KADOKAWA Technology Review
×
アントニオ レガラード 246 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    私が外出を控える理由——新型コロナの死亡リスクをどう捉えるか?
    新型コロナウイルスとの共存を強いられる世界で我々はどの程度、生き残れるのだろうか。ニューヨーク市保健局とコロンビア大学が発表した報告書から、新型コロナの死亡リスクについて考えてみた。 Antonio Regalado4時間前
  2. 生命の再定義
    世界中で新型コロナウイルスのワクチン開発が進む一方で、回復患者の遺伝物質を注入するという新たな治療法が注目されている。「DNAコード化抗体」と呼ばれるこの治療法は、将来のパンデミックをすばやく解決するかもしれない。 Antonio Regalado14日前
  3. 生命の再定義
    ラボ育ちの「ミニ肺」は新型コロナの致死性の謎を解明するか?
    新型コロナウイルスの人体への影響を知るために、研究室で人工的に作られたヒトの小型の肺にウイルスを感染させる研究が実施されている。重症患者が人工呼吸器を装着しても助からない原因が明らかになるか。 Antonio Regalado23日前
  4. 生命の再定義
    IL-6阻害薬、新型コロナ死亡率下げる可能性=ミシガン大学
    ミシガン大学によると、人工呼吸器を装着した患者にインターロイキン-6(IL-6)を阻害する抗体医薬品を投与した場合の死亡率は、投与しなかった場合に比べて45%低かったという。 Antonio Regalado29日前
  5. 生命の再定義
    新型コロナワクチン開発、
    異例のスピード
    これから何が必要か?
    多くの都市で新型コロナウイルスの新規感染者数は減少傾向にある。喜ばしい反面、ワクチン開発にとっては不利な状況かもしれない。来年までにワクチンを用意するためには今後、何が必要になるのだろうか。 Antonio Regalado34日前
  6. 生命の再定義
    新型コロナ、ワクチンで免疫獲得か ハーバード大などがサルで確認
    新型コロナウイルスに一度感染すると免疫が得られることがサルを使った実験で示された。 Antonio Regalado47日前
  7. 生命の再定義
    あの風邪はCOVID-19だった? 米国初の抗体検査をDIYで実施した男
    2月にかかった風邪は新型コロナウイルス感染症だったのか?その疑問の解消を助けたいと考えた元検査技師は、DIY抗体検査を友人らに実施した。 Antonio Regalado50日前
  8. 生命の再定義
    回復患者の血液から
    新型コロナ治療薬を探す
    開発競争、その険しい道のり
    新型コロナウイルス感染症の有望な治療薬候補として、抗体医薬品の完成が期待されている。科学者らが開発を競い合う一方で、大規模な生産体制の確立も大きな課題だ。 Antonio Regalado51日前
  9. 生命の再定義
    新型コロナ重症化と遺伝子との関連は? 23アンドミーなどが研究中
    新型コロナウイルスに感染してもまったく無症状の人がいる一方で、重症化して亡くなる人もいる。個人によってこうした差異が生じる理由はまだ解明されていないが、遺伝子との関連を調べる研究が進められている。 Antonio Regalado55日前
  10. 生命の再定義
    クリスパー開発者らが挑む
    「全員検査」を実現する技術
    遺伝子編集ツール「CRISPR(クリスパー)」の共同開発者や、次世代DNAシーケンサーの開発者が、新型コロナウイルスの検査を大規模に実施する技術の開発に取り組んでいる。検査を携帯電話のような「ありきたり」なものにするのが目標だ。 Antonio Regalado56日前
  11. 生命の再定義
    新型コロナ、免疫が持続しない可能性も=「風邪」にヒント
    パンデミックの収束に関する多くの議論では、新型コロナウイルス感染症にかかって獲得する免疫がある程度長く持続することを前提としている。しかし、一般的な風邪の症状を引き起こす別のいくつかのコロナウイルスについての研究で、免疫が持続する期間はさほど長くないことが分かった。 Antonio Regalado64日前
  12. 生命の再定義
    新型コロナ治療に光、米国立研が「レムデシビル」の有効性を確認
    新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待されていた「レムデシビル」の効果が臨床試験で示された。特効薬ではないものの、今後さらに多くの治療薬の開発が期待できる、希望の持てるニュースだ。 Antonio Regalado69日前
  13. 生命の再定義
    感染実態把握の鍵を握る「血清学的検査」とは何か?
