KADOKAWA Technology Review
×
アントニオ・レガラード 344 Stories
プロフィールを見る
  1. 生物工学/医療
    遺伝子編集臓器の研究で脳死下の身体が求められる理由
    異種間の臓器実験のために脳死状態の人の身体が求められている。遺伝子編集された異種の組織を使った、ヒトへの臓器移植の実験を始める企業や研究者が増えているからだ。Antonio Regalado12日前
  2. 生物工学/医療
    ブタの臓器利用で新展開、脳死患者に肝臓を3日間体外接続
    脳死状態の患者に遺伝子編集されたブタの肝臓を接続し、血液を循環させる試験が米国で実施された。複数のバイオテック企業が異種移植を目指しているが、臓器の体外利用が先行して進む可能性がある。Antonio Regalado32日前
  3. 生物工学/医療
    2024年ブレークスルー・テクノロジー10:初の遺伝子編集治療
    CRISPRによる遺伝子治療がいよいよ医療現場に導入され始めた。鎌状赤血球病はCRISPRによって克服される最初の病気であるが、料金は200万ドルから300万ドルになると予想される。Antonio Regalado36日前
  4. 人間とテクノロジー
    MITTRが選ぶ、
    「最低」なテクノロジー
    7選【2023年版】
    MITテクノロジーレビュー年末恒例の記事、その年の失敗したイノベーションのリストを発表する。今年はタイタン潜水艇、実験室育ちの鶏肉、GMのロボタクシーなどをピックアップした。Antonio Regalado58日前
  5. 生物工学/医療
    世界初となる、遺伝子編集技術CRISPRを利用した鎌状赤血球症の治療法を発売したばかりのバーテックス・ファーマシューティカルズは、もう別の治療法の開発に取り組んでいる。 Antonio Regalado61日前
  6. 生物工学/医療
    CRISPR技術を利用した世界初の治療法が英国と米国で相次いで承認された。対象となった鎌状赤血球症の治療は長い苦難の歴史をたどったが、思わぬ幸運もあった。 Antonio Regalado67日前
  7. ビジネス
    米国初のCRISPR療法、ライセンス契約で特許訴訟を回避
    遺伝子編集技術CRISPRを用いた鎌状赤血球症の治療が米国で初承認された。バーテックス・ファーマシューティカルズはライバルのエディタス・メディシンとブロード研究所に数百万ドルを支払う。Antonio Regalado71日前
  8. 生物工学/医療
    バーテックス・ファーマシューティカルズは、CRISPRの技術を応用して、鎌状赤血球症の遺伝子編集療法を開発し、2023年中にもFDAの承認を得る見込みだ。しかし、CRISPR技術の特許権をめぐる法廷闘争が、新薬の普及を妨げるかもしれない。 Antonio Regalado79日前
  9. 生物工学/医療
    遺伝子編集テクノロジーCRISPR(クリスパー)が、HIV治療の新たな可能性を開いてる。米国のベンチャー企業が、HIVを持つ3人の患者に対して、遺伝子編集ツールを用いてHIVウイルスを破壊する試験を実施した。 Antonio Regalado3カ月前
  10. 生物工学/医療
    イスラエル・ガザ紛争で学術界にも内紛、苦悩する科学者
    イスラエル・ガザ紛争をめぐって学術界が揺れている。通説に従わない意見を述べる学者を吊るし上げる者がいる一方で、そうした動きは科学者たちの言論を糾弾しようとしていると警戒する者もいる。 Antonio Regalado3カ月前
  11. 生物工学/医療
    ニューヨークに拠点を置くスタートアップ企業ガメト(Gameto)は、体外受精にかかる期間を大きく短縮するテクノロジーを開発している。同社のCEOは、自社が開発している技術の実験に自ら参加した。 Antonio Regalado4カ月前
  12. 生物工学/医療
    イーロン・マスクのBCIで「脳の高速通信」は実現できる?
