KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
リアノン・ウィリアムズ 21 Stories
プロフィールを見る
  1. 知性を宿す機械
    メタ、人間のように交渉できるゲームプレイAI「キケロ」を開発
    メタは、戦略ボードゲーム「ディプロマシー」で人間のプレイヤーに勝てるAI「キケロ(Cicero)」を開発した。プレイヤー同士の交渉が重要となる同ゲームで人間に勝つAIを作成することは、現実の複雑な問題に対処できるAIを実現する一歩になるかもしれない。Rhiannon Williams12日前
  2. 知性を宿す機械
    機械学習で高齢者の歩行に寄り添うロボット・エクソスケルトン
    スタンフォード大学の研究チームが、高齢者などの歩行をサポートするエクソスケルトン(外骨格)デバイスを発表した。機械学習を利用し、歩行に問題を抱える一人、一人に寄り添う補助のが特徴だ。 Rhiannon Williams47日前
  3. 生命の再定義
    アルゴリズムでインスリン量を自動調整、ハーバード発の人工膵臓
    ハーバード大学などの研究チームが、適応学習アルゴリズムを用いて食事中の炭水化物量を計算し、インスリンを自動注入するデバイスを開発した。患者の負担を減らすと同時に、従来手法より血糖値を下げられることから、患者の生活の質を高めるのに役立ちそうだ。 Rhiannon Williams68日前
  4. コネクティビティ
    ゲームのやりすぎは悪か? オックスフォード大調査の意外な結果
    「ゲームは有害」との懸念には十分なエビデンスがないにもかかわらず、保健当局や政府の政策に影響を与えてきた。ゲームメーカーから提供されたプレイ時間データに基づく調査は、新しい手がかりを得るのに役立つかもしれない。Rhiannon Williams69日前
  5. ビジネス・インパクト
    人類初のNASA地球防衛実験、小惑星への衝突に成功
    小惑星に探査機を衝突させ、軌道を変更する人類初の惑星防衛システムの試験となる「DART」をNASAが実施した。探査機が狙いどおりに小惑星に衝突する様子を映像で見ることができる。Rhiannon Williams70日前
  6. 生命の再定義
    手術中の「VR没入」で麻酔の量を減らせる可能性=米新研究
    手術中の患者にVRの番組を見せることで、鎮静剤の使用量を減らせる可能性を示す研究結果がコロラド大学などの研究チームから発表された。麻酔薬の使用量を減らせれば、入院期間を短縮し、合併症のリスクを低減できるかもしれない。Rhiannon Williams72日前
  7. 生命の再定義
    医用画像と症例報告で訓練したAI、「医師並み」の診断力
    ハーバード大学が開発した新しい診断用人工知能(AI)モデルは、ラベル付けなどの大量の人手を必要とするデータセットを用意することなく、未加工の胸部X線写真と症例報告から人間の専門家と同等の診断ができる。 Rhiannon Williams76日前
  8. 知性を宿す機械
    旅行バッグに隠された爆弾を見抜くX線AI、がん診断にも期待
    X線と深層学習アルゴリズムを併用して爆発物を高精度で検出する新しい方法がユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)によって発表された。将来的には、がん検出にも応用できるかもしれない。Rhiannon Williams83日前
  9. 生命の再定義
    脳が発達、心臓も鼓動——「人工胚」の成長で世界初
    ケンブリッジ大学やカリフォルニア工科大学の共同研究チームは、幹細胞から作られたマウスの人工胚を、脳が発達する段階にまで成長させることに成功した。ヒトの妊娠の初期段階における失敗などについて新たな知見をもたらす可能性があるという。Rhiannon Williams84日前
  10. コネクティビティ
    ツイッターについに「編集」ボタン、悪用の懸念も
    一度ツイートした内容を編集できる機能がツイッターに追加される。かねてから要望が多い機能だが、新たな問題を生む可能性がある。 Rhiannon Williams90日前
