストラゼネカは、世界的に実施していた新型コロナウイルス感染症ワクチンの治験で、被験者が深刻な副反応を示したため治験を中断した。 by Charlotte Jee2020.09.11

英国の製薬会社であるアストラゼネカ(AstraZeneca)は、世界的に実施していた新型コロナウイルス感染症(COVIID-19)ワクチンの治験の第3相臨床試験で、英国人被験者が深刻な症状を示したことで、治験を中断した。「重篤な有害反応」とみられる症状がワクチン接種によるものなのか、単なる偶然なのかは不明だが、スタット(STAT)によると同被験者は回復する見込みだという。治験の再開がいつになるかは分からないが、アストラゼネカはこれまでに集めた安全データを全て見直し、他の9カ所で実施されている第3相試験の研究者も、同様の副反応を示したケースがないか精査する。

悲観するのは早い。こういった場合に治験が中断されるのは標準的な措置だ。試験が中断されれば、新規被験者の参加登録と既存被験者への投与も見送られる。ワクチン開発にとっては一歩後退だが、一時的なものにすぎないだろう。開発スケジュールと治験の結果に政治的なプレッシャーがかる中で、標準的な安全措置が取られ続けているのは心強い。米国のトランプ大統領は、11月3日の大統領選挙前にワクチンの完成を発表したがっているが、これには対立候補のジョー・バイデンだけでなく、製薬会社も激しく抵抗している。臨床試験が最終ステージに入っている製薬会社全9社の最高経営責任者(CEO)らは9月8日、「科学的立場を取り」、ワクチンを接種された個人の安全と健康を最優先とし、第3相試験で安全性と有効性が示されたワクチンだけを承認申請するという宣誓書に署名した

アストラゼネカのワクチン候補は世界的なワクチン開発競争の先頭を走っており、2020年末までに承認が得られるだろうと同社は予測していた。このワクチンは、チンパンジーアデノウイルスを改変して人間に対して無害化させ、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が持つタンパク質の遺伝子を組み込んだものだ。そのアデノウイルスが免疫系を刺激して、新型コロナウイルスに対する防御反応を示すよう設計されている。以前に実施した治験では、1000人の被験者のうち60%が、発熱・頭痛・筋肉痛などの副反応を示したが、いずれも症状は軽く、すぐに治まった。英国の慈善研究団体「ウェルカム(Wellcome)」のワクチン・プログラムを率いるチャーリー・ウェラー医師は、「どんなワクチン開発でも安全が第一ですから、調査が実施されている間は治験を中断させるのは正しい判断です」と語った。

(関連記事:新型コロナウイルス感染症に関する記事一覧

 

人気の記事ランキング
  1. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  2. The human cost of a WeChat ban: severing a hundred million ties 中国と世界をつなぐ 「ウィーチャット禁止」の 深刻すぎる影響
  3. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
  4. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  5. It’s too late to stop QAnon with fact checks and account bans SNSで存在感増す陰謀論、 「Qアノン」とは何か?
シャーロット・ジー [Charlotte Jee]米国版 ニュース担当記者
米国版ニュースレター「ザ・ダウンロード(The Download)」を担当。政治、行政、テクノロジー分野での記者経験、テックワールド(Techworld)の編集者を経て、MITテクノロジーレビューへ。 記者活動以外に、テック系イベントにおける多様性を支援するベンチャー企業「ジェネオ(Jeneo)」の経営、定期的な講演やBBCへの出演などの活動も行なっている。
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.1/Autumn 2020AI Issue

技術動向から社会実装の先進事例、倫理・ガバナンスまで、
AI戦略の2020年代のあたらしい指針。

詳細を見る
人気の記事ランキング
  1. A college kid’s fake, AI-generated blog fooled tens of thousands. This is how he made it. 大学生がGPT-3で偽記事を作ってニュースサイトで1位になった方法
  2. The human cost of a WeChat ban: severing a hundred million ties 中国と世界をつなぐ 「ウィーチャット禁止」の 深刻すぎる影響
  3. IBM has built a new drug-making lab entirely in the cloud 化学実験を在宅で、IBMがロボット+AIでクラウド新サービス
  4. What has AI changed? 松尾 豊教授インタビュー:人工知能は世界と日本をどう変えたのか
  5. It’s too late to stop QAnon with fact checks and account bans SNSで存在感増す陰謀論、 「Qアノン」とは何か?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る