1. コネクティビティ
    2011年に「アラブの春」が中東を騒乱に巻き込んだとき、ソーシャルメディアは市民に力を与えたり独裁政権を転覆させたりする民主主義拡散の有力な道具であった。しかしいまや、少数の巨大テック企業が主導するデジタルテクノロジーは、政治的な弾圧と対立を生み出す道具になり果ててしまっている。 Zeynep Tufekci3年前
  2. 知性を宿す機械
    「正確すぎるレコメンドエンジン」はインターネットをダメにする
    ソーシャルネットワークや検索サイトで使われている推薦アルゴリズムはユーザーの利便性を高める一方、視野を狭めたり、「集団極性化」を促進したりする弊害が指摘されてきた。グーグルのAI子会社であるディープマインドの研究チームは機械学習シミュレーションでこうした問題を確認した。 Karen Hao3年前
  3. 知性を宿す機械
    中国政府は、国民の行動を監視し管理するために、ITとデータを活用した統治を実施している。選挙制度の正当性が揺らぐ中、国民の声を吸い上げるデータ駆動政治への期待がある一方、システムにより作成されたブラックリストは国民の生活に多岐に渡って影響を及ぼしている。 Christina Larson3年前
  4. ビジネス・インパクト
    BASIC言語の開発者は、37年前、米国政治の何を見て民主主義に悲観したのか?
    1980年に議会の意思決定を間近に見たジョン・G・ケメニー(BASIC言語の開発者)は、現行の民主主義制度では国家的課題を解決できないと気付いた。 MIT Technology Review5年前
  5. コネクティビティ
    テクノロジーは大統領選挙をどう歪めるか
    ハッキングや不具合、データ分析は選挙結果に大きな影響を与える。 Jamie Condliffe5年前
  6. コネクティビティ
    米国大統領選のハッキングは
    民主主義国を破滅させるか?
    民主主義国の国民が自国の選挙制度を信じなくなるリスクは、技術的なぜい弱性をつかれて攻撃されるより、はるかに巨大で修復しにくい。 Michael Reilly5年前
  7. コネクティビティ
    大統領選にハッキング危機
    フロリダ州など31州
    セキュリテイリスクが内在しているにもかかわらず、米国の31州は何らかの形で集票にインターネットを利用している。 Mike Orcutt6年前