KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2024年度候補者募集中!

倫理/政策 2023年12月の記事

  1. Get ready to fight misinformation in 2024. Eric Schmidt has advice.
    2024年、選挙の誤情報と戦う準備を グーグル元CEOの提言
    2024年は世界中で40以上の国政選挙が実施される。生成AIの登場やソーシャルメディアの変化によって、誤情報との戦いはより熾烈なものになっていくだろう。 by Tate Ryan-Mosley2023.12.21
  2. エリック・シュミット「生成AI時代の大統領選」に備える6つの提案
    2024年は米国をはじめ、多くの国で重要な選挙が予定されており、ソーシャルメディアに選挙をめぐる誤情報が氾濫する可能性が高い。グーグルの元CEOであるエリック・シュミットは、プラットフォーム事業者と規制当局に向けて6つの対策を提案する。 by Eric Schmidt2023.12.18
  3. EU AI法暫定合意、世界の「お手本」はなぜ難航したのか?
    本格的なAI規制法として動向が注目されてきたEUの「AI法(AI Act)」がようやく暫定合意に達した。なぜ難航したのか? 争点となったのが、イノベーションと規制をめぐるバランスだ。 by Tate Ryan-Mosley2023.12.12
  4. 令状なしで通信監視、米FISA 702条延長のゆくえは?
    CIAやFBI、NSAなどの米国の情報機関は、法律に基づき米国人と外国人の通信記録を令状なしで収集できる。この法律の更新期限が近づいてきた今、知っておくべきことをまとめた。 by Tate Ryan-Mosley2023.12.11
  5. 米議会を動かす、15歳のディープフェイク被害者が声を上げた理由
    米国のある高校生が、ディープフェイクポルノの標的にされたことをきっかけに、議員らに働きかけてAI法の改善を提唱している。フランチェスカと母親が、今回の事件について思いを語った。 by Tate Ryan-Mosley2023.12.10
  6. It's shockingly easy to buy sensitive data about US military personnel
    米軍人の個人情報、ブローカーから簡単に購入できることが判明
    米国の現役の軍人や退役軍人の詳細な個人情報が、データ・ブローカーから驚くほど簡単に購入できることがわかった。国家安全保障にも関わる軍人の情報が簡単に手に入るという事実は、関係者に衝撃を与えている。 by Tate Ryan-Mosley2023.12.6
  7. A high school’s deepfake porn scandal is pushing US lawmakers into action
    米国でディープフェイクポルノ規制が加速、高校生の被害受け
    10代の若者たちがAIを使って、30人以上の少女の卑猥な画像を同意なく作成したことを受け、議員たちが迅速な対応を見せている。こうした行為を犯罪として取り締まる法律を整備しようというのだ。 by Tate Ryan-Mosley2023.12.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る