  11. 生命の再定義
    脳波計に着想、「ミニ脳」を包み込むマイクロキャップ
    実験室で育てられたミニ脳の活動を測定するマイクロキャップが開発された。脳波を測定するEEGキャップに着想を得たこのデバイスによって、化学物質や薬剤が脳にどのような影響を与えるか、新たな知見が得られるかもしれない。 Rhiannon Williams3カ月前
  12. 生命の再定義
    ブタのコラーゲンから作った「角膜」で視力が蘇った
    スウェーデンの研究チームが、ブタの皮膚から抽出したコラーゲンを使って角膜インプラントを作成し、円錐角膜によって視力を失った患者の視力回復に成功した。人間の角膜を使う場合に比べて、圧倒的な低コストで提供できるという。 Rhiannon Williams4カ月前
  13. 生命の再定義
    死後1時間のブタの臓器が蘇る——イェール大が「脳」に次ぐ新成果
    イェール大学の研究チームが、死後1時間経ったブタの臓器の機能を修復することに成功した。現時点でヒトへの応用にはほど遠い状況であり、倫理的な問題も残るが、臓器移植の可能性を将来大きく高めることになるかもしれない。Rhiannon Williams4カ月前
  14. コネクティビティ
    「中絶の権利」は認められず 米最高裁、判例覆す
    米国連邦最高裁判所は人工妊娠中絶の権利を認めたおよそ50年前の判例を覆し、中絶の権利は憲法上、認められないとの判決を下した。 Rhiannon Williams5カ月前
  15. 生命の再定義
    「サル痘」感染拡大でまた陰謀論、同性愛嫌悪の誤情報も拡散
    欧米を中心にサル痘の感染者が増える中、同性愛者の間でのみ感染が広がるという偏見に基づく誤情報が広まっている。誤情報は感染状況に関する正確な情報の把握を困難にする上に、人々への正しい理解を促す上でも障害となっている。 Rhiannon Williams6カ月前
  16. 生命の再定義
    肝臓を最長12日間体外保存、移植タイムリミットを大幅延長
    ドナーから提供された肝臓の保存期間を、現在の数時間から数日間に延ばせる最新の研究成果が発表された。移植に利用可能な肝臓を大幅に増やせる可能性がある。 Rhiannon Williams6カ月前
  17. 生命の再定義
    ロボットが「鍛える」人工腱は実用化への一歩となるか
    培養した腱細胞を人型ロボットが繰り返し引っ張ることで、細胞の成長を促進できることが分かった。実用的なヒト腱細胞につながる可能性がある。 Rhiannon Williams6カ月前
  18. コネクティビティ
    グーグルにはびこる「浮気監視」アプリ広告、規約違反でも消えず
    他人の位置情報や通話、プライベートメッセージなどを密かに監視するために設計されたストーカーウェア(スパイウェア)の広告が、グーグルの検索結果に表示されている。グーグルはポリシーで禁止しているにもかかわらず、いまだ排除されてない。 Rhiannon Williams7カ月前
  19. ビジネス・インパクト
    天の川銀河のブラックホール、撮影に初成功
    国際研究チームは、天の川銀河の中心にあるブラックホール「いて座A*(エースター)」の撮影に初めて成功した。 Rhiannon Williams7カ月前
  20. コネクティビティ
    米国で児童性的虐待コンテンツが急増、オランダ抜き世界首位に
    米国は現在、児童性的虐待に関するオンラインコンテンツが世界でもっとも多くホストされている国となった。専門家は、プロバイダーの自助努力は期待できないため、新たな法律がなければ問題は大きくなる一方だと指摘する。 Rhiannon Williams7カ月前
  21. 知性を宿す機械
    都市の「揺れ」は地震か?騒音か? 深層学習で見抜く新研究
    スタンフォード大学の研究チームは、地震の発生を示すより明確な信号を検知する深層学習アルゴリズムを開発した。これまで人間が起こした振動として見過ごされていた地震を検知できる可能性がある。Rhiannon Williams8カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る