1. 知性を宿す機械
    アームが初の機械学習専用チップ、AIでも世界を制するか
    アーム(ARM)がモバイル機器向けの人工知能(AI)専用チップを発表した。AIの処理に必要な線型代数の演算をより少ない電力で実行でき、メモリーへのデータの入出力も速い。2019年初めには各社のスマホに搭載されて、市場に登場するだろう。 Jamie Condliffe2年前
  2. コネクティビティ
    「IoTチップ1兆個供給」
    ARMの研究者に聞く、
    孫正義構想の課題
    ARMを買収し、「1兆個のIoT機器にチップを供給する」とぶち上げたソフトバンクの孫正義CEO。そのビジョンを実現するために解決すべき課題とは何か。ARM研究所の幹部に話を聞いた。 Jamie Condliffe2年前
  3. 知性を宿す機械
    MSがクラウド向けにARM採用で、インテルの支配力低下へ
    マイクロソフトがクラウドサービスAzure向けにARM製プロセッサーの採用を検討しており、実現すればインテルが市場の大半を握るサーバー市場のシェア低下は避けられない。ARMはソフトバンクに買収されて以来、対インテルを目的にしているとしか考えられない企業買収を続けており、インテルにはイノベーションが必要だ。 Jamie Condliffe2年前
  4. 知性を宿す機械
    アメリカの半導体産業は、有利な新戦略を編み出せるか?
    半導体産業の専門家による作業部会設置により、米国の半導体企業が海外の競争相手を打ち負かす新戦略を策定し、補助金をばらまいて米国の優位を維持しようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  5. 知性を宿す機械
    孫正義の野望が見えた!
    ARM買収でインテル超え
    スマホ用プロセッサとして地位を固めたARMが狙うのは、インテルの牙城であるスパコン分野だ。 Jamie Condliffe3年前
  6. コネクティビティ
    ソフトバンクのARM買収で
    インテル困ってる
    日本の情報通信・インターネット企業のソフトバンクがARMの支配権を握ることは、世界中のモバイル機器だけでなく、IoTやスパコンの将来まで左右することになる。 Jamie Condliffe3年前