KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

コンピューティング 2020年9月の記事

  1. A patient has died after ransomware hackers hit a German hospital
    サイバー攻撃で病院のシステムが停止、救急患者が死亡=ドイツ
    サイバー攻撃によって人命が失われた事件がドイツで発生した。病院を狙ったランサムウェア攻撃によって救急搬送に遅れが出たという。もはやサイバー攻撃は経済的な被害だけに止まらない。 by Patrick Howell O'Neill2020.9.28
  2. 北朝鮮のハッカーたちは、暗号通貨取引所や銀行にサイバー攻撃をしかけて数十億ドル規模の強奪を繰り返している。しかし、実際に何かを購入するためには、盗んだ暗号通貨を米ドルやユーロ、中国元などに換金する必要がある。 by Patrick Howell O'Neill2020.9.24
  3. ロシアのハッカー集団が米大統領選に再照準、バイデン陣営攻撃か
    11月3日に実施予定の米国大統領選挙を前に、ロシア、中国、イランのサイバー諜報活動が活発化している。前回の大統領選ではトランプ陣営に有利に働いたハッキングや情報戦があったが、今回の事案を見るとそれが継続中であるようだ。by Patrick Howell O'Neill2020.9.17
  4. 悪名高いイスラエルのスパイウェア企業「NSOグループ」の共同創業者がMITテクノロジーレビューのインタビューに応じた。方針を転換し、諜報業界の透明性と説明責任を高めていくという。 by Patrick Howell O'Neill2020.9.17
  5. サウジアラビアのジャーナリスト殺害で、一躍その悪名が高まった世界的なスパイウェア企業は、不透明な企業運営を改めるために動き出していた。だが、企業側が主張する不正利用を防ぐ仕組みと実態との間には大きな乖離があり、自主規制だけでは不十分だ。 by Patrick Howell O'Neill2020.9.4
  6. How a $1 million plot to hack Tesla failed
    テスラ従業員、報酬100万ドルを蹴ってハッキング計画をFBIに通報
    従業員が勤務先にサイバー攻撃を仕掛ける「インサイダー脅威」は、特に悪質で気づかれにくい。ロシア人ハッカーの標的にされたテスラは、計画を持ちかけられた従業員がFBIに通報したため難を逃れたが、ハッカーは世界中で荒稼ぎしていたようだ。 by Patrick Howell O'Neill2020.9.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る