KADOKAWA Technology Review
×
Can the White House Make America’s Chip Industry Great Again?

アメリカの半導体産業は、有利な新戦略を編み出せるか?

半導体産業の専門家による作業部会設置により、米国の半導体企業が海外の競争相手を打ち負かす新戦略を策定し、補助金をばらまいて米国の優位を維持しようとしている。 by Jamie Condliffe2016.11.02

米国の半導体産業はますます海外との競争に直面しているが、米国政府は専門家による新たな提言により、今後も持ちこたえてくれることを願っている。

半導体産業はまだ調子が悪いわけではない。ホワイトハウスによれば、25万人の雇用があり、米国製品の輸出品目では3番目に大きい。インテルはいまでも世界最大の半導体メーカーだ。しかし、半導体産業の競争優位は間違いなく衰えてきた。

大まかには2つの原因がある。まず、低消費電力プロセッサに特化しているARMのように、モバイル機器向け半導体の設計に特化した企業が支配力を持つ領域で、インテルやAMDなどの米国企業が停滞していることだ。2番目の原因は、アップルのような米国企業が、同じく米国企業であるグローバルファウンドリーズのような企業によって製造される半導体を設計するときでさえ、ハードウェアそのものは海外で製造されることが多いことだ。

President Obama tours an Intel manufacturing facility in 2011.
インテルの製造業設備を視察するオバマ大統領(2011年)

別の脅威も迫っている。特に中国は自国の半導体産業に1000億ドルの助成金を投入している 一方、ムーアの法則どおりに半導体の性能が上がらなくなりつつあることは業界全体の頭痛の種だ。

新しい作業部会(インテル、クアルコム、マイクロソフト等の業界の古参企業がメンバー)は、こうした問題のいくつかを克服しようとしている。合衆国科学技術政策局(ホワイトハウスの部署で、局長は大統領に科学技術政策の助言をする)のジョン・ホルドレン局長は声明で、作業部会は「自国と海外で米国の半導体産業が直面している課題を認識し、米国の主導権を維持するための大きな可能性を確認する」ことになる、と説明した。

実際、量子力学の限界を回避する半導体製造技術光コンピューティングの手法、専門化を極めた半導体など、見込みのある新しい戦略を見いだし、重点的に投資することになるだろう。半導体工場(テキサス州オースティン)へのサムスンの10億ドル投資のような民間による場合もあるが、投資の多くは政府の負担になるだろう。

今のところ、米国製iPhoneは幻に終わるかもしれないが、 少なくともiPhone内のチップは、多くがアメリカ内で製造されることになるかもしれない。

(関連記事:The White House,  Reuters, “The All-American iPhone,” “Intel Tries to Rearchitect the Computer—and Itself,” “Chip Makers Admit Transistors Are About to Stop Shrinking”)

人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  3. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
日本発「世界を変える」35歳未満のイノベーター

MITテクノロジーレビューが20年以上にわたって開催しているグローバル・アワード「Innovators Under 35 」。世界的な課題解決に取り組み、向こう数十年間の未来を形作る若きイノベーターの発掘を目的とするアワードの日本版の最新情報を発信する。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. China’s heat wave is creating havoc for electric vehicle drivers 中国猛暑でEVオーナーが悲鳴、電力不足でスタンドに長蛇の列
  2. Decarbonization is Japan’s last chance to raise its power 大場紀章「脱炭素化は日本の力を底上げする最後のチャンス」
  3. Brain stimulation can improve the memory of older people 脳への「優しい刺激」で高齢者の記憶力が向上、1カ月持続か
  4. Kyoto University startup pioneers the era of fusion power generation 京大スタートアップが拓く、核融合発電の時代
  5. How do strong muscles keep your brain healthy? 高齢者に運動なぜ必要? 筋肉が脳を健康に保つ仕組み
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.8脱炭素イノベーション

2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)の実現に向けて、世界各国で研究開発が加速する脱炭素技術、社会実装が進む気候変動の緩和・適応策などGX(グリーン・トランスフォーメーション)の最新動向を丸ごと1冊取り上げる。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る