KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

生物工学/医療 2023年10月の記事

  1. This biotech CEO decided to take her own (fertility) medicine
    ニューヨークに拠点を置くスタートアップ企業ガメト(Gameto)は、体外受精にかかる期間を大きく短縮するテクノロジーを開発している。同社のCEOは、自社が開発している技術の実験に自ら参加した。 by Antonio Regalado2023.10.30
  2. 3000種類以上の細胞を特定、「脳アトラス」は何をもたらすか
    ヒトの脳細胞の位置とそれぞれの役割などを詳細に記述した「全脳細胞アトラス」が発表された。同様の試みは過去にもあったが、今回のアトラスは前例のない解像度で脳細胞を描き出している。 by Cassandra Willyard2023.10.24
  3. 炎症性腸疾患を早期発見、大腸菌入りの「飲む」センサー
    MITの研究チームが、炎症性腸疾患(IBD)の兆候を検出する錠剤大の飲み込めるセンサーを開発した。炎症に反応して光る大腸菌を利用し、体外に無線で送信する。 by Soumya Sagar2023.10.23
  4. 男女の免疫応答がどのように異なるか。その違いが病気や治療にどう影響するのか。長年、重要ではないと考えられてきた生物学的な性差をめぐる研究が、注目を浴びるようになってきた。 by Sandeep Ravindran2023.10.17
  5. 遺伝子編集で鳥インフルの蔓延を防ぐ、概念実証に成功
    鳥インフルエンザのせいで毎年何百万羽もの鳥が死に、最近では哺乳類の間にも感染が広がり始めている。英国の研究チームは、ニワトリの特定の遺伝子をクリスパーで編集すると、鳥インフルエンザにかかりにくくなることを実証した。by Abdullahi Tsanni2023.10.16
  6. Welcome to the AI gym staffed by virtual trainers 
    専属AIトレーナーが個別指導、スマート・スポーツジムが登場
    壁一面のLEDスクリーンやセンサーを設置し、AIトレーナーが個別指導する本格的なスポーツジムが米国で登場した。人間のトレーナーに抵抗感がある人にも利用しやすいのが特徴だ。by Rhiannon Williams2023.10.12
  7. mRNA vaccines just won a Nobel Prize. Now they’re ready for the next act.
    ノーベル賞受賞のmRNA技術は世界に何をもたらしたか?
    ペンシルベニア大学のカタリン・カリコ特任教授とドリュー・ワイスマン教授が、メッセンジャーRNA技術の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した。mRNAは新型コロナ・ワクチンの基盤技術として知られているが、その用途はワクチンにとどまらない。 by Cassandra Willyard2023.10.11
  8. Everything you need to know about artificial wombs
    解説:人工子宮とは何か? 実用化への道筋と倫理的問題
    人工子宮の臨床試験が近づいている。人工子宮は超未熟児に子宮に似た環境を提供する医療機器だ。研究はどこまで進み、どのような問題があるのか。現状を解説する。 by Cassandra Willyard2023.10.5
  9. Elon Musk wants more bandwidth between people and machines. Do we need it?
    イーロン・マスクのBCIで「脳の高速通信」は実現できる?
    脳インターフェース企業のニューラリンク(Neuralink)が被験者を募集している。同社のオーナーであるイーロン・マスクは新しい機器によって高速通信が可能になるという。専門家の意見を聞いた。 by Antonio Regalado2023.10.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る