1. コネクティビティ
    原研哉さんに自動運転のカンファレンスへの登壇を依頼した理由
    デザイナーの原研哉さんは、「移動のメインストリームは、個人のものから都市インフラに近いものへと変わっていく」と予想する。MITテクノロジーレビューが開催するテクノロジー・カンファレンス「Future of Society Conference 2018」では原さんに「移動への欲望と未来」をテーマにお話いただく予定だ。Motoki Kobashigawa11カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    近代都市の景観に超高層ビルは欠かせないものとなった。コロンビア大学の研究者の統計分析によると、現在の傾向が続けば、2050年までに何万もの高層ビルが新たに建ち、最高層のビルは高さ1600メートル(1マイル)に達する可能性があるという。 Emerging Technology from the arXiv13カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    AIやロボットが「仕事を奪う」のは小都市から、MITメディアラボ
    人工知能(AI)やロボットによる自動化の影響は大都市のほうが受けにくいことが、MITメディアラボの最新の研究で明らかになった。一方、ルーティン・ワークが多い小都市では、今後、雇用が減少していくだろうと予測している。 Elizabeth Woyke2年前
  4. 持続可能エネルギー
    海面上昇対策で、ニューヨークのビル最上階に非常用発電機
    米国北東部の沿岸部では、2100年までに海面が著しく上昇する可能性がある。ニューヨーク市はすでに準備を始めている。 Jamie Condliffe3年前