KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
エミリー マリン 128 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    遺伝子療法の進歩により、遺伝性疾患を治療できる可能性が高まっている一方で、疾患を持つ子どもたちを見つけるスクリーニング検査は遅れている。検査により疾患を持つ子どもを早期発見することで、治療の効果をより高められる可能性がある。 Emily Mullin3年前
  2. 鎌状赤血球症のCRISPR療法、FDAが治験に「待った」
    遺伝子編集ツール「クリスパー(CRISPR)」を使った鎌状赤血球症の患者に対する治験が、米国の規制機関から出された詳細不明の質問を理由に、実施を保留されている。 Emily Mullin3年前
  3. 子宮内の胎児に幹細胞注入、遺伝性血液疾患を出産前に治療
    深刻な病気を患った胎児が、母親の幹細胞を注入され、見たところ健康な新生児として出産された。出生前の疾病治療の新しい方法となるかもしれない。 Emily Mullin3年前
  4. 生命の再定義
    大流行のDNA検査サービス、企業が本当に売りたいものはこれだ
    米国で消費者直販型の遺伝子検査サービスが流行している。だが、こうしたサービスは科学的根拠が薄いことに加えて、検査結果にかこつけて様々な商品を買わせようとすることが多い。サービス利用者の遺伝子データを蓄積し、研究者に売って儲けようとしているかもしれない。 Emily Mullin3年前
  5. コンゴでエボラ熱流行の兆し、未認可ワクチン投与へ
    保健衛生当局は、エボラ出血熱のアウトブレイクを初期段階で食い止めるために、今回初めて実験段階のワクチンを使用する。2014年と2015年にギニア、リベリア、シエラレオネで起こった前回のアウトブレイクでは、およそ2万9000人が感染し、1万1300人以上が死亡した。 Emily Mullin3年前
  6. より高精度な遺伝子編集「CRISPR 2.0」スタートアップが設立
    「一塩基編集」と呼ばれる、さらに高精度のゲノム編集ツールによって病気を治療する最初の企業、ビーム・セラピューティクス(Beam Therapeutics)が5月14日に設立された。 Emily Mullin3年前
  7. 生命の再定義
    死亡した過激派バイオハッカー、肺がんの遺伝子療法も計画していた
    過激なパフォーマンスが物議を醸していたバイオハッカーのアーロン・トレイウィックが、肺がん向けの遺伝子療法の実施を計画していたことがわかった。トレイウィックの死亡によって計画は中止に追い込まれたものの、実際にメキシコの診療所で治療をするとして被験者を募っていた。 Emily Mullin3年前
  8. 100万人の遺伝子データを収集、米国立衛生研究所の計画が始動
    米国立衛生研究所(NIH:National Institutes of Health)は5月1日、大規模な研究調査の実施を発表した。あらゆる背景を持つ人々が、適確医療(precision medicine)を受けられるようにするのが目的だ。 Emily Mullin3年前
  9. 生命の再定義
    生涯にわたる輸血から解放、地中海性貧血の遺伝子療法が治験に成功
    米バイクテク企業のブルーバード・バイオが、遺伝性の血液疾患であるベータサラセミアの患者に対して実施した治験で、遺伝子療法が劇的な成果をあげたことを発表した。今年後半以降に欧州と米国で治療の認可を申請し、治療の提供を開始する計画だ。 Emily Mullin3年前
  10. 終わらないCRISPR特許論争、UCバークレーが不服申し立て
    ノーベル賞の可能性があり、バイオテクノロジーの世界の流れを大きく変えることになるブレークスルーの名誉、そして大金を懸けて、カリフォルニア大学バークレー校とブロード研究所(マサチューセッツ工科大学とハーバード大学の共同組織)は、遺伝子編集ツール「クリスパー(CRISPR)」の権利を巡る勝つか負けるかの論争を続けている。両者はワシントンDCの連邦裁判所で再び争う構えだ。 Emily Mullin3年前
  11. 150万種の生物のゲノムを解析、「地球バイオゲノム計画」が始動
    国際的な研究者グループが地球バイオゲノム計画という名称のDNAを収集する大規模な取り組みを立ち上げている。医学におけるヒトゲノム計画(Human Genome Project)に相当し、世界中の絶滅危惧種の保護に役立てるのが目的だ。 Emily Mullin3年前
  12. 生命の再定義
    人工知能(AI)が、アルツハイマー病の早期発見、治療、脳画像診断、臨床試験の改善に使われ始めた。医師や家族が気づくよりも前に、センサーを使って日常行動から初期徴候を検出する研究も進んでいる。 Emily Mullin3年前
  13. 生命の再定義
    遺伝子編集技術「クリスパー(CRISPR)」による治療が有望視されており、欧米では年内にも治験が開始される予定だ。科学者たちはクリスパー療法の効果や安全性を確認するためにサルを使用した実験を実施しているが、事例は少なく、懸念材料は残っている。 Emily Mullin3年前