    脳インターフェース企業のニューラリンク(Neuralink)が被験者を募集している。同社のオーナーであるイーロン・マスクは新しい機器によって高速通信が可能になるという。専門家の意見を聞いた。 Antonio Regalado5カ月前
  13. 生物工学/医療
    遺伝子疾患の原因をAIで特定、グーグル・ディープマインド新技術
    ディープマインドは、遺伝子疾患の原因となる可能性が高い変異を予測するAIプログラム「アルファミスセンス(AlphaMissense)」を発表した。同社が以前に開発したタンパク質の形状を予測するプログラムをベースにしている。 Antonio Regalado5カ月前
  14. 生物工学/医療
    幹細胞の行く末を決める、転写因子のアトラスを作った研究者
    幹細胞がどの細胞になるか、どの転写因子によって決まるのだろうか。かつてプロの囲碁棋士を目指していた気鋭の生物学者は、個々の転写因子が幹細胞にどのような影響を与えるかを示す「アトラス」を作成した。Antonio Regalado5カ月前
  15. 生物工学/医療
    25年前にヒト胚から初めて単離された胚性幹細胞(ES細胞)は当時、医療への応用で輝かしい展望が指摘されていた。だが今に至るまで、まだ治療法として確立されたものはない。 Antonio Regalado5カ月前
  16. 生物工学/医療
    ES細胞誕生から25年、「エンブリオテック」は起爆剤になるか
    25年前にヒト胚から最初に樹立されたES細胞の研究には、膨大な時間と資金が投入されてきた。だが、まだ承認済みの治療法を生み出せていない。Antonio Regalado6カ月前
  17. 生物工学/医療
    パーキンソン病患者にES細胞由来ドーパミン細胞を移植
    バイエル傘下のバイオテック企業などが、12人のパーキンソン病患者の脳に、胚性幹細胞(ES細胞)由来のドーパミンニューロンを移植する治験を実施した。同社によると、現時点では症状が緩和している被験者もいるという。 Antonio Regalado6カ月前
  18. 生物工学/医療
    精子注入ロボットを使った体外受精(IVF)で昨年、2人の赤ちゃんが誕生した。人手による難しい作業を自動化することで、不妊治療にかかるコストを劇的に下げるのが狙いだが、さらにその先を見据えるスタートアップもある。 Antonio Regalado6カ月前
  19. 生物工学/医療
    「人工ヒト胚」めぐる騒動、背景に研究者間の競争過熱
    ある研究者が本物に近い「人工ヒト胚」を作り上げたと英紙が報道し、物議を醸している。人工胚の開発が、扱いの枠組みを決める前から、研究室間の無謀な競争の様相を呈している。Antonio Regalado8カ月前
  20. 生物工学/医療
    ボストンで開かれた国際幹細胞学会(ISSCR)で、若返りに関する講演に聴衆が殺到し、警察が出動する騒ぎとなった。「究極の偉業」に対する科学者の関心の高まりを象徴する出来事だ。 Antonio Regalado8カ月前
  21. 生物工学/医療
    世界初の心臓の異種間移植で使われたブタを作ったバイオテクノロジー企業の創業者マーティン・ロスブラットは今、ヒトに移植できる臓器を限りなく作り続ける工場を実現しようと奔走している。 Antonio Regalado9カ月前
  22. 生物工学/医療
    遺伝子療法では、改変した遺伝子をいかにして体内に導入するかが課題となる。米国のスタートアップ企業クリスタル・バイオテックは、米食品医薬局が初めて承認した塗り薬による遺伝子療法を、13歳の少年に適用していることを明らかにした。 Antonio Regalado9カ月前
  23. 生物工学/医療
    ヒトの多様性を説明、新たなゲノム地図「パンゲノム」が発表
    カリフォルニア大学などの研究チームが、47人の多様な人々のDNAを1つの巨大な遺伝子地図帳にまとめた「パンゲノム」を発表した。私たち一人ひとりをユニークな存在にするDNAを解き明かすかもしれない。 Antonio Regalado9カ月前
  24. 生物工学/医療
    体外受精で作られた複数の胚の遺伝子検査をして、将来、疾患にかかるリスクが最も小さい胚を選べるようにするサービスが登場した。提供会社の広報を務める米国初の「試験管ベビー」が、自身の生い立ちやサービスの内容について語った。 Antonio Regalado10カ月前
  25. 生物工学/医療
    遺伝子編集ツール「クリスパー(CRISPR)」を利用して遺伝性疾患を治療する臨床研究が進んでいる。年内にも米国で最初の治療法が承認される可能性があるが、商業的な動機から、対象疾患が著しく偏っている。 Antonio Regalado12カ月前
  26. 生物工学/医療
    チャットGPTの大ヒットで話題のオープンAIのサム・アルトマンCEOが、アンチエイジング(抗老化)企業に個人で1億8000万ドルを投じていたことが本誌の独自取材で分かった。ユーリ・ミルナー、ジェフ・ベゾス、サウジアラビア王室など世界の名だたる大富豪が熱心に投資している分野に、注目の起業家が参戦する。 Antonio Regalado12カ月前
  27. 生物工学/医療
    オンデマンド臓器:世界を変える10大技術 2023年版
    臓器移植を待ちながら、移植手術を受けられずに亡くなっていく人は多い。動物の臓器を移植する技術や、臓器の人工作成技術が実現すれば、臓器移植リストを過去の産物にできるかもしれない。Antonio Regalado12カ月前
  28. 生物工学/医療
    「高学歴」可能性を探る受精卵検査、米国人の4割が希望
    遺伝子検査によって一流大学に入る子に育つ可能性が高い受精卵を選別できる。経済的格差をさらに拡大させるなどの懸念があるが、検査を希望する人は少なくないことが分かった。 Antonio Regalado12カ月前
  29. 生物工学/医療
    「脱絶滅」企業、ジュラシック・パークの技術は実現可能か?