    新型コロナウイルス感染者の正確な実態を把握し、政府などが適切な対策を決めるために重要なのが、抗体の有無を調べる血清学的検査だ。 Antonio Regalado77日前
  14. 生命の再定義
    新型コロナ、致死率は0.2%未満か? シリコンバレーで抗体検査
    スタンフォード大学の研究チームがシリコンバレーの住人3300人を対象に血液検査を実施したところ、推定2.5%から4.2%が新型コロナウイルスにすでに感染しているとの結果を得た。確認されている感染者の50倍以上となり、致死率は従来の予測よりも大幅に低い可能性がある。 Antonio Regalado80日前
  15. 生命の再定義
    新型コロナ、回復患者の血漿が治療に役立つ可能性
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に有効な治療薬が見つからない中、回復した患者から採取した血漿(けっしょう)が注目されている。米国は献血者の確保に乗り出した。Antonio Regalado90日前
  16. 生命の再定義
    私が新型コロナワクチンの
    臨床試験に志願した理由
    米国で間もなく、ヒトを対象とした新型コロナウイルスの臨床試験が始まる。45人の参加者の1人になることを決めた人物はなぜ、志願したのか? 話を聞いた。 Antonio Regalado3カ月前
  17. 生命の再定義
    ウイルス投与でワクチンの開発加速を、ハーバード大教授らが提案
    一般的なワクチン開発は最低でも18カ月はかかる。しかし、ワクチンを投与した人にウイルスを感染させる試験ができれば、ワクチンの効果をもっと早く検証できるかもしれない。 Antonio Regalado3カ月前
  18. 生命の再定義
    現時点でCOVID-19にもっとも有効な治療薬はどれか?
    新型コロナウイルス感染症の流行が始まってから3カ月が経ち、治療薬の臨床試験結果が報告され始めている。しかし、「特効薬」はまだ発見されていない。 Antonio Regalado3カ月前
  19. ビジネス・インパクト
    米国でも買いだめ騒動、新型コロナが浮き彫りにする現代社会の脆弱性
    新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う「買いだめ」は米国でも起きている。「危機への備え」を主張する人たちはどう動いたのか? Antonio Regalado4カ月前
  20. 生命の再定義
    新型コロナ、抗体検査で正確な感染者数は明らかになるか?
    米マウントサイナイ医科大学の研究チームが、新型コロナウイルスに対する抗体の有無を調べることで、同ウイルスに感染経験が分かる血液検査を開発した。感染者の正確な数を把握し、政府などが適切な対策を決めるうえで役立ちそうだ。 Antonio Regalado4カ月前
  21. 生命の再定義
    新型コロナ対策で英政府が模索した「集団免疫」とは何か?
    英国のボリス・ジョンソン首相が打ち出した新型コロナウイルスに対する「集団免疫」戦略は科学界からの猛反発を受け、修正を余儀なくされた。集団免疫とは何か? Antonio Regalado4カ月前
  22. 生命の再定義
    ゲノム解析のコストダウンが鈍化する中、BGIグループが「世界最安」を謳うゲノム・シーケンシング・システムを発表した。がん検査や出生前診断への応用、数億人規模のゲノム解析の実現に向け、中国企業が一歩リードした形だ。 Antonio Regalado4カ月前
  23. 生命の再定義
    新型コロナ対策、なぜ各国政府は自宅待機を呼びかけるのか?
