1. 優生学への新たな扉を開く「社会ゲノミクス」が果たすべき責任
    遺伝子データを利用して社会や経済の問題を解明しようとする研究分野である「社会ゲノミクス」が、急成長している。だが、かつて遺伝学に基づいた悪意のある優生学が犯した過ちを繰り返さないためにも、科学者は研究が社会にどんな影響を与えるかを推し量り、道義的な責任を果たす必要がある。 Nathaniel Comfort5年前

  2. ツイッター分析ツールの「意見」は偏っている
    自然言語アルゴリズムは特定の少数の方言や話し方を差別している。しかし、単にアルゴリズムを糾弾するだけでは問題の解決にはならず、アルゴリズムが何をしているのかを明確にして、それがふさわしいかどうかを人間が判断する必要がある。 Will Knight7年前

  3. ギグ・エコノミーは不正操作されているか?
    ギグ・エコノミー(日雇い経済)は、柔軟な働き方、平等な機会、公平な評価をもたらす、新しい経済圏だと言われている。しかし、平等や公平さを実現するはずのアルゴリズムは人種や性別による偏見があり、プラットフォーム運営企業による改善努力が欠かせない。 Will Knight8年前

  4. エアビーアンドビーが
    人種差別解消に逃げ腰な理由
    エアビーアンドビーは、偏見をなくすと誓ったかもしれないが、同社のサービスから本当に人種差別をなくすには、サービスの根幹を変える必要がある。 Jamie Condliffe8年前

  5. MSナデラCEOの人工知能発言
    将来より現実はどうなのか?
    マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、差別的な人工知能の出現に警告するが、不公平なアルゴリズムがすでにあることはどうするのか? Tom Simonite8年前