KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中

コンピューティング 2024年1月の記事

  1. Trajectory of U35 Innovators: Suguru Endo
    遠藤 傑:量子コンピューター実用化を「誤り抑制」で早める理論家
    NTTコンピュータ&データサイエンス研究所の遠藤 傑は量子エラー抑制法の理論の中に自然法則の美しさを見いだしながら、実用的な量子コンピューターの早期実現に向けて研究を続ける。 by Yasuhiro Hatabe2024.1.19
  2. 2024年ブレークスルー・テクノロジー10:チップレット
    トランジスターをより小さくしてチップにより多く詰め込むことで性能を向上させるのが難しくなってきた現在、チップメーカーは、より小型でモジュール化した「チップレット」でムーアの法則の寿命を延ばそうとしている。by Mike Orcutt2024.1.19
  3. 2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:エクサスケール・コンピューター
    スーパーコンピューターはついに毎秒100京回の演算が可能なエクサスケールの時代に突入した。シミュレーションで実行できることの限界が広がることで、科学の各分野の進展が期待される。by Sophia Chen2024.1.19
  4. 2024年版ブレークスルー・テクノロジー10:Apple Vision Pro
    実質(VR)ヘッドセットは失敗の歴史にあふれている。だが、アップルが2024年後半に出荷を開始する、従来をはるかに超えた解像度とコントラスト比を備えた複合現実ヘッドセットは、ついに成功するかもしれない。 by Amy Nordrum2024.1.19
  5. テック業界の現在を形作ったオープンソースの過去と未来
    フリーでオープンなソフトウェアはテック業界を変え、その発展に大きく貢献してきた。社会や企業への「反抗」というルーツを持つオープンソース・ソフトウェアもまた、変化の渦中にある。 by Rebecca Ackermann2024.1.17
  6. We need a moonshot for computing
    次世代半導体覇権争い、米国に迫られる選択
    半導体における米国の長期的リーダーシップの確保を目指す「CHIP法」の成立から約1年半たった現在、米国政府は5年間を見据えた保守的な戦略をとるか、真のムーンショットを目指すかの選択を迫られている。 by PJ Maykish2024.1.3
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る