    WHOがついに新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を宣言した。多くの感染者を出しているイタリアの事例から、感染拡大に不可欠な対策を理解する必要がある。 Antonio Regalado4カ月前
  24. 生命の再定義
    新型コロナ、「抑制なし」なら米国で最大170万人が死亡か
    米国疾病予防管理センター(CDC)は、人から人への感染を防ぐ対策を取らなかった場合、最終的には米国人口の65%ほどが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染すると予測している。米国の240万人から2100万人が入院し、20万人から170万人が死亡するとの予測もある。 Antonio Regalado4カ月前
  25. 生命の再定義
    新型コロナはダンボールに1日残存、吊革も感染ルートか
    新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)はなぜこれほど感染していくのかが疑問になっている。米国立衛生研究所(NIH)の研究チームは、ダンボールや鉄、プラスチックなどさまざまな素材の上でウイルスがどのくらいの期間残存するのかを調べた。 Antonio Regalado4カ月前
  26. ゲイツ財団、シアトル住民にコロナウイルス検査キット配布へ
    新型コロナウイルスへの感染不安を抱くシアトル住民は、間もなくその答えを得られるだろう。ゲイツ財団の資金提供によって、自宅で鼻の粘膜を採取する検査キットが配布される予定だ。シアトル・タイムズ紙が報じた。 Antonio Regalado4カ月前
  27. ハーバード大学とMITもオンライン講義に、新型コロナ対策で
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がボストンの生物医学コミュニティに広がる中、ハーバード大学はオンライン講義への移行を発表し、学生に対して春休み明けに大学に戻らないよう呼びかけている。 Antonio Regalado4カ月前
  28. 生命の再定義
    新型コロナは世界にどう広がったのか? 遺伝子解析で追跡
    科学者たちは、新型コロナウイルスの遺伝子変異をリアルタイムで追跡している。遺伝情報から、ウイルスの進化の様子や、各国に複数の経路で侵入している事実が明らかになってきた。 Antonio Regalado4カ月前
  29. 生命の再定義
    新型コロナウイルス感染症、治療薬開発はどこまで進んでいるか?
    中国の武漢で発生した新型コロナウイルスの感染は広がり続けており、パンデミック(世界的流行)になる可能性が出てきた。確実に効果が確認された治療法はまだ存在しないが、新型コロナウイルス感染症の患者に試されている有望な薬をいくつか紹介しよう。 Antonio Regalado4カ月前
  30. 生命の再定義
    遺伝情報のみから新型コロナウイルスを研究室で人工合成する計画が米国で進んでいる。治療法の開発に役立つ可能性がある一方で、技術が悪用されるリスクはないか。 Antonio Regalado5カ月前
  31. 生命の再定義
    新型コロナ、院内感染が深刻
    武漢の医師グループが報告
    武漢大学中南医院の救急部門の医師らが、新型コロナウイルスに感染した場合の症状や致死率についての報告書を発表した。新型コロナウイルスの最も一般的な症状は発熱で、患者の4分の1が、主に急性呼吸窮迫症候群(ARDS)の発症により、最終的に集中治療室(ICU)に入ったという。 Antonio Regalado5カ月前
  32. ハーバード大の著名化学者が逮捕、中国「千人計画」に関与の疑い
    中国政府が推進する「千人計画」から金銭を受け取っていたのに、米国政府に虚偽の申告をしていたとして、ナノテクノロジー分野の世界的権威の1人であるハーバード大学化学部のチャールズ・リーバー学部長が1月28日午前に逮捕、起訴された。 Antonio Regalado5カ月前
  33. WHO、新型コロナウイルスで国際緊急事態宣言
    世界保健機関(WHO)は、中国から広がっている流行性ウイルスに対し、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。 Antonio Regalado5カ月前
  34. 23アンドミーがレイオフ、遺伝子検査ブームに陰り
    23アンドミー(23andMe)はニュース専門放送局CNBCで、消費者直販型遺伝子検査の販売不振により、従業員100人をレイオフ(一時解雇)すると発表した。 Antonio Regalado5カ月前
  35. 中国の新型コロナウイルス、コウモリが感染源か
    中国で感染が拡大している新型ウイルスは、SARS(重症急性呼吸器症候群)と類似しており、コウモリから見つかったコロナウイルスに最も近いとする研究結果が発表された。 Antonio Regalado5カ月前
  36. 生命の再定義
    科学の進歩は、老化の研究にも大きな影響を与えている。そして、若返り、超長寿を望む人が増えている。自らの身体を使って実験をする民間の研究者や、研究に資金を提供し宗教化している高齢の富豪もいる。こうしたトランスヒューマニストたちは何を考え、何を目指しているのか。 Antonio Regalado6カ月前