  14. 医師不要で診断可能、FDAがAI医療装置に初の認可
    「ソフトウェアによる診断」の時代の幕開けを特徴付ける出来事だ。米国食品医薬品局(FDA)は4月11日、人工知能(AI)活用の診断装置を販売する初の認可を、アイディーエックス(IDx)という会社に与えた。 Emily Mullin3年前
  15. 消費者直販のDNA検査は妊娠検査薬のようなもの——23アンド・ミー
    23アンド・ミー(23andMe)のCEOで共同創業者であるアン・ウォイッキは、消費者は遺伝的リスクの検査結果をわざわざ専門家に解釈してもらう必要はないと語った。その根拠として、在宅妊娠テストを引き合いに出した。 Emily Mullin3年前
  16. がんを増殖させる300の遺伝子を同定、「汎がんアトラス」が公開
    がんゲノム・アトラス(TCGA)・コンソーシアムの10年に及ぶ研究の成果である「パンキャンサー・アトラス(PanCancer Atlas)」は、医師が広範囲のがんをより正確に治療するのに役立つ遺伝子データバンクを公開している。 Emily Mullin3年前
  17. 生命の再定義
    ES細胞を利用して、失明の原因となる加齢黄斑変性を治療しようとする試みが進んでいる。南カリフォルニア大学の研究者らが、培養したES細胞の薄膜を患者の眼に挿入したところ、視力が減退しないだけでなく、向上する効果も見られた。 Emily Mullin3年前
  18. 生命の再定義
    一生使える「完全な人工心臓」、実現へ前進
    人工心臓は部品の数が増えるほど、壊れたり、感染症を起こしやすくなったりする。オレゴン健康科学大学は、弁を持たない、非常に単純化した設計の人工心臓を開発している。ウシの体内での試験を終え、小型化したバージョンをヒツジに埋め込んで3カ月にわたる試験をする計画だ。 Emily Mullin3年前
  19. 生命の再定義
    遺伝子編集技術CRISPRを適用したマウスにオフターゲット効果が多数発生したと発表して物議をかもしていた論文が取り下げられた。執筆者らは以前の実験結果を再現できなかったとしており、論文を掲載したネイチャー・メソッズは「主張を裏付けるデータが不十分だった」と述べている。 Emily Mullin3年前
  20. 消費者直販型DNA検査、結果の4割は間違っている可能性
    新たな研究により、消費者直販型の遺伝子検査を受けた人に送られる結果は、最大40%が不正確であることが分かった。消費者直販型の遺伝子検査は、23アンドミー(23andMe)や、アンセストリー・ドットコム(Ancestry.com)、ファミリー・ツリーDNA(Family Tree DNA)、マイヘリテージ(MyHeritage)などが販売している。 Emily Mullin3年前
  21. 遺伝子検査で医療費は上昇するのか? 米病院が調査
    ボストンにあるブリガム・アンド・ウィメンズ病院(Brigham and Women’s Hospital)の遺伝学者の調査によると、DNAの全塩基配列情報を読み出すゲノム・シーケンシングの検査を人々が受けても、短期的には医療費が大幅に増加することはないとわかった。 Emily Mullin3年前
  22. DNA解読の多様性を目指す、インドで10万人規模のプロジェクト
    シンガポールに本拠を置くゲノミクス企業であるグローバル・ジーン・コープ(Global Gene Corp)は、インド人から収集して配列決定したデオキシリボ核酸(DNA)の最大規模のコレクションを築くため、バイオテック業界大手のリジェネロン(Regeneron)との提携を調整中だ。 Emily Mullin3年前
  23. 生命の再定義
    遺伝性疾患は北米の乳児の死因の第1位であり、新生児の推定4%に影響を及ぼしている。レイディ小児病院は、全ゲノム・シーケンシングに要する時間を大幅に短縮することで、重病の赤ん坊の病因を迅速に特定して、適切な医療処置ができるようにしている。 Emily Mullin3年前
  24. アップル・ウォッチ、不整脈の検出には不十分との研究結果
    アップル・ウォッチのデータと機械学習アルゴリズムを使って、スマートウォッチを着用する人の心臓の問題を特定できるかどうかを調べた研究の結果が出た。Emily Mullin3年前
  25. 米SEC、「時代の寵児」米バイオベンチャーCEOを詐欺容疑で提訴
    米国証券取引委員会(SEC)は窮地に立たされたバイオテクロノジー企業、セラノス(Theranos)とエリザベス・ホルムズCEO(最高経営責任者)、 ラメシュ・バルワニ元社長を巨額の詐欺容疑で提訴した。Emily Mullin3年前
  26. FDA、23アンド・ミーの直販型がんリスク遺伝子検査を承認
    遺伝子検査企業の23アンド・ミー(23andMe)は、複数のがんのリスクに高い関連性があるデオキシリボ核酸(DNA)の突然変異を検出する検査を、顧客に直接販売することについて、米国食品医薬品局(FDA)から承認を受けた。 Emily Mullin3年前