    米国のスタートアップ企業コロッサル・バイオサイエンシズ(Colossal Biosciences)は、はるか昔に絶滅した巨大な鳥類「ドードー」を復活させようと試みている。遺伝子編集技術を駆使して復活させる計画だが、成功の見込みはどれくらいあるのか。 Antonio Regalado13カ月前
  30. 生物工学/医療
    脳インターフェイスで「分速62語」の新記録、自然な会話に近づく
    スタンフォード大学の研究チームが脳インターフェイスで新記録を達成した。言語発話能力を失った人々が、通常の会話とほぼ変わらない速度で「話す」ことが可能になるかもしれない。Antonio Regalado13カ月前
  31. 生物工学/医療
    山中伸弥教授らによる「山中因子」の発見をきっかけとして、老化した身体の「若返り」を追求する試みが世界中でなされている。「人間は200歳まで生きられる」と主張する研究者もいる最前線を追った。Antonio Regalado14カ月前
  32. tech-review-explains
    MITTRが選ぶ、
    「最低なテクノロジー」
    8選【2022年版】
    MITテクノロジーレビュー は毎年、その年の失敗したイノベーションを選んで年末に発表している。2022年にリストアップしたのは、詐欺的な暗号通貨取引所、ウイルス入りのブタの心臓の移植、「ゼロコロナ」の崩壊、イーロン・マスクによるコンテンツ・モデレーションなどだ。 Antonio Regalado14カ月前
  33. 生物工学/医療
    世界最古のDNAの分析に成功、200万年前の生態系が明らかに
    デンマークの研究チームは、グリーンランドの凍土からDNAを取り出し、マストドンや魚、植物を含む、200万年前の現地の生態系全体を把握することに成功した。 Antonio Regalado14カ月前
  34. 生物工学/医療
    米国のバイオサイエンス企業のコロッサルは、遺伝子編集技術などを駆使してフクロオオカミやマンモスの復元を目指している。復元担当ディレクターを務めるサラ・オードが、同社の野望について語った。Antonio Regalado15カ月前
  35. 生物工学/医療
    遺伝子編集した「B細胞」で希少疾患を治療、米国で初の治験へ
    免疫細胞の一種であるB細胞を用いた遺伝子療法によって希少疾患の「ムコ多糖症」を治療する試みに、米国食品医薬品局が許可を出した。遺伝子編集したB細胞による治験は初となる。実施するのは、イミュソフト(Immusoft)というバイオテクノロジー企業だ。 Antonio Regalado18カ月前
  36. 生物工学/医療
    イスラエルの生物学者は、マウスの幹細胞を使って本物そっくりの人工胚を形成し、機械の子宮の中で数日間、成長させることに成功した。同氏が創業者に名を連ねるスタートアップ企業は、ヒトの細胞を使って人工胚を作り、移植用に初期の臓器や組織を採取する構想を持つ。 Antonio Regalado2年前
  37. 生物工学/医療
    ニュージーランドのある患者に対し、CRISPRによる遺伝子編集で血中コレステロール濃度を下げる治験が実施された。この療法の効果と安全性が確認できれば、世界最多の死因である心臓発作の究極の予防法になるかもしれない。Antonio Regalado2年前
  38. 倫理/政策
    米「中絶違法化」で注目の経口中絶薬、その仕組みとリスクは?