  37. 生命の再定義
    「遺伝子編集ベビー」問題、中国人科学者に懲役3年の実刑判決
    世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させたと発表して物議を醸した中国人科学者に対して実刑判決が下された。 Antonio Regalado6カ月前
  38. 生命の再定義
    ハーバード大学の著名遺伝学者が創業メンバーに名を連ねる米国のスタートアップ企業が、遺伝子検査結果に基づいてパートナー探しを支援するサービスを開発。優生学的だとの批判が殺到する一方、研究者は社会的意義を強調している。 Antonio Regalado7カ月前
  39. 生命の再定義
    未公表論文を独占入手
    中国・遺伝子編集ベビー問題
    専門家が語る13の疑問
    およそ1年前、世界で初めてクリスパーで遺伝子を編集した赤ちゃんを誕生させた中国の賀建奎 (フー・ジェンクイ)元准教授が寄稿したと見られる未公表論文の写しを、MITテクノロジーレビューが入手した。その内容は、彼が遺伝子編集ベビーを誕生させるにあたり、倫理的および科学的な規範をどれほど無視していたかを示すものだ。 Antonio Regalado7カ月前
  40. 米ゲノム解析企業が事業停止、背景に中国資本の注入か
    格安のゲノム解析サービスを提供していたベリタス・ジェネティクス(Veritas Genetics)が新たな資金調達に失敗し、米国での運営を停止することになった。 Antonio Regalado7カ月前
  41. 生命の再定義
    米国では遺伝子系図サービスを使った未解決事件の「犯人探し」が続いている。だが、ボランティアによって運営される大規模なDNAデータベースに重大なセキュリティ上の欠陥があることが判明し、波紋を呼んでいる。 Antonio Regalado8カ月前
  42. CRISPR療法、鎌状赤血球症と地中海性貧血の治療で新成果
    ヒトの遺伝子を編集して遺伝性疾患を治療する時代が到来した。バイオテクノロジー企業2社の発表によれば、血液疾患を患っていた2人の患者の疼痛症状を解消したということだ。 Antonio Regalado8カ月前
  43. 遺伝性アルツハイマーの発症を抑える遺伝子変異を発見
    ある女性に、アルツハイマー病の発症を防いだ可能性がある稀な遺伝子変異が発見され、医薬品開発者が関心を寄せている。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。 Antonio Regalado8カ月前
  44. 生命の再定義
    CRISPRの欠点克服へ
    ハーバード大学が新手法
    「プライム編集」を発表
    従来の「CRISPR(クリスパー)」よりも正確な遺伝子編集を可能とする「プライム編集」は、あらゆる遺伝性疾患の原因となるエラーを修復できるという。 Antonio Regalado9カ月前
  45. 「遺伝子編集ベビー」の未来はプーチンの手中にある
    遺伝子編集ベビーの将来は、ロシアのウラジミール・プーチン大統領の手の中にあるかもしれない——。ブルームバーグがこんな記事を掲載した。 Antonio Regalado9カ月前
  46. 生命の再定義
    遺伝子編集技術のクリスパーを用いて、病気やけがによる痛みを感じなくする疼痛治療法が研究されている。痛みを感じない体質を持つ人を調べて発見された遺伝子変異をターゲットとするこの遺伝子療法は、いずれ適用範囲が広げられ、一部の人が持つ超人的肉体能力の恩恵を一般の人も享受できるようになるかもしれない。 Antonio Regalado10カ月前
  47. 生命の再定義
    幹細胞から作られる人工的なヒト胚から人間が誕生するのは、そう遠くない未来の話かもしれない。研究者らは、人工胚から人間を作り出すことを禁じるための法整備が必要だと訴えている。 Antonio Regalado10カ月前
  48. 生命の再定義
    過冷却で人間の肝臓の27時間保存に成功、ハーバード大など
    ハーバード医科大学院の研究者たちが、人間の肝臓を過冷却した後、27時間後に温かい血液を輸血することで、その機能を回復させることに成功した。人間の臓器を体外で長時間保存できるようになれば、臓器移植を待つ患者の命を救える可能性が高くなるだろう。 Antonio Regalado10カ月前
  49. 生命の再定義
    遺伝子編集動物のアイコン
    「角のない牛」で新事実
    細菌のDNAが混入していた
    米スタートアップが遺伝子編集で作り出した「角のない」牛の遺伝子に、細菌のDNAが混入していることが、米国食品医薬品局(FDA)の調査で判明した。発見されたDNAが牛やそれを食べる人間に影響を及ぼす可能性は低いとしているが、同社の目論む遺伝子編集による牧畜業革命は停滞を余儀なくされている。 Antonio Regalado10カ月前
  50. 一般向け「CRISPR本」が続々、次のベストセラーはどれ?
    現代の奇跡「クリスパー(CRISPR)」を大々的に伝える物語が揃いつつある。このDNA切断テクノロジーに関する、少なくとも4冊の一般向けの書籍が出版へ向けて進行中なのだ。 Antonio Regalado11カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る