  27. 生命の再定義
    医療の高度な個別化は生命に「格差」をもたらすのか
    高度に個別化された適確医療(Precision Medicine)は、少数派や女性たち、貧しい人々といった特定のグループに想定外の悪影響を及ぼす可能性がある。 Emily Mullin3年前
  28. ディープマインド、機械学習による病状予測へ退役軍人のデータを活用
    アルファベット(グーグル)の人工知能(AI)子会社であるディープマインド(DeepMind)は、米国退役軍人省と提携して、病気の外的な兆候が現れる前に、患者の症状が悪化する時期を予測しようとしている。Emily Mullin3年前
  29. オルガノイドでがん治療薬を治験、効果予測に有効
    研究者は71人の結腸・直腸がん患者から採取した細胞を使って、各人に特有のミニチュアの腫瘍を培養した。 Emily Mullin3年前
  30. 生命の再定義
    従来の医薬品では治療が困難とされているハンチントン病に対して、遺伝子療法による根治を目指す試みがされている。昨年12月に結果が発表された治験では、46人の初期ハンチントン病患者でハンチントンの量が低下するという初の効果が得られた。 Emily Mullin3年前
  31. がんやウイルスを正確に検出、CRISPRは医療検査にも有望
    遺伝子を編集したり削除したりする手法であるクリスパー(CRISPR)は聞いたことがあるはずだ。 2人の著名な生物学者によると、CRISPRはがんやウイルスの検出にも使用できるという。Emily Mullin3年前
  32. 生命の再定義
    ブロックチェーンで遺伝子データを売買、ハーバード大教授の狙い
    ハーバード大学の著名な遺伝学者が遺伝子解析企業を創業した。遺伝子データをブロックチェーンを通じて製薬会社や研究機関に共有し、データ所有者が暗号通貨を得られるサービスを提供するという。 Emily Mullin3年前
  33. 生命の再定義
    唾液から193の遺伝性疾患がわかる、新生児向けDNA検査
    貧血、てんかん、代謝性疾患などの193の遺伝性疾患の有無を、綿棒で採取した唾液から調べられる新生児向けDNA検査が登場した。検査でわかる症状はすべて治療法が存在するものだが、検査結果によっては親が難しい立場に立たされる可能性もある。 Emily Mullin3年前
  34. 生命の再定義
    ステージ上でいきなり注射、過激派DIYバイオハッカーの言い分
    バイオテック企業アセンダンス・バイオメディカルのCEO(最高経営責任者)が、バイオハック会議の壇上で遺伝子治療薬と称するDIY治療薬を注射し、その様子をネット中継した。「遺伝子療法を民主化するため」としているが、専門家は危険な行為だと批判している。 Emily Mullin3年前
  35. 最新のIVF手法、ミトコンドリア補充療法が英国で初実施へ
    医師たちは、健康な赤ちゃんを授かれるように、2組のカップルに最新の体外受精(IVF)手法を用いるつもりだ。Emily Mullin3年前
  36. 生命の再定義
    抗生物質が効かない耐性菌の感染症に対して、その耐性菌に合ったファージを注射することで治療する手法が現実味を増している。DNAシーケンシングとAIによって適切なファージの選択がはるかに容易になったことから、実用化へ向けてスタートアップ企業が研究を進めている。 Emily Mullin3年前
  37. 生命の再定義
    血液検査で8種類のがんを発見、米ジョンズ・ホプキンス大
    ジョンズ・ホプキンズ大学が血液サンプルから8種類のがんの兆候を見つけられる検査を開発した。がんと診断された1005人から採取した血液で試したところ、検査の確度が最も高かった卵巣がんでは、98%の確率で検知できた。 Emily Mullin3年前
  38. 生命の再定義
    遺伝子療法のキムリアとイエスカルタが米国で昨年承認され、奇跡的な効果が報告されている。しかし、これらの療法による治療を提供しているのはまだ一部の都市に限られており、治療を受けられるかどうか患者がどこに住んでいるかに左右されるのが現状だ。 Emily Mullin3年前
  39. 米NIHが遺伝子編集に1億9000万ドル拠出、臨床研究を加速
    米国立衛生研究所(NIH)は、遺伝子編集技術を用いて研究者が遺伝性疾患を治療するのを支援したいと考えている。 Emily Mullin3年前
  40. 生命の再定義
    CRISPRによるがん治療、米国初の臨床試験実施へ
    ペンシルベニア大学で、米国初のクリスパー(CRISPR)によるがん治験の準備が整ったことが明らかになった。臨床試験では、がんを検出して攻撃するように遺伝子編集した免疫細胞を人体に注入する。米国立衛生研究所の諮問グループは2016年6月に、同大学の研究者に対して臨床試験の許可を出していた。 Emily Mullin3年前
  41. 生命の再定義
    高すぎる遺伝子療法の費用は誰が払えるのか?
