KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2023年3月の記事

  1. Brain stimulation might be more invasive than we think
    ニューロテクノロジー高まる期待、「侵襲的」の線引きは?
    うつ病などの治療を目的に、さまざまなニューロテクノロジーの手法が研究されている。脳を切開して電極を埋め込む方法は「侵襲的」とされる一方で「非侵襲的」とされる治療法は本当にすべてが非侵襲的ではないのだろうか。 by Jessica Hamzelou2023.3.31
  2. 「ミトコンドリア病」という重篤な遺伝疾患を防ぐ手段としての「3人の親」から子どもを作る手法は、完全な対策にはならないことが明らかになりつつある。 by Jessica Hamzelou2023.3.30
  3. 「魔法の薬」は効くか? バブル化する幻覚剤研究への期待と批判
    幻覚剤の研究が注目を浴びている。うつ病や不安症などの精神疾患に加えて、最近では「肥満の治療に効く」との論文も発表された。期待の一方で、過剰な「宣伝バブル」との批判も多い。 by Jessica Hamzelou2023.3.25
  4. 遺伝子編集ツール「クリスパー(CRISPR)」を利用して遺伝性疾患を治療する臨床研究が進んでいる。年内にも米国で最初の治療法が承認される可能性があるが、商業的な動機から、対象疾患が著しく偏っている。 by Antonio Regalado2023.3.16
  5. チャットGPTの大ヒットで話題のオープンAIのサム・アルトマンCEOが、アンチエイジング(抗老化)企業に個人で1億8000万ドルを投じていたことが本誌の独自取材で分かった。ユーリ・ミルナー、ジェフ・ベゾス、サウジアラビア王室など世界の名だたる大富豪が熱心に投資している分野に、注目の起業家が参戦する。 by Antonio Regalado2023.3.14
  6. How CRISPR could help save crops from devastation caused by pests
    農作物に深刻な被害を与える害虫をいかに駆除するか? 農家の苦悩に対し、害虫に遺伝子操作を加えること解決を目指す研究が進んでいる。実用化できれば、農家にとって大きな福音となりそうだが、遺伝子操作を加えた虫を自然に解き放つことで、問題が発生する可能性がある。 by Emma Foehringer Merchant2023.3.13
  7. Organs on demand: 10 Breakthrough Technologies 2023
    オンデマンド臓器:世界を変える10大技術 2023年版
    臓器移植を待ちながら、移植手術を受けられずに亡くなっていく人は多い。動物の臓器を移植する技術や、臓器の人工作成技術が実現すれば、臓器移植リストを過去の産物にできるかもしれない。by Antonio Regalado2023.3.6
  8. CRISPR for high cholesterol: 10 Breakthrough Technologies 2023
    高コレステロールのCRISPR治療:世界を変える10大技術 2023年版
    これまで遺伝子編集ツール「CRISPR」による治験は、希少な遺伝性疾患に限られていた。だが、CRISPRの新たな手法により、今後は、通常疾患の治療にも適用されるようになるかもしれない。by Jessica Hamzelou2023.3.6
  9. Ancient DNA analysis: 10 Breakthrough Technologies 2023
    古代人のDNA解析:世界を変える10大技術 2023年版
    損傷したDNAを解読可能にする新しい手法が登場し、わずかな手がかりから古代人のDNAを調べられるようになったことで、遠い過去に関する驚くべき事実が明らかになりつつある。by Hana Kiros2023.3.6
  10. How do I know if egg freezing is for me?
    保険化する「卵子凍結」ビジネス、透明性向上が不可欠
    将来子どもを持ちたいと考える女性の一部が、自身の卵子を凍結保存する道を選んでいる。だが、卵子凍結の成功率は多くの女性が考えているよりも低く、正確な情報を得るのは簡単ではない。 by Jessica Hamzelou2023.3.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る