KADOKAWA Technology Review
×

人工知能(AI) 2023年10月の記事

  1. Why it'll be hard to tell if AI ever becomes conscious
    AIは意識を持つようになるか? 判断が難しい理由
    意識を持つ機械を作ることは、テクノロジストの夢の一つだ。例えば、最近の大規模言語モデルは人間のように会話ができるが、意識を持っているかどうかをどうしたら知ることができるだろうか。 by Melissa Heikkilä2023.10.31
  2. 生成AIにアーティストが反撃、汚染データでモデルを壊す新技術
    AIによる画像の無断利用にアーティストたちが対抗する新たなツールが開発された。人間の目にはわからない加工を画像データに施すことで、この画像データを訓練に使った生成AIモデルを破壊できるという。 by Melissa Heikkilä2023.10.27
  3. 運動、食、書籍——生活に入り込むAI、持つべき心構えとは?
    AIスポーツジムトレーナーが登場し、AIが生成した本が書店に並ぶなど、AIが人間の生活に与える影響はますます大きくなっている。私たちは今後、AIに対してどのように接していったらよいのだろうか。 by Melissa Heikkilä2023.10.16
  4. AIに人間向けのテストを解かせる意味はあるのか?
    チャットGPT(ChatGPT)などの大規模言語モデルに、司法試験などの難関とされるテストを解かせて、その能力を高く評価する動きがある。しかし、大規模言語モデルに人間向けのテストを解かせることに、どれほどの意味があるのだろうか。 by Melissa Heikkilä2023.10.15
  5. 五十嵐歩美:すべての人に公平な社会を目指すアルゴリズム研究者
    東京大学大学院情報理工学系研究科准教授の五十嵐歩美は、限りある資源を数学理論に基づいて公平に分配する手法を追い求め、真に公平な社会の実現を目指している。 by Yasuhiro Hatabe2023.10.10
  6. Why Big Tech's bet on AI assistants is so risky
    チャットGPT進化でも残る、セキュリティ/プライバシー問題
    大規模言語モデルを使ったチャットボットに、メールやメッセンジャー、Web検索などを接続する動きが進んでいる。AIがメールを要約してくれるなど便利な面もある一方、セキュリティやプライバシーの問題が未解決だ。 by Melissa Heikkilä2023.10.10
  7. This robotic exoskeleton can help runners sprint faster
    狙うは100mの世界記録、短距離走向けロボット外骨格が登場
    短距離を全力で走るランナーをさらに速く走らせるように支援するロボット外骨格が登場した。装着したランナーを100m走の世界記録よりも速く走らせることが目標だという。 by Rhiannon Williams2023.10.6
  8. Large language models aren’t people. Let’s stop testing them like they were.
    チャットGPTが司法試験で合格点を取ったという今年3月の発表は衝撃を与えた。一方で、大規模言語モデルは人間なら子どもでも解ける問題につまずくことも明らかになっている。期待と不安が渦巻く中、AIの能力をどのように測るか、真剣に考えるべき時が訪れている。by Will Douglas Heaven2023.10.5
  9. The deepfake avatars who want to sell you everything
    中国テック事情:AI生成インフルエンサーで世界進出を狙う中国企業
    ライブコマースで大きな利益を上げている中国企業は最近、AIで生成した本物そっくりのインフルエンサーを使い始めた。AIが生成したインフルエンサーは多言語を話せるため、中国企業の宿願だった世界展開が加速する可能性もある。 by Zeyi Yang2023.10.4
  10. What's changed since the "pause AI" letter six months ago?
    マスクも署名した「AI開発6カ月停止」で何が変わったか?
    人類に対する脅威になるとして、GPT-4よりも高度なAIの一時開発停止を求める公開書簡が発表されて6カ月が経った。イーロン・マスクら著名人が署名したこの書簡をまとめたMITのマックス・テグマーク教授が、この半年間を振り返った。 by Melissa Heikkilä2023.10.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る