    遺伝子療法に対して付けられた価格は、一般人には到底支払えなさそうな唖然とする金額だ。しかし専門家たちは、こうした価格を、少なくとも今のところは、さほど恐れる必要はないとしている。 Emily Mullin3年前
  42. 生命の再定義
    遺伝子療法はどこまで進んだか? 2017年の5大ブレークスルー
    遺伝子療法にとって2017年は、2016年にも勝るブレークスルーの年となった。いくつかの遺伝子療法に対して初めて米国食品医薬品局の認可が下りたことに加えて、稀ながんやいくつかの遺伝性疾患において治癒や寛解の症例が報告された。 Emily Mullin3年前
  43. マイクロソフト、遺伝子編集技術のCRISPR向けAIツールを開発
    マイクロソフトは、遺伝子編集ツール「クリスパー(CRISPR)」の作用の正確さを予測する人工知能(AI)ツールを開発した。研究者がクリスパーを使用してDNAに間違った編集をしてしまうのを避けられる。 Emily Mullin3年前
  44. 生命の再定義
    実用化が近づく遺伝子編集治療、2017年の4大トピックス
    遺伝子編集技術「CRISPR(クリスパー)」の登場により、かつては治療のすべがなかった難病やがんに対して遺伝子療法を適用できる可能性が高まっている。疾病治療や臓器移植などで実用化が近づきつつある遺伝子編集技術に関する2017年4大トピックスを紹介する。 Emily Mullin3年前
  45. 遺伝性網膜疾患の遺伝子療法、費用は両眼で85万ドルと判明
    失明者のための治療を開発しているスパーク・セラピューティクス(Spark Therapeutics)は1月3日、途方もない価格を発表した。「ラクスターナ(Luxturna)」と呼ばれるその療法は昨年12月に米国食品医薬品局(FDA)の認可を得たが、 同社はその時点では価格を開示していなかった。Emily Mullin3年前
  46. 生命の再定義
    米国で蔓延するオピオイド中毒、「飲むセンサー」で服薬を追跡
    薬と一緒に飲み込む経口摂取型のワイヤレスセンサーと、センサーの電波を受信するウェアラブル型受信器の試験が、米国の病院で実施されている。医師から出された薬を患者が正しく服用しているか追跡調査するためのもので、オピオイドなどの依存性の高い薬の過剰摂取を防ぐのにも役立つとされている。 Emily Mullin3年前
  47. 生命の再定義
    男性の避妊法に新たな選択肢
    「精子を減らすジェル」は
    コンドームに代わるか?
    男性が上腕と肩に毎日塗るだけで避妊が可能になるジェルの臨床試験が、4月から実施される。これまで製薬会社は男性用避妊薬に対してあまり関心を示してこなかったが、研究者たちは今後、男性、特に若い男性が抵抗感なく避妊薬を使うようになるだろうと考えている。 Emily Mullin3年前
  48. CRISPRで遺伝性難聴を治療、マウスで効果を確認
    科学者たちは、遺伝子編集ツールを用いて、遺伝性の難聴を患う動物の聴力を回復させることに成功した。 Emily Mullin3年前
  49. 生命の再定義
    質の悪い遺伝性疾患やがんを、たった一回の注射や注入で治癒できる可能性のある「クリスパー(CRISPR)」を使った遺伝子療法は、患者や医療関係者にとってまさに夢の実現だった。しかし、臨床試験に関して言えば、適用疾患は限られ、いったん発表した計画が延期される事例が相次いでいる。 Emily Mullin3年前
  50. 生命の再定義
    DIY遺伝子療法キットは「違法」、 FDAとバイオハッカーが対立
    遺伝子編集のための強力な手法であるCRISPR(クリスパー)が広まるにつれて、スタートアップ企業などによる手作り(DIY)遺伝子治療薬を自己投与する事例が相次いでいる。米国食品医薬品局は安全性リスクなどを懸念して警告を出しているが、事実上、無視されている。 Emily Mullin3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る