KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

生物工学/医療 2024年5月の記事

  1. That viral video showing a head transplant is a fake. But it might be real someday. 
    ネットでバズった「頭部移植」動画、夢の延命技術の実現性は?
    人間の頭部を丸ごと交換するという謎のスタートアップ「ブレインブリッジ」の動画が米国で話題を呼んでいる。一部メディアはニュースとして報じたが、その正体は架空企業によるバイラル動画だ。だが、一部起業家から密かに支持を得ている。 by Antonio Regalado2024.5.31
  2. 生命の起源は科学史上、長らく大きな謎に包まれてきた。複雑な相互作用で何が起きているのかを理解するため、科学者たちは機械学習の力を借りて研究のスピードアップを図っている。 by Michael Marshall2024.5.31
  3. 「小さな進歩」が人生を変える、脊損患者のための新装置の可能性
    外付けの機器で身体の外から電気刺激を加えて、身体機能を回復させる研究の成果は、比較的地味なものだった。だが、それこそが麻痺を負った人々が求めるものだ。 by Cassandra Willyard2024.5.29
  4. 重い月経に悩まされている女性は少なくないが、その悩みを解消する決定的な方法はまだ見つかっていない。月経を持つ動物は珍しく、本格的な研究が進まなかったためだ。しかし、ヒトの細胞から作るオルガノイドが、そうした状況を変えつつある。 by Saima Sidik2024.5.23
  5. 手術不要で麻痺患者の手を回復、電気刺激装置が実用化に近づく
    非侵襲的な電気刺激が上半身の機能回復につながることが判明した。装置は今年後半にも承認される可能性がある。by Cassandra Willyard2024.5.21
  6. How cuddly robots could change dementia care
    子犬、アザラシ——かわいい動物ロボットが認知症介護を変える日
    人工知能(AI)と技術の進歩によって、犬や子アザラシなどのかわいらしい介護ロボットの開発が進んでいる。介護労働者の不足を補い生活を豊かにする存在になるのだろうか。 by Cassandra Willyard2024.5.20
  7. Google helped make an exquisitely detailed map of a tiny piece of the human brain
    驚きに満ちた脳の「配線図」、グーグルらが史上最高解像度で3D地図化
    ハーバード大とグーグルのチームが、人間の脳細胞間のつながりを高解像度で表した3Dマップを作成した。脳の小さなサンプルを5000の断片にスライスして電子顕微鏡でスキャンし、機械学習を使ってつなぎ合わせた。 by Cassandra Willyard2024.5.13
  8. Scientists are trying to get cows pregnant with synthetic embryos
    精子や卵子を使わずに動物を生み出せるのだろうか。フロリダ大学の研究チームは、ウシの幹細胞から作った「合成胚」を使うことで、クローン羊「ドリー」の衝撃に続く「クローニング2.0」の実現を目指している。by Antonio Regalado2024.5.10
  9. Cancer vaccines are having a renaissance
    がん治療のルネサンス到来か、個別化mRNAワクチンの朗報続く
    研究者らはこれまで、がんワクチンについて長年研究してきたが、はかばかしい成果は得られなかった。だが、コロナ禍におけるmRNAワクチンの急速な進歩により、ようやく転換期に差し掛かろうとしている可能性がある。by Cassandra Willyard2024.5.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る