KADOKAWA Technology Review
×

人工知能(AI) 2023年2月の記事

  1. Why detecting AI-generated text is so difficult (and what to do about it)
    オープンAIがチャットGPTに「透かし」技術を組み込まない理由
    チャットGPTなどのAIが生成した文章があふれるようになり、それらを見分けるツールが求められている。AI生成文書検知ツールはいくつか存在しており、あらかじめウォーターマーク(透かし)を入れる方法もあるが、それぞれ課題がある。 by Melissa Heikkilä2023.2.21
  2. グーグルの独壇場だった検索市場に新たな時代が訪れようとしている。チャットGPTの登場を機に、巨大テック企業や新興企業が相次いで新しい検索サービスを発表しているのだ。by Will Douglas Heaven2023.2.20
  3. CNET炎上で物議、チャットGPTはジャーナリストの仕事を奪うか?
    オープンAIが開発したAI言語モデル「チャットGPT」をジャーナリストの仕事に活用しようという動きがある。AI言語モデルは、ジャーナリストから仕事を奪ってしまうのだろうか。 by Melissa Heikkilä2023.2.15
  4. 画像生成AI、元データをほぼそのまま出力 著作権侵害の恐れ
    画像生成AIモデルを用いて、訓練に使われた元画像を生成できることを示す研究結果が発表された。正確なコピーと言えるものはごくわずかだが、AI企業が著作権を侵害しているとするアーティストの主張を補強する可能性がある。by Melissa Heikkilä2023.2.9
  5. 生成AIが新章突入、Stable Diffusion共同開発元が動画版を発表
    画像生成AI「ステーブル・ディフュージョン」の最初のバージョンを開発した英国のスタートアップ企業が、映像を生成するAIを発表した。既存の映像にテキストや画像を指定すると、新しい映像に変換できるという。 by Will Douglas Heaven2023.2.8
  6. A watermark for chatbots can spot text written by an AI
    メリーランド大学の研究チームは、AIが書いた文章を見分ける「電子透かしアルゴリズム」を開発し、オープンソース言語モデルに実装して有効性を確認した。盗作の検出やネット上のボット対策に利用できるかもしれない。 by Melissa Heikkilä2023.2.7
  7. The EU wants to regulate your favorite AI tools
    2023年、EUのAI規制は「生成AI」ブームをどう変えるか?
    2022年は、ステーブル・ディフュージョンやチャットGPTなどの「生成AI」が人々を驚かせた年になった。2023年にAIの世界はどのように変わるのだろうか。EUのAI規制の行方にも注目だ。 by Melissa Heikkilä2023.2.1
  8. Here’s how Microsoft could use ChatGPT
    マイクロソフト製品はチャットGPTでどのように変わるのか?
    マイクロソフトはチャットGPTを開発したオープンAIに、今後数年間で合計数十億ドルを投資すると発表した。マイクロソフトは、チャットGPTをマイクロソフト・オフィスやビングなどの自社製品に組み込もうとしている。その結果、マイクロソフト製品はどのように変わるのだろうか。 by Melissa Heikkilä2023.2.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る