    米国で中絶の権利を認めた過去の判例が覆され、一部の州では人工中絶が違法となる可能性が高まっている。今後、使用が増えるとみられる経口中絶薬の仕組みとリスクについて、専門家に話を聞いた。 Antonio Regalado2年前
  39. 生物工学/医療
    石油王国サウジアラビアが豊富な資金を背景に、アンチエイジング(抗老化)医薬品の開発支援に乗り出す。最大で年間10億ドルの予算を持つ財団は同分野における最大のスポンサーになるかもしれない。 Antonio Regalado2年前
  40. 生物工学/医療
    2022年1月に実施された、遺伝子操作されたブタの心臓を人間に移植する初めての異種間移植は、2カ月後の患者の死亡という結果に終わった。移植した臓器がブタウイルスに感染していた可能性が指摘されている。 Antonio Regalado2年前
  41. 生物工学/医療
    クリスパー(CRISPR)の共同開発者としてノーベル賞を受賞したUCバークレーのジェニファー・ダウドナ教授は、CRISPRの進む未来をどう捉えているのか? 本誌の質問に答えた。 Antonio Regalado2年前
  42. 生物工学/医療
    新型コロナ飲み薬
    新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐ飲み薬は、次のパンデミックとの闘いでも役立つ可能性がある。米政府はすでにこの新薬を100億ドル分発注済みだ。 Antonio Regalado2年前
  43. 生物工学/医療
    新型コロナウイルス変異株追跡
    新型コロナウイルスは地球上でもっとも遺伝子解析が進んだ生命体となった。新たな変異株が広がったらすぐに見つけられるようになっている。Antonio Regalado2年前
  44. 生物工学/医療
    「遺伝子編集ベビー」誕生から3年、実刑の中国人科学者が釈放
    フー・ジェンクイ元准教授は、世界で初めて遺伝子編集ベビーの誕生を主導した。その代償として、キャリアを失い、投獄され自由をも失う結果となった。その彼が、最近になって収監されていた刑務所から釈放された。Antonio Regalado2年前
  45. 生物工学/医療
    異例のスピードで進んだ新型コロナ・ワクチンの開発が注目を浴びる一方で、ファイザーは飲み薬の開発も急ピッチで進めていた。新しい次のパンデミックへの備えにもつながる可能性がある。 Antonio Regalado2年前
  46. 生物工学/医療
    幹細胞技術で「髪」復活、究極の薄毛治療は実現するか?
    まやかしが多いことで知られる育毛・養毛産業に最新の遺伝子工学を持ち込むべく研究開発に取り組むスタートアップ企業が登場している。細胞を遺伝子操作して再プログラミングすることで薄毛を治すという。 Antonio Regalado2年前
  47. 人間とテクノロジー
    MITTRが選ぶ、2021年の「最低なテクノロジー」5選
    MITテクノロジーレビュー は毎年、その年の失敗したイノベーションを選んで年末に発表している。2021年にリストアップしたのは、効かないのに承認された高価なアルツハイマー薬、宇宙へ行く億万長者、美顔フィルターなどだ。Antonio Regalado2年前
  48. 倫理/政策
    「千人計画」ハーバード大教授の裁判、今後の学術界への影響は?
    ハーバード大学の著名なナノテクノロジーの専門家が、中国との関係を隠した罪で裁判を受け、有罪判決が出た。中国の「千人計画」などの知財窃取に対抗する米国の取り組み「チャイナ・イニシアチブ」の一環であり、今後の影響が注目される。Antonio Regalado2年前
  49. 生物工学/医療
    ファイザー製ワクチン、オミクロン株への効果は「大幅低下」
    複数の研究チームの実験により、ファイザー製ワクチンの2回接種者が有する抗体の効果は、オミクロン株に対して大幅に低下することがわかった。ただし、3回目の接種により、ワクチンの予防効果が回復するとの結果も得られた。Antonio Regalado2年前
  50. 生物工学/医療
    オミクロン株、研究者が考える今後の見通しは?
    新型コロナウイルスのオミクロン株については、発見からまだ間がないため、わかっていないことが多い。スイスのベルン大学の研究者たちが、ワクチンの有効性や、ウイルスの深刻さの度合いについて語った。 Antonio Regalado2年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る