KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

人工知能(AI) 2023年3月の記事

  1. How AI experts are using GPT-4
    ついに登場の「GPT-4」をどう使う? 活用アイデアをまとめてみた
    オープンAIが新たに公開した大規模言語モデル「GPT-4」は、世界中を驚かせた「チャットGPT」以上に自然な受け答えを見せて、人々をさらに驚かせている。そのGPT-4を各界の専門家が、それぞれ独特な方法で活用し、その様子をネットに公開している。いくつか紹介しよう。 by Melissa Heikkilä2023.3.29
  2. AI画像生成モデルに根強く残る「バイアス」、確認ツールが登場
    DALL-E 2やステーブル・ディフュージョン(Stable Diffusion)といった人気のAI画像生成モデルは、有害なバイアスやステレオタイプを反映した画像を生成してしまうことがある。これらのモデルのバイアスを検知するオンライン・ツールが登場した。 by Melissa Heikkilä2023.3.28
  3. AI「使いすぎ」を訴える人工知能研究者の真意
    アルゴリズムのバイアス研究をリードするニューヨーク大学のブルサード准教授は、社会問題に人工知能(AI)を過剰に適用することで悪影響が生じていると論じている。その真意を聞いた。 by Tate Ryan-Mosley2023.3.28
  4. 大規模言語モデルのバイアス問題に「自己修正」の可能性
    大規模言語モデルの出力にバイアスが含まれていることが問題となっている。あるAIスタートアップの研究によると、単純な自然言語の指示で大規模言語モデルを操作することで、有害性の低いコンテンツを生成できるという。 by Niall Firth2023.3.27
  5. グーグル、チャットGPT対抗の「Bard」を米英で一般公開
    グーグルは3月21日、チャットGPTやビング・チャットに対抗する「バード(Bard)」を米国と英国でローンチした。ユーザーのフィードバックを得て、検索体験に不可欠な存在に育てたい考えだ。 by Will Douglas Heaven2023.3.22
  6. China tech giant Baidu releases its answer to ChatGPT
    バイドゥCEOはなぜ「不完全」な中国版チャットGPTを発表したのか
    バイドゥが「チャットGPT(ChatGPT)」の競合となる「アーニー・ボット(Ernie Bot)」を発表した。同社CEOは、完璧ではないと語っており、準備不足は否めない。それでも発表を急いだ事情がある。 by Zeyi Yang2023.3.18
  7. GPT-4 is bigger and better than ChatGPT—but OpenAI won't say why
    オープンAIが「GPT-4」を発表、性能向上も詳細は非公表に
    チャットGPTで世界を驚かせたオープンAIが、新しい大規模言語モデル「GPT-4」を公開した。チャットGPTやGPT-3に比べて大幅に性能が向上しているとアピールするが、技術的詳細については非公表だ。 by Will Douglas Heaven2023.3.16
  8. The entrepreneur aims to "Overtake Tesla" with fully autonomous self-driving cars
    青木俊介:完全自動運転EVで「テスラ越え」目指す起業家
    「テスラを追い越す」を標語に掲げる自動運転スタートアップのチューリング(TURING)。最高技術責任者(CTO)の青木俊介は、実際に自動運転自動車をゼロから丸ごと製造して、ユーザーの手元まで届けることを目指している。 by Kazumichi Moriyama2023.3.14
  9. How OpenAI is trying to make ChatGPT safer and less biased
    「大ボラ吹き」のチャットGPTをどうしつける? オープンAIに聞いた
    マイクロソフトは、提携関係にあるオープンAIが開発したAIチャットボット「チャットGPT」を、検索エンジン「ビング」に組み込んだ。その反響は大きく、あっという間に大量のユーザーを獲得した。しかし同時に、チャットGPTがとんでもないウソをつくことが話題になった。オープンAIはどう改善に取り組んでいるか。 by Melissa Heikkilä2023.3.12
  10. The inside story of how ChatGPT was built from the people who made it
    オープンAIが2022年11月に公開したチャットGPTは、瞬く間に爆発的なヒットとなった。だが、開発者にとっては予想外だったようだ。オープンAIでチャットGPTの開発に携わった4人に、開発に至った経緯や、公開後の世間からの反応、今後の構想について聞いた。 by Will Douglas Heaven2023.3.9
  11. Inside the ChatGPT race in China
    中国テック事情:中国でもチャットGPTバブル、成功者は出るか?
    中国でも「チャットGPT」は大きな話題となっている。この熱狂は、中国企業によるAIチャットボット開発を期待する声を呼んでいるが、現時点では難しいと言わざるを得ない。中国企業によるチャットGPTの模倣品の実現を阻む障壁がいくつかあるからだ。 by Zeyi Yang2023.3.8
  12. AI that makes images: 10 Breakthrough Technologies 2023
    画像を生成するAI:世界を変える10大技術 2023年版
    テキストから画像を生成するAIモデルは、創造の意味を私たちに問いかけている。「生成AI」が私たちをどこに連れて行くのか、2023年も注視する必要があるだろう。 by Will Douglas Heaven2023.3.6
  13. How to create, release and share generative AI responsibly
    生成AIはユーザーに告知を、オープンAIなど10社が自主ガイドライン
    生成AI(ジェネレーティブAI)の一大ブームの中、生成AIコンテンツに関する自主ガイドラインにオープンAIなど10社が署名した。AIが生成したコンテンツを使用する場合にはユーザーに告知するよう求めている。 by Melissa Heikkilä2023.3.3
  14. Why you shouldn't trust AI search engines
    マイクロソフトが不正確でもチャットGPTをBingに組み込む理由
    マイクロソフトは、同社が資金を提供しているオープンAIが開発したAI言語モデル「チャットGPT」を検索サービス「ビング(Bing)」に組み込んだ。検索結果の正確さの点では疑問が噴出しているが、それでもマイクロソフトの動きは注目を浴びている。 by Melissa Heikkilä2023.3.3
  15. AI image generator Midjourney blocks porn by banning words about the human reproductive system
    ミッドジャーニーが生殖器官の入力を禁止、生成AIの悪用防ぐには
    画像生成AI「ミッドジャーニー」で、プロンプト(指示テキスト)に生殖器官を指す言葉を使うことが禁じられていることが分かった。性的な画像や猟奇的な画像の生成を防ぐための一時的な措置だという。 by Melissa Heikkilä2023.3.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る